Contents

IMG_5061

トライアスロンMONO情報メインのWEBマガジン

.

0IMG_9903ss-1 【Special Feature】 当月の特集記事

 MONO NewS 新着MONO情報

IMG_9068-2ss 02 Journal-IRONMAN 最高峰トライアスロンの独自取材

img_9283kk 15 Journal-RACE “ジェロニモ・カウント” MONOから観る傾向と分析

 17 Journal-MONO (Show) サイクルショーの情報

1img_0873kk 18 Journal-MONO (Bike) トライアスロンバイクのブランド別情報

img_8301 29 Journal-MONO トライアスロンMONOのブランド別情報

1img_5113 30 Journal-Tri BIKE CHRONICLE トライバイクの歴史

1IMG_5043 31 Triathlon LUMINA ルミナとアイアンマンなどの担当連載の紹介

IMG_5667 52 Bike Training 究極のバイクトレーニング “ GERONIMO IBT ”

 

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka     G-style Inc.

Journal – RACE “ GERONIMO COUNT ”

GERONIMO COUNT 2020 Schedule

4月 全日本トライアスロン宮古島大会

5月 世界トライアスロンシリーズ横浜大会(エリート)

6月 アイアンマン70.3セントレア知多半島ジャパン(予定)

7月 全日本トライアスロン皆生大会(予定)

8月(未定)

9月 佐渡国際トライアスロン大会

10月 IRONMAN WORLD CHAMPIONSHIP

******************************************************************

GERONIMO COUNT 2019 Report

4月 全日本トライアスロン宮古島大会

5月 世界トライアスロンシリーズ横浜大会(エリート)

6月 アイアンマン70.3セントレア知多半島ジャパン

7月 全日本トライアスロン皆生大会

8月 ITUワールドトライアスロン クウォリフィケーションイベント

9月 佐渡国際トライアスロン大会

10月 IRONMAN WORLD CHAMPIONSHIP

******************************************************************

******************************************************************

GERONIMO COUNT 2016 Report

IM70.3top
                    IRONMAN WORLD CHAMPIONSHIP                                                                 アイアンマン70.3セントレア知多半島ジャパン

wtsymiyakokk

                     世界トライアスロンシリーズ横浜大会                                                                      全日本トライアスロン宮古島大会

******************************************************************

GERONIMO COUNT 2015 Report

kona2015bironman_logo-1

                 IRONMAN WORLD CHAMPIONSHIP                                               アイアンマン・ジャパン北海道

IMJ70.315yokohama15

                         アイアンマン70.3セントレア知多半島ジャパン                                                                                     世界トライアスロンシリーズ横浜大会

Official Item

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Triathlon GERONIMO レースアイテム

2020年シーズン前受付開始しました。1月受付、2月末~3月初納品予定です。

※「Team Only」を除き、どなたでもご購入可能です。また、「FW Training」のアイテムもご注文頂けます。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【Triathlon GERONIMO Official Item】

Triathlon GERONIMOの公式アイテムの発売させて頂きます。

アイテムは、トライアスロン、バイク、ラン、アクセサリーのカテゴリーがあり、メインカラーはメンズ、レディスとなり、限定カラーとしてレディス専用カラーがあります。一部のアイテムはフィット性を高めるため、丈、パッドなど仕様の選択も可能です。(FWも随時ご注文頂けます。)

■お申込期間 1/1(水)~29(水)

■お振込期限 ご注文後一週間以内(1/31まで)

■納期 2月末~3月初(遅延及び、ロットにより生産中止とする場合があります。予めご了承下さい。)

■お申込(下記オンラインストアより)

https://tri-geronimo.shop-pro.jp/

※スマホでご覧になる場合、PC画面に切り替えて頂いほうが見やすいです。

 

★Image Photo http://triathlon-geronimo.com/?p=29548

 

 

 

 

Journal – MONO (Bike)

25年の歴史となるトライアスロンバイクは、ロードでもなく、TTでもなく、トライアスロンとして完全に確立されたカテゴリーとなった。アルミからカーボンへ、カーボンも成型の自由度を生かし、エアロダイナミクスを高める形状になった。フューエルやストレージが徹底され、残る課題は、「快適性」のみとなった。各ブランドもアイアンマンワールドチャンピオンシップを頂点とし、ロングディスタンスでの性能、機能を高めるべく、開発に鎬を削っている。レジェンドとなったサーヴェロは、アイアンマンで11連覇の偉業となったが、新型、旧型の分析から、これからの5年は激動が予想されるのだ。

Brand Report
argon18boardmanbmcbhblue

canyon

ceepocubecervelocolnagoculpritcannondalederosadimondfeltfuji

 

 

 

 

 

giant

 

 

 

 

 

 

 

 

 

garneaukuotakestrel

looklapierre

 

pinarello

neil_pryde

 

QRspecializedscott

swifttrekventum

 

 

 

 

 

Journal – MONO

25年の歴史となるトライアスロンバイクとともに、パーツやその他の用品も発展して来た。パーツなどはより軽く、美しい仕上がりを見せている。アクセサリーは、より使い易く、徹底的に研究して造られた「技あり」モノが出ている。ウエアやウェットスーツは、素材やカッティングなどに最新のテクノロジーで造られ、デザインも極めて洗練されたクウォリティの高い製品としてリリースされているのだ。トライアスロンはバイクがメインと思われがちだが、実は、周辺用品への開発が極めて熱い。より「快適性と競技性」を求め、各社のバトルが注目となっている。もちろんユーザーとしては、期待の高まるところで楽しみの一言だ。

 

Brand Report

トライアスロンMONO「パーツ、アクセサリー、ウエア編」の情報、解説をお届けします。

bontragerbbb2campagnolocastelli

cascoceramicspeedcannondale-3cobbcyclingdedafsafulcrumfi'zik

giro

garminkarhuismhckabuto

 

 

lazermuc-offoakleyonpearl izumiProfileDesign

prorotorsauconyspecializedSRMsuplestscottsmp

timex3Tuvex

zerodzippzoot


SPECIALIZED OFFCIAL BLOG

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

New 191122「竹谷賢二選手 KONAへの挑戦 後編

New 191118「竹谷賢二選手 KONAへの挑戦 前編

New 191114「トライアスロンバイクSHIV DISC本格始動

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

SPECIALIZED OFFICIAL BLOG のトライアスロン寄稿記事をご紹介します。

SPECIALIZED OFFICIAL BLOG (全体)

スペシャライズドは世界を代表する総合バイクメーカーだ。各ジャンルでもトップレベルの競技をサポートしている。特にトライアスロン、ロードレースにおいての注力度は高い。また一早く「ディスクブレーキ」の徹底をするなどスポーツバイクメーカーとして、トップブランドとなっている。そして、スペシャライズド・ジャパンは、全世界においても「トライアスロン」へ積極的に取り組んでいる。

下記、寄稿記事をご紹介します。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

.
.
.
.
.
BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

IRONMAN WORLD CHAMPIONSHIP Report

世界最高峰のトライアスロンが「アイアンマン世界選手権」です。その取材を「トライアスロン“モノ”ジャーナリスト」の大塚が、96年から行って、今年で21年目となります。そのレポートを毎回ここで10000枚の画像から厳選してアップしています。アップする内容は、「機材」「大会」についてです。やはり専門の機材については、最新かつ詳細にお知らせしたいですね。世界最速のアイアンマンは誰なのか、大会の模様もお伝えします。そして、2000年から、「トライアスロンJAPAN」「トライアスロンTRIP」「トライアスロンLUMINA」の3誌に渡り、アイアンマンの機材関連の記事を執筆させて頂いています。バイクチェックイン6時間取材、レース当日のプレストラックからのライブ取材など、最新の「生情報」をお伝えしています。こちらも是非ご覧下さい。

.

Number
.

                                     KONA 2019                                                                                                            KONA 2018
                                     KONA 2017                                                                                                         KONA 2016

IMG_0453ssIMG_9068-2

                                     KONA 2015                                                                                                         KONA 2014

IMG_75251IMG_6726

                                     KONA 2013                                                                                                            KONA 2012

IMG_4104マッカフィニッシュ

                                    KONA 2011                                                                                                             KONA 2010

KONA 2019

■Contents

・GERONIMO COUNT (準備中)

・Race Report(準備中)

・IM Saturday ❝ Mr. OCTOBER ❞ Race Result

・IM Friday ❝ Bike Check in ❞ Photo -1

・ARGON 18 E-118 TRI+ ❝ KONA Debut ❞

・IM Wednesday ❝ LUMINA Report ❞

・Felt Bicycles Kona Media Kickoff Party

・IM Tuesday  ❝ EXPO Open ❞

・IM Monday  ❝ Mark of IRONMAN ❞

・【取材予定】IRONMAN WORLD CHAMPIONSHIP “ KONA 2019 ”

IM Saturday ❝ Mr. OCTOBER ❞ Race Result

IM Friday ❝ Bike Check in ❞ Photo -1

ARGON 18 E-118 TRI+ ❝ KONA Debut ❞

IM Wednesday ❝ LUMINA Report ❞

Felt Bicycles Kona Media Kickoff Party

IM Monday  ❝ Mark of IRONMAN ❞

IM Monday  ❝ Mark of IRONMAN ❞

【取材予定】IRONMAN WORLD CHAMPIONSHIP “ KONA 2019 ”

IM Saturday ❝ Mr. OCTOBER ❞ Race Result

今年も世界最速のアイアンマンが決まった。

総合は、Jan Frodenoが、大会レコードとなるタイムで3年振り3度目の優勝となった。女子は、Anne Haugが、初優勝となった。ともにドイツ人の優勝だった。総合2位は、アメリカのTim O’Donnellでサブ8、3位に2014年優勝のSebastian Kienleが入っている。女子2位は、イギリスのLucy Charles-Barclayが、3年連続の2位、オーストラリアのSarah Crowleyが、3年ぶり3度目の3位となっている。

昨年の記録ラッシュとなった好条件のレースで記録ラッシュで沸いたことは記憶に新しい。今年はいつものよに風も吹き、強い陽射しと湿度の高さが選手を苦しめた。た。Jan Frodenoの優勝は予想として上がっていたが、大会レコードまでは想像できただろうか。また絶対女王のDaniela Ryfがまさかの失速も予想できただろうか。そして、女子のタイムは約14分遅くなった。昨年の男女差からはひらいてしまっている。「やってみないと分からなかった」

いずれにしても今年もエキサイティングなKONAだった。 

Top 10 men

SWIM BIKE RUN FINISH
1. Jan Frodeno DEU 00:47:31 04:16:03 02:42:43 07:51:13*
2. Tim O’Donnell USA 00:47:38 04:18:11 02:49:45 07:59:41
3. Sebastian Kienle DEU 00:52:17 04:15:05 02:49:57 08:02:04
4. Ben Hoffman USA 00:51:01 04:24:01 02:43:08 08:02:52
5. Cameron Wurf AUS 00:52:25 04:14:45 02:55:03 08:06:41
6. Joe Skipper GBR 00:52:28 04:16:19 02:53:31 08:07:46
7. Braden Currie NZL 00:47:41 04:30:30 02:46:25 08:08:48
8. Philipp Koutny CHE 00:52:20 04:15:15 02:57:51 08:10:29
9. Bart Aernouts BEL 00:57:03 04:19:48 02:51:08 08:12:27
10. Chris Leiferman USA 00:52:29 04:24:21 02:52:19 08:13:37

Top 10 women
SWIM BIKE RUN FINISH
1. Anne Haug DEU 00:54:09 04:50:18 02:51:07 08:40:10
2. Lucy Charles-Barclay GBR 00:49:02 04:47:21 03:06:00 08:46:44
3. Sarah Crowley AUS 00:54:05 04:50:13 02:59:20 08:48:13
4. Laura Philipp DEU 00:59:03 04:45:04 03:02:12 08:51:42
5. Heather Jackson USA 00:59:12 04:46:46 03:04:17 08:54:44
6. Kaisa Sali FIN 00:59:14 04:53:54 02:57:19 08:55:33
7. Corinne Abraham GBR 01:02:46 04:51:15 02:59:28 08:58:38
8. Carrie Lester AUS 00:54:15 04:50:01 03:09:37 08:58:40
9. Daniela Bleymehl DEU 00:59:06 04:45:08 03:19:33 09:08:30
10. Linsey Corbin USA 00:59:09 05:00:25 03:03:51 09:09:06

【TOPICS】

①Jan Frodenoは、昨年のPatrick Langeが出したコースレコード7:52:39を破り7:51:13で更新となった。昨年の好条件での記録を破っての優勝でもある。そして、2017年、2018年、そして、今年と、3年連続で記録更新となっている。

②Jan Frodenoは、ドイツ人として初の3勝となった。また、女子優勝のAnne Haugは、ドイツ人女子選手として初優勝となる。この同国ダブル優勝は、2010年のオーストリア人のMirinda Carfrae、Chris McCormack以来、9年ぶりとなる。

③ドイツの6連覇は、2007~2012年のオーストラリア人6連覇と並んだことになる。2014年Sebastian Kienle、2015、2016年Jan Frodeno、2017、2018年Patrick Lange、そして、今年のJan Frodenoだった。ドイツ人Big3によるタイムも含めた強国ドイツのイメージを決定付けた。

④アメリカのTim O’Donnellは、昨年の7時間台の2選手とともに、4名しか存在しないSUB8 IRONMANとなった。タイムは4番目となる。

 

 

 

今年のレポート: http://triathlon-geronimo.com/?p=31936

「今年も終わった。」

BOSS-N1-S

Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka