【メーカーNEWS】 THE NEW S-WORKS 7 AND NEW EVADE

THE NEW S-WORKS 7 AND NEW EVADE 

あなただけでなく、スペシャライズドも速く走ることを愛しています。そのための 「相棒」が必要な場合に私達はそれを創り出してきました。写真の奥に写っている人や私たち、そして何よりあなたの為の相棒です。S-WorksシューズとEvadeの誕生以来、これら二つは私達の良き相棒となりました。そしてこれからも、私達の愛するこ

とへの手助けをしてくれるでしょう。

爆発的なスピード、優れた快適性
S-Works 7

何が究極のサイクリングシューズを作り上げるのでしょう? 比類なきパワー伝達性能? 秀逸な快適性? 一目でそれとわかるデザイン? 簡単に言うと、これら全てです。S-Works 7は、一切の妥協を排除したシューズです。

私たちは、どんな手段を使ってでも、力の最後の一滴までをペダルに伝える努力をしました。さらに軽量で剛性が高まったPowerline™ カーボンソールは、ライダーファースト・エンジニアリングを生み出したチームにより実現されました。これが特別なのはなぜか? それは、これが今までで最も軽量かつ高剛性のカーボンアウトソールだからです。一方で、その全てを見直したPadlock™ ヒールは、旧作で愛されていた秀逸なカカトのホールド性はそのままに、快適性をさらに追求しました。そしてついに、航空宇宙産業で用いられる素材、Dyneema™をアッパーに採用。この素材は、引っ張られても伸びることがなく、足を本来あるべき位置で保持します。これら特徴全てを一つのシューズで実現して、「ワットは一滴たりとも無駄にはできない」というモットーを達成したのです。

快適性に関しては、縦足弓、内反ウェッジ、中足骨ボタンなど、すでに好評のBody Geometryの特徴全てをそのまま採用しました。これらの特徴はどれも、人間工学に基づいてデザインし、科学的にテストされ、パワーを増大させるだけでなく、効率性を高めつつ、怪我のリスクを抑えます。また、S-Works 7の機能を補う形状をデザインすることで、ラグジュアリー感も追加。縫う代わりに接着したシームが、すっきりした見た目を演出し、まるでルームシューズのようにあなたの足を優しく包み込みます。CNC アロイのBOA® カスタムダイヤルは、その見た目に貢献するだけでなく、丈夫なスプリングクラッチやミリ単位で精確に調整できるマイクロアジャスト機構を採用して、完璧なフィットを生み出します。

S-Works 7は、フットウェアに関するスペシャライズドの知識全てをカタチにしたシューズ。一切の妥協やズルを排除し、爆発的なスピードと秀逸な快適性を備えています。

商品名:S-WORKS 7

価格:37,000(税抜)

カラー:ハイパー/アシッドラバ(数量限定カラー)、ホワイト、ブラック、ロケットレッド/キャンディーレッド

サイズ:36、37、38~45(0.5刻みでブラックのみワイドモデルあり)※限定カラーは40~45(0.5刻み)

最速が、ついにCOOLに
S-Works EvadeⅡ

ヘルメットには、長きに渡ってある暗黙の了解がありました:軽さ、ベンチレーション、エアロダイナミクス-選べる組み合わせはこの中の2つだけ。しかし、今やご存知の通り、スペシャライズドはこの暗黙の了解、そして他のいかなるルールにも従っていません。ルールに従うくらいなら、新たな基準を設け、誰も夢に描いたことのない製品を生み出したいからです。その私たちの姿勢をカタチにしたのが、この新型S-Works Evade ヘルメット。本当に、どのヘルメットより最速なのです。

まずはエアロダイナミクスの開発から。スペシャライズドは、風洞施設ウィントンネルに住みこみ、このEvadeを作りました。風洞施設を自社に構えることで、最先端のエアロデザインをただテストするのではなく、それを製品に採用して開発できます。私たちは、ウィントンネルでヘルメットのパフォーマンスをあらゆる観点から慎重に分析、そして実世界でのテストで、見落としてしまったパフォーマンスがないことを確認しました。その結果、このヘルメットの開発に数え切れないほどの時間と年数を要し、これが最終的には、私たちがこれまでテストした中で最速となるヘルメットを実現したのです。

空気抵抗を軽減させただけでなく、安全性も一切損なわれていません。実際、部位によってフォームの種類を最適化するエネルギーオプティマイズド・マルチデンシティ EPSを、その構造に選びました。ベンチレーションに関しては、ヘルメットに勢いよく流れ込む空気が、かつてないほど涼しい被り心地を生むだけでなく、空気抵抗も軽減しています。これには、ベンチレーションとエアロダイナミクスの両方をウィントンネルで最適化し、両者の最も優れた組み合わせを実現したことが深く関連しています。外側のベンチレーションと内側の溝は、ヘルメット内部に取り込む空気量を最大限増やして、究極の冷却効果を生むよう入念にデザインされています。その結果、新型Evadeは、ヘルメットを被っていないむき出しの頭と同じだけ涼しく、現在市販されているエアロヘルメットの中で最も涼しいものとなっています。

Evadeはこれらの特徴により、距離40kmで従来のロードヘルメットより50秒短縮、Evade旧モデルと比べると約6秒短縮します。これはつまり、むき出しの頭と同じだけ涼しいだけでなく、速くもあるということです。ロードレース用ヘルメットでは、このパフォーマンスに匹敵するものはありません。

最後に最も重要なのは、速いヘルメットであっても、適切にフィットしなければ意味がないということ。これを念頭に置き、新型S-Works Evadeは、マイクロアジャスト機構の付いたMindset HairPort 2 フィット、伸びないソフトなストラップ、汗を目に流れ込ませない新たなGutter Action ブロウパッドなど、トップレベルのヘルメットにあって当然の特徴全てを備えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

商品名:SW EVADE II

価格:26,000(税抜)

カラー:ハイパー/アシッドラバ(数量限定カラー)、ホワイト、ブラック、ロケットレッド/キャンディーレッド

サイズ:S、M、L

 

 

 

 

「 今年もエアロヘルメットのバトルは続く。」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

CYCLE PARTS 2018 joint exhibitions

今年で3回目となる「サイクルパーツ合同展示会」が開催された。

この展示会は、ショップ向けの展示会で、パーツ、用品、ウエア、シューズ、ヘルメット、アクセサリーなどに絞った企画となっている。メーカー、代理店からショップへ、あらためて取扱商品の良さを伝える機会でもあり、会場は多くの人々で賑わっていた。3回目となり、出展メーカー、代理店の展示内容など充実し、より興味を引くものが多くなっていた。出展社数も昨年の138社から169社と増えている。

ストレートなトライアスロンMONOが多くあるわけではないが、トライアスロンにも使えるMONO、気になったMONOや注目されていたMONOなど一部の紹介となる。

昨年、リスタートとなったパールイズミのトライアスロンウエア。新生バージョンは極めてクウォリティ高く仕上げられたオーダーウエアだ。また、限定で造られたこのデザインに人気が集まっている。新たなデザインも追加されるようだ。

ノースウェーブのフラッグシップモデル、EXTREME RRのソールを変更し、剛性指数を15から12に落としている。価格も大幅に下がり、使い勝手からロングのトライアスリートにも可能なシューズだ。ダイヤルは、緩める逆回転時に段階式のオリジナルを採用している。

コストパフォーマンスが高く、リーズナブルな人気モデルがこのSONIC 2 PLUS。

アパレルも展開、バイクジャージ、ソックス、グローブなどを展開している。薄手のグルーブは、フィーリングの良い仕上がりとなっていた。

今や、エアロヘルメット人気No.1と言えるだろう。通気性、軽量性などエアロの弱点を完全克服の逸品でありながら価格はリーズナブル。ブルーのシールドは、オプションの「ブルーミラー」で可視光線透過率は54%、重量は、半分の22gとなる。

標準は、ライトスモークのシールドが付く。

超軽量の最新モデルがこれだ。OGKカブト史上最軽量の170g(S/M)に仕上がっている。グレードとしては、ZENARDに次ぐ位置付けとなるロードヘルメットだが、夏場の使用、平均速度を考慮するともちろん「トライアスリート」も対象となる。

工具の代理店も出展していた。写真はSIGNETのツールBOXキットだ。自転車専用ではないので、自動車も含め幅広く使うこともできる。SIGNETはカナダのブランドで、使い易いギアレンチなどが特徴的、比較的リーズナブルな価格となっている。

シグネットのキャビネットに「PB」が収められていた。工具の管理ができるトレイに整然と収納されていた。

クローダーは、台湾ブランドのホイールで、2011年からスタートしている。チューブラータイプの軽量性が高く、60mmハイト前後で1394g、40mmハイトで1260gとなっている。もちろん価格設定もリーズナブルだ。

スイスブランド、ハーツエルのグローブは、高いグリップ性と薄手による指先の「フィーリング」の良さが特徴だ。価格設定は、やや高めだが、クウォリティの高さに人気がある。

楕円チェーンリングのアブソリューートブラック。後発として、軽量性、変速性、剛性を高めた逸品だ。今回は、R9100 & R8000系対応がリリースされた。

ハンドルコンポーネントのITMは、この時点での新製品追加はない。定番ブランドとして根強い人気がある。カラーリング以前のものから、ブラックオンブラック系にシフトしつつある。

インドアバイク関連も展示されていた。これは、一般用ではなく、施設用となり、価格も20万を超える。その分、ハンドル、サドルの無段階調整、ブレーキングフィーリングなどクウォリティは十分だった。ただ、フライホイール15kgはやや軽いか。

昨年の台北ショーでも出ていた極小サドル。短くかつ、小さいデザインで座るというより、座骨の位置を決めるだけの感じだ。ほぼ浮いた状態になり、尻部への圧迫を回避できる。DHポジションでは有効的なサドルと言えるだろう。

元々スキーブランドのSH+は、30年以上の歴史がある。特に本来の目的である「保護性」にいて世界中の各厳しいテストに合格している。スキー系ヘルメットメーカーへの注目は、耐衝撃性とエアロダイナミクスにある。

日本の匠「EIGHT」ヘキサレンチ専門の国産ブランドで、バイク用に開発、ボルト落下防止のキャッチシステムが備わる。ボールポイント先端に可動する「スナップリング」が付き、作業性を高めている逸品だ。

1983年創業、1985年に初のトライアスロンバイクシューズを作ったレイクは、常に新しいものに取組むメーカーだ。BOAシステムも早い段階から採用したメーカーの一つでもある。

各OEでも使用される「実力派」ウエアのビオレーサー。勝つためのウエアとして、あくまでも「エアロダイナミクス」の観点から造られている。

ノーズのないサングラス、エアーフライのレンズ一体型。フィット感が柔らかく、軽量。ノーズピースを使用しないため、レンズ位置を前後させることで、シールド的な使用感もある。

究極のエアロヘルメット。今後の方向性を占う。シールドはおまけではなく、ヘルメットの一部となり、その性能が問われる。スノー&サングラス系メーカーの動きに注目だ。価格は、¥54000、レンズ2枚にハードケース付きの高級品。

ウベックスもスキー系のブランドだ。このRACE8も乗車ポジション、3Dボディスキャンの分析、CFDの解析などから、ベンチレーションもキープしながらエアロダイナミクス向上に成功している。

アクティブなラインに動きが出ているルコック。ビオレーサー社とのコラボレーションも行っている。ウエアブランド間でのコラボもそれぞれの特徴を活かし、最高の商品に仕上げるという流れも今後に注目したい。

新潟の職人が匠の技を見せているランウェルの逸品。コレクタブルなアイテムは、マニア心を擽る。工具を中心、ヘッドのトップキャップやスペーサーなど一部パーツも製作している。

 

 

 

「 各商品のあらためて良さを感じることができる展示会となっている。」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

HANDMADE BICYCLE FAIR 2018

本日は、ハンドメイドバイシクル展が開催された。

このイベントは、一般財団法人日本自転車普及協会が主催するイベントで20数年以上開催されている人気イベントだ。国内外のフレームビルダー、バイクメーカー、パーツメーカーなど、ハンドメイドに関わる人たちが集まるイベントだ。文字通り、ハンドメイドのカスタムバイクとそのパーツなど、独創性が高く、スポーツ+αではなく、工芸品の域とも言えるアイテムが一堂に会して見ることができる。

そもそも「ハンドメイドバイク」とは何だろうか。用途や目的、体型や体格、素材、形状、塗装、仕上など、オーナーの要望に合わせ、「オンリーワン」のカスタムバイクを造ることだ。一方、大手のメーカーは、大量仕入、大量生産などから、コストダウン、同時に新素材など新規開発などに資金が投入される。また、プロ選手サポートからのフィードバック、大量生産から構築される技術力など、どちらもメリットはある。昨今から見れば、明らかに後者が主流となっているが、ハンドメイドで造るバイクのメリットをトライアスリートの視点で探ってみたい。

現在、トライアスロンバイクに求めらる性能とは、バイクの基本性能に加え、エアロダイナミクス、フューエル&ストレージ、ユーザビリティ、そして、快適性となる。どのポイントで評価するかによっては、必ずしも「大手」が全てではない。エアロダイナミクスなどは、そのために専任技術者と施設などが必要となり、大手が有利だが、ロングライドとなり、「人力」が大きく関わる快適性などは、素材の選定、造り方などで、より乗り手に合わせた一台をハンドメイドで仕上げることができる。特に、トラディショナルなスチール系は、踏み込んだ時に、材料が撓み、力が逃げる(逃がしてくれる)ことによって、脚(身体)への負担を調整することができる。この撓みにも当然加減が必要だが、それこそが「味付け」となる。硬い(その選手には合っているとしよう)フレームに負けない、身体能力(踏力など)があれば、その分、パワーがしっかり伝わり、推進力となるが、そこまで、脚力がない場合、反動として、身体へのストレスとなる。その点、スチール系など撓みが期待できるフレームは、不必要な力が逃げる(逃がす)ことで、身体への負担のバランスが取れることになるのだ。

「何」を優先するのかによって、変わるということだ。ただ、現時点では、大手メーカーに比べ、「入口」が狭いため、知る人ぞ、知るということになっている。大手メーカーはその具体的なメーカーにより異なるので、一括りには、言えないが、「大量」に造られている「その」バイクが、必ずしもベストとは限らないことを知っておくべきだろう。

 

 

「優先するポイントは?」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

BIANCHI TRIATHLON CONCEPT

ビアンキとフェラーリのコラボレーションの国内発表となった。

「Bianchi for ScuderiaFerrari」プロジェクトが始動した。ビアンキは130余年の老舗バイクブランドだ。そして、フェラーリは、70年の歴史を持つ、F1で知られるスポーツカーブランドだ。それまでは、長くコルナゴとコラボしていたが、今回新たなビッグニュースとなった。ビアンキは、自転車レース界において数々の輝かしい実績を持つブランドで、特徴的なカラーが人気となっている。競技者からファンライド層まで幅広く支持されるイタリアンブランドとなっている。一方、フェラーリと言えば、レーシングカーの世界では、常に頂点を極めて来たスーパーブランドだ。そのビッグネームのコラボは、新たな「DNA」を生み出し、その究極のカタチとして「TRIATHLON CONCEPT」を発表している。

まずは、ロードモデルがリリースされている。その名は、「SF01」。

今回のコラボ記念したモデルであり、最上級に仕上げたものだ。フレームは、ビアンキの看板でもある極めて振動吸収性の高いCountervailを使用したBianchi CVシステムを採用。フレーム重量は超軽量の780g(550mm)、塗装はイタリアのビアンキ本社でハンドペイント、そのカラーはフェラーリ社の指定Roosoカラーが使用されている。デザインは、ダウンチューブに入ったフェラーリが目立つ。フルクラムのホイールもカスタムグラフィックとなり、その他のパーツもイタリアンでまとめた、セレブレーションモデルとなっている。

Campagnolo SuperRecord EPS ¥2,200,000 + tax

SHIMANO Dura-Ace Di2 ¥2,000,000 + tax

会場では、ビアンキとフェラーリのイメージカクテルが用意された。

そして、先述のトライアスロンコンセプトは、TTではなく、あくまでも「トライアスロン」であるとしている。TT的走りのトライアスロンだが、ロングライドとなるため、疲労軽減や水分、エネルギーの補給が必要となるため、ロードレースのそれとは大きく異なる種目であり、昨今各社は、そこへの注力が明確となり、「スタンダード化」されている。現在は、写真にある通り、ハンドルからフレーム前部までのプロトが発表されているだけだが、その取組は、大いに期待できるものだ。フェラーリは、スピードの世界であり、そのためのエアロダイナミクスが、大きなキーワードとなるだろう。バイクブランドとコラボすれば、その方向性を最大に活かせるのが、TTやトライアスロンとなることは、当然のことと言えるかもしれない。

デビューは2019年以降になるようだ。2019年のハワイで発表されるのだろうか。いぜれにしても今後の動きに注目していきたい。

 

 

「ついに本格参戦か!」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

KONA 2017

  SPECIAL AIRS ON NBC                       VENTUM ONE

      BIG SATURDAY ②                             QR PRSIX DISC

      Big Saturday ①                               SUPER SLICE

     IRONMAN Sunday                             Race Result

 Team JAPAN Check in                                  UPR

DIAMOND BACK ANDEAN                     TUESDAY photo

【取材予定】 アイアンマン・ワールドチャンピオンシップ ~10月から始まり10月で終わる~

IRONMAN WORLD CHAMPIONSHIP BROADCAST SPECIAL AIRS THIS SATURDAY ON NBC

IRONMAN WORLD CHAMPIONSHIP BROADCAST SPECIAL AIRS THIS SATURDAY ON NBC

— 2017 IRONMAN World Championship to broadcast on NBC December 9 at 2:30 p.m. ET —

— Annual broadcast special returns to spotlight historic victories and the magic of Kona through the Champions and Inspirational Athletes who compete in the world’s toughest endurance event —

— IRONMAN World Championship Kona Preview Show airs on NBCSN December 7 at 6:00 p.m. ET —

— 4.7 million viewers tuned into live coverage of 2017 IRONMAN World Championship on Oct. 14 —

TAMPA, Fla. (December 7, 2017) – The annual broadcast special of the IRONMAN® World Championship will premiere this Saturday, December 9, at 2:30 p.m. ET on NBC, chronicling this year’s edition of the iconic triathlon that took place on October 14, 2017, in Kailua-Kona, Hawai`i.

The 90-minute show will provide viewers an all-access experience from the pre-race build-up to the final hours of the night time finish, as more than 30 cameras captured the action from the Hawaiian blue skies, across the barren lava fields and under the water of Kailua Bay during the grueling and inspirational 140.6-mile challenge. More than 2,300 athletes from 66 countries, regions and territories on six continents started this year’s IRONMAN World Championship, taking on a 2.4-mile swim, 112-mile bike and 26.2-mile marathon run across the rugged Hawaiian terrain, proving that ANYTHING IS POSSIBLE®.

Click on the following link for a preview of this year’s broadcast: https://youtu.be/7nOccH7tq9M

Features of this year’s IRONMAN World Championship special broadcast include:

・Exclusive interviews from current and former World Champions and other professional IRONMAN® athletes.
・Defending women’s IRONMAN World Champion Daniela Ryf of Switzerland looks to make history and join an elite group by claiming a third consecutive victory but newcomer Lucy Charles of Great Britain has other plans.
・With a perfect display of form and strength, run-course record holder Patrick Lange of Germany battles country mates Jan Frodeno and Sebastian Kienle and a determined Lionel Sanders of Canada in seeking his first IRONMAN World Championship title.
・Courageous stage-4 pancreatic cancer fighter, Mike Levine, who was inspired and encouraged by 1982 IRONMAN World Champion Kathleen McCartney, race together to prove a diagnosis doesn’t define you.
・Marine Corps veteran Mike Ergo, uses triathlon to battle the demons of PTSD while finding a way to keep the memory of his 29 fallen Marine Corps brothers alive by racing with their names on his race kit.
・Sian Welch, a former top female professional triathlete returns to the island 20 years after being part of one of the most memorable finishes in Kona history, “The Crawl”.

Legendary sportscaster Al Trautwig, narrates the annual special, offering viewers an immersive front-row seat to one of the most captivating events in sports. A programming fixture on NBC since 1991, the IRONMAN World Championship Special has garnered 54 Emmy Award nominations with 16 Emmys along with many other accolades.

 

 

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

Bike School

GERONIMO Indoor Bike Training

ここでは、GERONIMO IBTレッスンを使った、バイクスクールをご案内をしています。一度ご参加頂き、個人で行うローラー台練習に生かしてもらえれば良いと思っています。強くなるには、まず「効率化」、その一環として、GERONIMO IBTやローラー台は最適です。ただし、「イメージする力」が同時に必要です。「GERONIMO IBT」は、その力を養うお手伝いをします。スケジュール

.

Lesson Info. & Report     

大雨のち晴れなり

㊻ Max IBT

㊺ ジェットコースター

2017 FINAL IBT
                                        ㊸ クセ                                                                                          ㊷ フィッティング(理想と現実)
           ㊶ バイクフィッティングやるなら その3 (準備中)                                                              ㊵ バイクフィッティングやるなら その2
                       ㉚ バイクフィッティングやるなら                                                                                             ㊳ Two by Two
                                        ㊲ 表と裏                                                                                                         ㊱ Lactate Threshold

Green

㉟ レッスンスタイル

                             ㉞ 足とペダルの位置関係                                                                                                        ㉝ 圧迫

        ㉜ 位置付け、必要性とその割合                               ㉛ 人 ❝ 車 ❞ 一体

サクラサク

㉚ Unbalance

                       ㉙ DHポジションと回転力の関係                                                                                                      ㉘ 反動

Excellent Luck

A Red Letter Day

                                 ㉗(準備中)                                                                                                    ㉖前向きで行こう!
0img_4077img_1507
                                ㉕ 高回転時の痛み                                                                                                     ㉕ 高回転の理由

㉓3時間の意味

img_14300img_1140

                                       ㉒自然体                                                                                                     ㉑素直なペダリングを意識する!

0img_1007img_0252

                                     ⑳(準備中)                                                                                                              ⑲知ってる?

img_0073IMG_0046

                                    ⑱基本の動き                                                                                                              ⑰NON STOP !

IMG_9947IMG_9849

                                         ⑯LIVE                                                                                                             ⑮2時間に耐える

IMG_9820IMG_9579

                                      ⑭一体感                                                                                                                    ⑬Reality

IMG_9565IMG_9545

                              ⑫DHポジションをとる?                                             ⑪スピナーのセッティング

  IMG_8981IMG_8830

                                ⑩弾む、弾まない!?                                                                        ⑨一曲入魂あるのみ

IMG_8194framess

                                  ⑧頑張り過ぎ!?                                                                                     FRAME編集長のトライアスロン挑戦記vol.5

IMG_8000IMG_7878

                ⑦インドアでのトレーニングの意味                                        ⑥集中力の維持 ~BGMの選曲~

IMG_7564IMG_6799

                         ⑤サドルの位置                                                              ④膝位置

IMG_7477IMG_6634

              ③回転力                                       ②無理をしない

IMG_7192IMG_6767                         

                                 ①真っ直ぐ走ること                                                                                                クリスマスの過ごし方

12319736_1099175666759446_484012545_n2IMG_6504

                            ひとりでは出来ないこと                                                                                             何を一番意識すべきなのか

IMG_6431IMG_6311

                   これから始める人からアイアンマンまで                                                                                    負けない!頑張る!

0IMG_5701150809193651_1

                          目的ではなく、手段であること。                                                                               「暑い、熱い、厚い」Cityトライアスロン

110922-2[1]

トライアスロン SPINNING レッスン

大雨のち晴れなり

本日は、GERONIMO IBT スペシャル企画の「渋谷バイク&ラン」を開催しました。

祝日に開催している2時間ラン+3時間GERONIMO IBT +ミーティングの7時間コースです。今日は、予報通りキッチリと雨が上がり、逆に暑さが気になるランとなりました。スタートの30分前まで雨が降っていたので、代々木公園にはほとんど人がいない走り易さと雨上がりの澄んだ空気、紅葉、黄葉が、気持ち良く走らせてくれました。

バイクの後にランではなく、ランの後にバイクという変則的な組み合わせとなっています。これは、あくまでも「バイクメイン」として行っているからです。簡単に言えば、「少し疲れた状態」からスタートしたいということです。正しく使うべき筋肉を動員して、「インドアライド」を行うのです。

バイクは、「スピナー」という特殊なマシンを使い、様々な普段とは違う手法(トレーナーの鼓舞、BGM、グループレッスンなど)で行います。雰囲気、緊張、不慣れなどにより、リアルな実走からかけ離れることがないよう、また、過度な負荷、無駄な動きにならないよう、そして、目的ではなく、「手段」としてのこのトレーニングを意識してもらうためにもビフォーのランを開催しています。

今回のラン参加者は16名で、IBTの半数以上の方々がご参加頂いています。

Triathlon GERONIMOの練習会は、レベル差関係なく「みんな」で出来ることをモットーに開催しています。

2時間ランStart

3時間バイクStart

FINISHERS

「渋谷組」Meeting

.

Run ~ Bike ~ Drink !7時間お疲れ様でした。

またのご参加お待ちしております。

次回3時間は、1/8(祝・月)に開催予定です。

.

.

【スケジュール】
.
【バイクスクールReport】
 

.

.

「宮古島に向け、今この時期が大切!」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

Training Info.

トレーニングインフォは、

Club GERONIMOに移設しました。

http://club-geronimo.com/

Triathlon GERONIMO Style

各トレーニングの詳細ご案内です。

.
.

Menu

Triathlon GERONIMO Challenge 2018

                 GERONIMO-IBT 3時間 Standard-class                                                                 GERONIMO-IBT 75分 SuperSprint HrMAX

                       5時間 GERONIMO-IBT+Run                                                                                    1時間インドアバイクトレーニング

                        湘南トレイル&シーサイドRUN(Winter)                                                                                         渋谷 Bike & Run

img_8968img_5701

                         4耐Runサーキット 代々木公園st.                                                                                       3時間インドアバイクトレーニング 

IMG_6615IMG_56671

                    代々木公園ラン(Before SPINNING)                                                                                   2時間インドアバイクトレーニング

IMG_425011IMG_0357

                               湘南トレイル&シーサイドRUN                                                                                                 サザンビーチAQUATHLON
0IMG_6169
              4耐Runサーキット 茅ヶ崎st.                                       4耐Runサーキット 皇居st.

IMG_5604

                  皇居ラン + Triathlon GERONIMOミーティング                                                       トライアスロンCAMP in 伊豆大島(Spring, Summer, Fall)

㊻ Max IBT

本日は、GERONIMO IBT「75分 SuperSprint HrMAX」を開催しました。
.
今回のメニューのご紹介をします。
確実に60分を追い込むために75分という変則的な時間としています。ベーシックは3時間、アイアンマンのためのGERONIMO IBTです。2時間はスピードとスタミナ、60分は、「動作」をメインとしています。そして、75分は、基本であり、絶対でもある「回転力」強化と、動きの「切り替え」をメインとし、平均Hrが高くなる中でも、しっかりと安定したフォームを目指します。前回同様ですが、③のシッティングでは、更に強度を上げて行っています。
.
18:30 開場(自主練アップ可)(Hr 50~60%目標)
.
① 19:15~19:30(Hr 60~70%目標)
FT×3、CL×1
すでにアップ完了の場合。Hrは上記のレベル。フラットの高速巡行をメインに、途中上りが入る。
② 19:30~19:45(Hr 70~80%目標)
FT×2、CL×2
Hrも上げつつ、フラットと上りの切り替えに慣れる。
③ 19:45~20:15(Hr 70~90%+目標)
SI×4、CL×4
ショートインターバルとクライミングを交互に4セット。クライミングでは前半ダンシング、後半は負荷をキープし、シッティングにて行う。
そして、そのシッティングのラスト30~60秒では、変則ケイデンスとし、2~6回転アップする。
④ 20:15~20:30(Hr 80~90%+目標)
SP×2、BU×3
スプリンティングを2本。参加型のメニューで、ゲーム性を持ち、全員で不規則にアタックをかける。ラスト3本は、30秒ごとのビルドアップとなる。
.
※Hrは個人差もあり目安です。また時間帯の中の範囲となり、特に③では幅広くなっています。
.
是非、一度お試し下さい
.
96年にスピニングインストラクターの資格を取得し、様々なスピニングレッスンを開催してきました。97年には、アイアンマンジャパン(琵琶湖)対策6時間スピニング、その後宮古島対策5時間スピニングなど、「必然性」のあるスピニングにこだわり開催して来ました。99年には、「決定版」となった3時間スピニング+ランを開催、1~3月は「冬季限定集中スピニング」として、毎週3時間スピニング+ランを開催、宮古島やシーズンインに向けた、3ヶ月が「OTSUKAスピニング」の真骨頂だったかもしれません。また、赤坂スタジオで開催しているころは、平日の夜、1時間スピニングを開催していましたが、平日の夜、追い込めるバイクトレーニングとして、お集まり頂いていました。そんな「スピニング命」でやってきたOTSUKAのレッスンです。そして、今は、「GERONIMO IBT」としてその集大成のレッスンを開催しています。
.
「GERONIMO IBT」は、目的ではなく、手段です。あくまでもトレーニングの一環として、各自の目標達成のお手伝いができれば幸いです。したがって、どなたでもご参加頂け、レベルもこれから始めるビギナーから、ハワイアイアンマン経験者まで、幅広くご参加頂いています。ビギナーはベテランの背中を見ています。でもそれだけではありません。ベテランもビギナーを見ています。その新鮮な「やる気」にパワーが増幅するのです。会話ではなく、自身の「走り」が最大のコミニュケーションだと思います。そんな相互に刺激し合えるトレーニング環境がこの「GERONIMO IBT」なのです。そして、練習会ではなく、レッスン。「観る側」と「観られる側」であることが重要なのです。
.
みなさま、お疲れさまでした!
.
直近の次回は、11/18(土)2時間IBT in T.Xです。
またのご参加お待ちしております。
.
【スケジュール】
.
.
毎回、IBT in T.Xの予定に合わせ開催している「代々木公園 RUN」です。
フラットで走り易く、日陰が多いのが代々木公園の良いところです。
こちらも是非ご参加下さい。
内容は、一周、1.17kmの周回コースをマイペースで2時間走をします。
.
.
次回11/18(土)も開催予定です。こちらもご参加お待ちしております。
.
.
.
.
.
.

【Bike School バックナンバー】

「 量より質、効率が重要!」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka