Journal – RACE “ GERONIMO COUNT ”

GERONIMO COUNT 2019 Schedule

4月 全日本トライアスロン宮古島大会

5月 世界トライアスロンシリーズ横浜大会(エリート)

6月 アイアンマン70.3セントレア知多半島ジャパン

7月 全日本トライアスロン皆生大会

8月 (調整中)

9月 佐渡国際トライアスロン大会(Aタイプ)

10月 IRONMAN WORLD CHAMPIONSHIP

******************************************************************

******************************************************************

GERONIMO COUNT 2016 Report

IM70.3top
                    IRONMAN WORLD CHAMPIONSHIP                                                                 アイアンマン70.3セントレア知多半島ジャパン

wtsymiyakokk

                     世界トライアスロンシリーズ横浜大会                                                                      全日本トライアスロン宮古島大会

******************************************************************

GERONIMO COUNT 2015 Report

kona2015bironman_logo-1

                 IRONMAN WORLD CHAMPIONSHIP                                               アイアンマン・ジャパン北海道

IMJ70.315yokohama15

                         アイアンマン70.3セントレア知多半島ジャパン                                                                                     世界トライアスロンシリーズ横浜大会

MIYAKO 2019

■Index

・GERONIMO COUNT 宮古島2019(準備中)

・レースレポート(準備中)

・上位入賞者記者会見

・宮古島速報

・TG写真館 ~バイクチェックイン~

・EXPO Photo

・【GERONIMO COUNT】全日本トライアスロン宮古島大会

上位入賞者記者会見

宮古島速報

TG写真館 ~バイクチェックイン~

EXPO Photo

【GERONIMO COUNT】全日本トライアスロン宮古島大会

上位入賞者記者会見

レース後の記者会見が執り行われた。

男子は、バイク、ランで圧倒的な走りを見せ、3年振り、3度目の優勝となる戸原開人選手、女子は、ラン勝負にかけた、3連覇、5度目の大会最多優勝となった鷲津奈緒美選手だった。それぞれ課題は上げているが、2位との差を大きく付ける圧勝となっている。力強い男女日本人優勝となった。

左から山本真二選手(4位)、ダニエルロビンズ選手(3位)、西内洋行選手(2位)、戸原開人選手(優勝)、鷲津奈緒美選手(優勝)、稲葉明子選手(3位)、三澤慶記選手(5位)、栗原正明選手(6位)

総合優勝 #1 戸原開人 (30歳)茨城県

■レースを振り返って

今年は自身の調子も良く、昨年までのようにキャメロン選手のような強豪プロ、海外選手が不在でしたので、私が必ず勝てるだろうと思っていました。優勝は最低限の目標として、自身の成長経過と強い自分を見たいなと思いレースに臨みました。

スイムパート、バイクパートと最高の自分のパフォーマンを発揮でき、特にバイクパフォーマンスでは、自身のキャリアで最高のバイクパートだったのではないかと思っています。

ランまでに大きく後続を離して、なおかつランニングでも今後海外の大会でも必要ですし、自分をプッシュして安全パイを踏まないように一生懸命走りました。最初の24kmまでは、良かったのですが、そこから熱中症になってしまい、残念ながらそこで自分の挑戦は終わりました。残りはそこまでのリードを大きくしていたものがありましたので、それを失いながらも、あとは必ず優勝するだけだと思い、宮古島のラスト15km、楽しくはなかったですが、熱中症で苦しみながらも休み休み沿道のみなさんから応援も受けて、最後まで走り抜くことが出来ました。無事に終えることができて、ほっとしております。

■宮古島大会の印象

今もこうしてマイクを握って話しておりますが、他の日本の大会では中々このように記者会見の場を設けて頂くこともありませんし、多くのカメラを向けてくださることもありませんし、まるで私たち選手がヒーローにでもなったかのようなそんな気持ちにさせてくれる大会だなと思っております。島民の応援の方も本当に素晴らしく、沿道に出て応援してくださり、本当にホスピタリティの溢れる日本一の大会だなと思っております。

■来年の宮古島大会の抱負

今年はランで潰れてしまって、内心かなり悔しい思いを持っているので、来年、宮古島参戦した際は、スイム、バイク、ランと自分の納得のいくパフォーマンスを発揮したいと思います。平成最後の優勝者になれたので、この勢いで令和最初の優勝者、両方頂きたいなと思います。

■今後、この大会がさらに良くなるための改善点、提言など

宮古島の応援は、本当に素晴らしいと思うのですが、残念ながらスイムパートだけは、応援を受けることができません。そんなわけで私が水泳が苦手なこともありまして、まだまだ西内選手のようなスイマーには勝てない、というわけでスイムパートの距離をもっと短くして頂いて、得意なバイクパート、得意なランパートの距離をもっと伸ばす、そうすれば、選手はもっと応援が受けれる、沿道の方ももっと応援ができます。ウィンウィンの関係でいいのではないかなと。いかがでしょうか。(笑)

女子優勝 #11 鷲津奈緒美 (35歳)神奈川県

■レースを振り返って

昨日は、最近頑張り始めたスイムの結果が少し出たのか、一周目のラスト200mまで自分より実力のあるパックに入って泳げたみたいです。初めてスイムでこんなきつい思いをしたというくらいウェットスーツを着ているのが暑すぎるくらいのペースでばててしまいました。そこからちぎれてからずっと最後まで一人だったのですが、スイムに関してはそういうところで泳げたということが、今回のすごい一番良い点でした。

バイクに関しては、稲葉選手とパックになってからは離そうとしたのですが、離せなくて、自分にとってはイージーなペースの展開になってしまったのですが、焦ったりして力んで進むより、フォームを崩さないようにランに備えようと途中から切り替えて、バイクをフィニッシュしました。

ランニングは、折り返しまでは、まずまずのペースで3時間12分くらいでゴールできるくらいペースで行ってたのですが、後半かなり失速してしまって、予想以上にタイムがかかってしまったので、またランに関しては課題が残る結果となりました。

来年は、そこを克服してまた戻って来たいと思います。

■宮古島大会の印象

辛い時に応援して頂けるのが、凄いパワーになります。宮古島の大会は、島のみなさんに名前で呼んで頂いてたくさんパワーを頂けるとても大好きな大会です。宮古島トライアスロンのレース前とレース後にある盛大なパーティもすごく好きです。

■来年の宮古島大会の抱負

中々自分が思うような納得のレースができないのですが、去年から宮塚さんにコーチしてもらうようになって、少しづつ強くなっているし、まだまだなれると言ってくれているので、その言葉を信じて、来年ももっと成長したレースができるように頑張りたいと思います。

■今後、この大会がさらに良くなるための改善点、提言など

宮古島のトライアスロンの一番の楽しみは、レース前パーティの巨大なケーキだったので、あれがなくなってしまったのが残念でした。今、日本ではインスタ映えというのが流行っていますし、私はインスタはしていませんが、巨大ケーキは、是非復活してもらえたら嬉しいと思います。(笑)

鷲津選手(左)と宮塚コーチ(右)、それぞれ、宮古島大会の5勝(大会最多)、4勝(男子最多)の最強実績を持つ、師弟コンビの二人だ。宮塚コーチの説明は言うまでもないが、日本ロング界の天才。コーチ曰く「ナオはまだ伸びる、6勝目を狙っているわけではない。結果として6勝となるかもしれない。」と力強いく語ってくれた。

宮古島大会には欠かせない二人だ。

.

.

.

その他のレポート:http://triathlon-geronimo.com/?p=29669

「戸原選手、鷲津選手の活躍に、ロング界も盛り上がってほしい。」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

宮古島速報

今年の宮古島は、強い日本勢が獲った。

総合優勝は、3年振り3度目となる戸原開人選手、女子は3連覇、そして、大会初の通算5勝目という大記録が生まれた。

戸原開人 : 7:55:54

鷲津奈緒美:8:55:44 

35回目の宮古島は、目まぐるしく変わる天候の中で行われた。それまでの予報が二転三転し、選手も一喜一憂する中、当日は大雨のスタートとなった。スイムは潮流が強く、うねりもあり、海上のメディア船も揺れが気になる。大会は、天気予報などから判断し15分遅れの7:15スタートとなった。

バイクがスタートし、最初の橋、伊良部大橋を大方の選手が通過するころには、青空が出てきて、気温も上昇、今度は「暑さ」が気になってきた。ただ、宮古島の青空を待っていた選手には、気分は上がって来たに違いない。宮古島でのバイクを大きく左右する風は強く、選手を苦しめた。そして、そのまま暑さに耐えるレースと思っていたのも束の間、お昼過ぎには、再びの大雨となった。朝より強く「豪雨」となり、バイクライドの危険性すら感じる。ただ、地域によっては降らなかったようだ。ランでは、蒸し暑いさが、厳しい走りとなった。時折雨が降り、「シャワー」でちょうど良いと思っていたのだが、これも降った後に晴れた時の蒸し暑い状態が続き、選手を苦しめた。今回は、天候の変化が気になった宮古島だった。

レースでは、当初の予想通りと言える結果となった。戸原選手は、バイク序盤から大きく先行し、逃げ切り、得意のランで勝負を決めた。2位との差を40分近く付け、「圧勝」となった。過去8回出場、3度目の優勝を見事に飾った。鷲津選手は、クレバーな走りとなった。バイクではトップゴールしたものの、2位とほぼ同着でランへ移った。しっかりとランを3時間半を切ってカバーし、総合13位、女子1位という結果となった。目標タイムには届かなかったようだが、強化して来たランをアピールできた。

そして、特筆すべくは、宮古島大会を男女通して、前人未踏の5勝達成という快挙を成し遂げた。

 

 

その他のレポート:http://triathlon-geronimo.com/?p=29669

「強さを見せてもらった」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

TG写真館 ~バイクチェックイン~

本日は、バイクチェックイン、準備完了だ。

雨、風が目まぐるしく変化する天気は、明日もどうなるかわからない。まずは、チェックインを終えたが、一段落するもままならないうちに、決戦に向けての良い緊張感が高まる。いよいよ明日だ。ここまで来たのだから、焦ってもしかたない。落ち着いて行こう。

 

「Good luck!」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

EXPO photo

宮古島大会のエキスポは、話題のアイテムでいっぱいだった。

先月リリースで話題となったサーヴェロP5Disc、P3Xは試乗車も用意され、その注目度は高かった。そして、デリバリーもいよいよ近づいて来たSHIVのサンプルも展示、「旬」なトライアスロンバイクで賑わっていた。

 

 

「Exciting EXPO!」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

Journal – MONO

25年の歴史となるトライアスロンバイクとともに、パーツやその他の用品も発展して来た。パーツなどはより軽く、美しい仕上がりを見せている。アクセサリーは、より使い易く、徹底的に研究して造られた「技あり」モノが出ている。ウエアやウェットスーツは、素材やカッティングなどに最新のテクノロジーで造られ、デザインも極めて洗練されたクウォリティの高い製品としてリリースされているのだ。トライアスロンはバイクがメインと思われがちだが、実は、周辺用品への開発が極めて熱い。より「快適性と競技性」を求め、各社のバトルが注目となっている。もちろんユーザーとしては、期待の高まるところで楽しみの一言だ。

 

Brand Report

トライアスロンMONO「パーツ、アクセサリー、ウエア編」の情報、解説をお届けします。

bontragerbbb2campagnolocastelli

cascoceramicspeedcannondale-3cobbcyclingdedafsafulcrumfi'zik

giro

garminkarhuismhckabuto

 

 

lazermuc-offoakleyonpearl izumiProfileDesign

prorotorsauconyspecializedSRMsuplestscottsmp

timex3Tuvex

zerodzippzoot


News & Exhibitions

毎年6月頃から翌年モデルのメーカー展示会が開催されている。その入荷は早ければ8月、多くは、11月前後に入荷となる。遅いと年明け3月頃の入荷もある。その間、メーカーから様々な情報が発信される。それらを中心にMONO情報をアップすることになる。各メーカーの比較などは、11月以降となるだろう。翌レースシーズンを考慮すると、12月中には、使用バイクやその他の機材、用品を決定できることが理想的だろう。

Topics Report
.
DHポジション考及び【メーカーNEWS】PROFILEDESIGN
.
             P or PX (準備中)                                        トライアスロン専用 ❝ PX ❞ 
                          Cervelo ” New P ” Debut                                                                                          本当に選ばれているバイク.
                   Triathlon GERONIMO Photo Gallery                                                               Pre Cervelo Launch ” New Triathlon Concept “.
            【メーカーNEWS】 S-WORKS EXOS & EXOS99                                                                   PI Winter Style & Winter ” VISION “
.
          【SPECIALIZED)公式ブログ New SHIV Debut                                                       【メーカーNEWS】KONAに合わせてBOLIDE TR+発表.
             【メーカーNEWS】IA DISCをKONAに先駆けて発表                                                         【メーカーNEWS】New SHIV S-WORKS DISC発売

  【メーカーNEWS】新型ENVILIV ADVANCED DISC発表                                【メーカーNEWS】Trek unveils new madone

             Ceepo ” Side fork ” shadow                                            【メーカーNEWS】Bontrager ballista Shoe
               【メーカーNEWS】cannondale SystemSix                                                                                    Bianchi Beach House
.
                                 NOTIO KONECT                                                                                   【メーカーNEWS】トライアスロンバイクIAシリーズ専用ストレージ 
    【メーカーNEWS】Cervelo P5X Lamborgihini Edition                                                                   【メーカーNEWS】PI TALK vol.1
         【メーカーNEWS】CONTACT AERO CLIP ON CLAMP                                                                                リアル&シンプル.
   【メーカーNEWS】THE NEW S-WORKS 7 AND NEW EVADE                                                          CYCLE PARTS 2018 joint exhibitions
                      HANDMADE BICYCLE FAIR 2018                                                                           BIANCHI TRIATHLON CONCEPT
0img_7649
                【メーカーNEWS】 新型PROPELDISCを発表                                                                              【SCOTT】CADENCE PLUS .
0img_94670img_0147-1kk
【17Newモデル情報】BMC TIMEMACHINE Form, Function, Fit                                                       【SUUNTO】SPARTAN ULTRA 
0img_0246kk0img_9922-1kk
                    【On】Performance Running Gear                                                                              【X-LAB】Torpedo Versa 500
00aeriumc680img_8665
                 【17Newモデル情報】CUBE NEW MODEL                                                                 【17Newモデル情報】CERVELO NEW MODEL 
img_8864kks3d-1 
     【17Newモデル情報】ZIPP NSW & Color Wheel Decal                                           【17Newモデル情報】S3DISC ~A WORKHORSE UNLEASHIED~

0img_8339img_7383kk2kk

    【17Newモデル情報】CEEPO 2017 MODEL EXHIBITION                                           【17Newモデル情報】SCOTT BIKE 2017 MODEL YEAR
0IMG_0035-1kk0img_9776kkss
                Collaboration Cafe at Segafredo Hiroo                                                                     【GIRO】Aerohead Ultimate MIPS
0img_9675kk 0img_9705kk
                    【GARMIN】FORATHLETE 735XTJ                                                                          【ceramicspeed】OSPW SYSTEM  
IMG_7180kk
【17Newモデル情報】MY 2017 GIANT/Liv Preview 
.
0img_6716-1kkIMG_6597
          【17Newモデル情報】COLNAGO 2017 Exhibition                                                                     【17Newモデル情報】2017 FUJI
IMG_5947skkIMG_5539
              【17Newモデル情報】TREK WORLD JAPAN                                                         【17Newモデル情報】DEROSA 2017 PRIVATE SHOW.
0IMG_9453kk0IMG_9484kk
                         【GIRO】SYNTHE MIPS                                                                                               【3T】REVO TEAM
SW_VENGE_DISC_VIAS-2F8Xtop2
         【17Newモデル情報】SPECIALIZED VENGE DISC                                                    【17Newモデル情報】 PINARELLO DOGMA F8XLIGHT

IMG_35050IMG_3287kk

       【17Newモデル情報】CANNONDALE 2017 LAUNCH                                                    【17Newモデル情報】SPECIALIZED ModelYear 2017

IMG_2710

【17Newモデル情報】FELT NewModel Exhibition 2017

IMG_9080kkIMG_9164kk

                       【GROWTAC】GT-Roller Q1.1                                                                                【AIR FLY】 AF102 / AF101 .

IMG_2391kkIMG_2275kk

              【17Newモデル情報】ZOOT ~SPRING2017~                                                        【17Newモデル情報】 PINARELLO 2017 Model
IMG_1992【17Newモデル情報】 KARHU 100th anniversary

165866kinvara7boston

               【メーカーNEWS】 スペシャライズドより限定シューズ発売                                                           【saucony】 KINVARA7 “BOSTON GREEN”

1IMG_8036kkIMG_8318kk

 

 

 

 

              【cannondale】 CYPHER AERO                                                            【OAKLEY】 EVZERO PATH / RANGE

Domanessdomane16ss

 

 

 

 

         【メーカーNEWS】 フルモデルチェンジしたDomane SLRを発表                                                                      トレックNewDomane発表

IMG_7608ssIMG_7587ss

                     【suplest】 Edge3 TRIATHLON                                                                                      【BBB】 AERO TOP

IMG_9673sskfms

 

 

 

 

        【16Newモデル情報】PEARL iZUMi fall/winter 2016                                                        【メーカーNEWS】 カンチェラーラ スペシャルカラーが新登場!  

IMG_7889ssIMG_9392
               Bicycle Navi No.81 ~大人の自転車遊び~                                                          BRAINBIKE JAPAN
0TFR-TrainingCamp-2506IMG_9262
     【メーカーNEWS】 トレックのプレッシャー・マッピング・システムが本格稼動                                                P6の行方
IMG_7325sssegafredo
                        【PRO】 3-SPOKE WHEEL                                                                      【メーカーNEWS】「Trek Segafredo」チームカラーが新しく登場

トラバイク-1XNE

 

 

 

 

 

  エイ出版  トライアスロンバイク&ギア完全ガイド                                                                               【メーカーNEWS】FSA最軽量ハンドルバー
marathon-series-tokyo1-slide1-shoe-1IMG_6856ss
                    【saucony】 TOKYO KINVARA 7                                                                                    【ISM】 PN2.1
IMG_6880ssv2
                          【CASCO】SPEEDAIRO RS                                                 【メーカーNEWS】 PROFILE DESIGN
fulcrumsp40tknfs1ss
                  【メーカーNEWS】 FULCRUM SPEED 40T                                                                   【メーカーNEWS】 fi’zi:k Team Edition 2016
r1buomoss0IMG_7202sss
    【メーカーNEWS】 fi’zi:k R1B UOMO R4B UOMO/DONNA                                               2016 ハンドメイドバイシクル展
eilogoIMG_8200

 

 

 

 

    【メーカーNEWS】 エイ出版新刊案内「トライアスロンバイクギア完全ガイド」                                          【RIO GRANDE Presentation】 Deda ELEMENTI

IMG_8156IMG_8220
                 【RIO GRANDE Presentation】 fi’zi:k                                                                  【RIO GRANDE Presentation】 Muc-off
IMG_8227sIMG_8140
           【RIO GRANDE Presentation】 PEARL IZUMI                                                【RIO GRANDE Presentation】 PROFILE DESIGN

cyclepartsjoint

第1回サイクルパーツ合同展示会

IMG_6683ssIMG_6712ss
                   【ZIPP】 808 FIRECREST TUBULAR                                                                                【LAZER】 M1-S

IMG_6674ssTinkoff-Saxo

 

 

 

 

                   【LIV】 AVOW ADVANCED PRO1                                                              【SPECIALIZED】「2016年トライアスロンシーズン」(シューズ編)

Tinkoff-SaxoC5-1
      【SPECIALIZED】「2016年トライアスロンシーズン」(ヘルメット編)                           【メーカーNEWS】 Cervelo C5
Tinkoff-Saxo0IMG_1261
       【SPECIALIZED】「2016年トライアスロンシーズン」(バイク編)                            トラモノ in CYCLE MODE photo
0IMG_1140LW-VENGE (1)
   【メーカーNEWS】 JIM FELT JAPAN TOUR Presentation                         【TriathlonLUMINA.com】VENGE ViASスペシャルサイト
IMG_6071ss1IMG_1724改
              【インプレ】 VENGE ViAS                                              【16Newモデル情報】 Cervelo P3 速報版

5IMG_13441IMG_1310

                    【16Newモデル情報】 2016 CEEPO                                                                    【16Newモデル情報】 CEEPO VIPER 速報版

2IMG_1098改Enews_Title_152705 (1)

           【16Newモデル情報】 PEARL iZUMi s / s 2016                                                             【メーカーNEWS】 Cervélo disc products

1IMG_03471IMG_0229改

      【16Newモデル情報】 FUJI NORCOM STRAIGHT 1.1                                                   【16Newモデル情報】 SCOTT NEW FOIL (速報版)

1IMG_20701IMG_2016

        【16Newモデル情報】 DEROSA② New Model “ SK ”                                                              【16Newモデル情報】 DEROSA①

2016viper-1IMG_1532

              【16Newモデル情報】 CEEPO VIPER 2016                                                             【16Newモデル情報】 TREK WORLD JAPAN ③

0IMG_14821IMG_1554改

           【16Newモデル情報】 TREK WORLD JAPAN ②                                                       【16Newモデル情報】 TREK WORLD JAPAN ①

0IMG_10820IMG_1417

                      【16Newモデル情報】 CASTELLI                                                                   【16Newモデル情報】 Campagnolo & FULCRUM

1IMG_08131IMG_1046

                    【16Newモデル情報】 LAPIERRE                                                                                【16Newモデル情報】 ARGON18

pinarellonews0IMG_0981

       【メーカーNEWS】 PINARELLO DOGMA F8 “ RHINO ”                                                               【16Newモデル情報】 KUOTA

1IMG_08731IMG_0522

                        【16Newモデル情報】 Cervelo                                                                   【16Newモデル情報】② SPECIALIZED 展示会 速報版

IMG_4871sspitop (1)

                            【インプレ】 New MADONE                                                                  【メーカーNEWS】 ~携帯性に優れた紫外線から肌を守るアイテム~

1IMG_00030jin_1 (1)

          【16Newモデル情報】 THE ALL-NEW MADONE                                                              【メーカーNEWS】 パールイズミ新テレビCM放送スタート

0S5-TEAM-MTN-Qhubeka-Edition_01IMG_9774

       【メーカーNEWS】 S5 TEAM MTN-Qhubeka Edition                                                  【16Newモデル情報】 PINARELLO Preview Collection

madonrnewNmadonelau

       【16Newモデル情報】 トレック New Madone 世界同時発表                                                            【取材予定】 トレック New Madone 発表

IMG_0440vengevias

          【16Newモデル情報】 ZOOT ~Race & Training~                                                         【取材予定】 スペシャライズド Five More Minutes

pina2016zoot

                         【取材予定】 ピナレロ展示会                                                                                            【取材予定】 ズート展示会

【GERONIMO COUNT】全日本トライアスロン宮古島大会

シーズンの皮切りを告げる、国内最高峰の宮古島大会が今年も開催される。

今年で35回目となる国内の代表格となる宮古島大会。3095名の申込から選ばれた1700名の選手で開催される一種目の国内大会としては最大となる。約1割は、海外選手も含まれる人気大会だ。宮古島の人気は所謂「鉄人レース」と称されるロングディスタンスであることだ。スイム3km、バイク157km、ラン42.195kmという最長クラスのトライアスロンとなる。このロングタイプは、国内では4レースしか開催されていないこと、特に宮古島は老舗であり、南国沖縄で開催されるということで、トライアスロンの持つイメージに最も近い大会でもあることなどが人気となっている。

宮古島は国内トライアスロンの「象徴的」な大会でもあるため、単なる1レースではない。ロングならどこでも良いということではなく、出るなら「宮古島に出たい」、そう思っている選手は少なくないのだ。出場できることに喜びを感じ、それまで積み上げて来たトレーニングの成果を宮古島で発表したい。初めてのロングトライアスロンの選手もいれば、10回以上出場しているベテランまで、幅広い選手がそれぞれのゴールを目指す。

ただし、ロングの完走は簡単ではない。昨年の完走率は80.8%だ。もちろん、トレーニング量が大きく関係するが、気温、湿度、風など天候にも左右される。スイムでは潮流にも影響を受け、バイクでの強風は厳しいライドとなる。そして、ランでは気温、湿度、また寒い時期から一気に暑くなるため、体調が整えづらく、脱水などに陥る場合も少なくない。そんな冒険的でもあり、チャレンジングな宮古島大会でもある。

ベテランでも完走の約束はない。完走できるかどうか不安で緊張も高まる。だからこそ「挑戦」。そんな選手の頑張りと、それを応援する人たち、全ての人たちで盛り上げるのが宮古島だ。

【注目選手】

■国内ロング選手では別格のバランス良い力を持ち、3勝目がかかる戸原開人選手

国内では敵なしのパフォーマンスを持つロング界の顔だろう。15年、16年に連覇となり、3年ぶり3度目の優勝を狙っている。バイクからランへの安定した走りは、経験に裏打ちされ、クレバーなレース展開が期待できる。プロのロング選手として圧倒的な強さを見せてほしい。

使用バイクは、ファクターSLICKだ。ダウンチューブが双胴型となり、エアロダイナミクスを高めているのが特徴的でツールでも使用されているブランドだ。

オフィシャルブログ:http://kaito.pepper.jp/

■男女合わせても最多優勝となる「前人未踏」の5勝目を狙う、鷲津奈緒美選手

女子選手として昨年4勝目を上げ、女子最多優勝者となった。そして、今年は大会として最多となる5勝目がかかっている。鷲津選手は、スイム、バイク、ランのバランスの良い選手で、特にバイクとラン、そして、近年注力しているランのパフォーマンスが発揮できれば良い結果となるだろう。

使用バイクは、世界のトップ選手も使用するフェルトIA、コナでは女子6連勝中のスーパーバイクでもある。国内でもトップを獲れるか。

【GERONIMO COUNT】

Triathlon GERONIMO のメインメニューだ。各大会を通して年間1万台のバイクをチェックしている。宮古島は、16年から観測を始めて、今年で4年目となる。

昨年は大きな流れは変わらないものの、ブランド別ではシーポの劇的な伸びがあったりと、毎年動きや兆しを感じることができる。昨年は選手の年齢との関係もチェックしたが、無理のないロードバイクに比率はどうなったか、その中でも「第二次エアロロード時代」となった今、それは使用されているのか、その動向が気になるところだ。

新型と言う点では、昨年のコナで発表となったSHIVや先月話題となったサーヴェロの新型などが花を添えられれば良かったのだが、デリバリー上、P5Disc以外は間に合わない。シーポの「異形」サイドフォークは確認できるか、コナSUB10バイクNo.1のトレックSpeedConceptも長くなるが、上位をキープしているのか、コナで伸びているキャニオンは。コナの女子無敵のフェルトIAは。などなど、コナのトレンドと国内は異なるが、その「差」が面白い。

いずれにしても知りたいことは、バイクの台数ではなく、「トライアスロンの勢い」だ。機材を通し、今のトライスロンを感じることができる。

■開催日 2018/4/14(日)

■競技

スイム3km/バイク157km/ラン42.195km

※詳しくは、http://tri-miyako.com/

.

 

.■昨年のレポート http://triathlon-geronimo.com/?p=25633

.

「いよいよ、ビッグレースが始まる。大事なことは集中できるかどうか。力はあっても出し切ることは簡単ではない。ただ、この日のためにやってきた。やるしかない。」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

DHポジション考 及び【メーカーNEWS】PROFILEDESIGN

DHバーは、バイクフィッティングにおいて最も重要なパーツと言えるだろう。

サドルに例えれば、分かり易いだろう。理屈の前に単純に「痛い」と感じる人がいる。もちろん原因はモノだけのせいすることは正しくない。個人差、使用目的、ポジション、慣れ、競技レベルなどにより、その「相性」が決まる。これまでも、これからもサドルは終わりのないテーマとなっている。

身体に接するパーツとして、ペダル及びシューズ、サドル、そして、DHバーを含めたハンドルの3点があるが、昔から「サドル」は、その形状、造り、対象ライド、そして、セッティングなど、様々な観点から開発、使用方法が提案されてきた。最も接する(体重がかかる)と言う点では、最大の課題と言えるのがサドルだ。悩みを持つライダーも多いことは周知の通りとなる。そんな課題の多いサドルだが、トライアスリートには、「DHバー」という、更にシビアなパーツが関わってくるのだ。状況、セッティングによっては、サドル以上に荷重がかかるパーツとなり、DHポジションでの長時間走行を妨げることになる。

DHバー自体は、「木」で言えば、枝葉となる「先端の一部」と言えるかしれない。

①まずは、幹となる身体全体のポジションを決定しなければいけない。

②そのポジションを具現化できる、パーツとそのセッティングが必要となる。

③同時にどのDHバーにするのか、「MONO」が決定する。

簡単に言えば、DHバー単体を取り付けただけでは、良くないということだ。非効率なポジション、違和感や痛みなど、メリットが少なくなる可能性がある。

まず、①のポジション出し(バイクの各パーツをセッティングすること)は、各種フィッティングサービスを受け、「現時点のベスト」を発見する。クランク~サドル~ハンドル(今回はDHバー)の三角形の各頂点の位置関係を決めるということだ。

次に②と③がほぼ同時だが、①を再現できる調整(サドル高及び後退、ステム長変更及びライズまたはスペーサーの増減による高さ、そして、DHバーのパッドとエクステンション握り位置及び落差の決定、パッド高及び前後位置、エクステンション長及び、左右幅の決定など)を行う。

DHポジションとは、エアロダイナミクスのためだけではない。安定した上体を作ることが、パワー効率の良いペダリングを生み出す。したがって、前者は、競技レベルによるが、後者は、誰でもメリットがあるということなのだ。

DHポジションはサドルに座るのではなく、DHバーのパッドに座るイメージだ。したがって、サドルより高過ぎるDHポジションは、意味が半減してしまう。これには、ポジションを出した時の「フィッティング」が重要となり、柔軟性、各関節の可動域など、身体的制限が関わってくる場合もあり、ベターを目指すことになる。

DHバーを付ける、交換することでのメリットを大きくできるか、そうでないかは、様々な課題がある。また、一度で完成するものでもない。3mm、5mm。。。各部の微調整を「練習」とともに繰り返しながら、完成度を高めるということだ。

上記のことをすべて行うには、専門ショップと「根気」も必要だろう。ただ、必要であることは知ってほしい。DHバーなら何でも良いということではなく、調整範囲やパッドの形状、硬さ程度は事前に確認できると思う。

 

以下、メーカーニュースとなるが、新たなパーツのリリースにより、より選択肢が増えることは望ましい。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

トライアスロン/TTエアロバーのパイオニア
プロファイルデザインから
新しく生まれ変わった新型カーボンエアロバー
「SUPERSONIC/ERGO」シリーズが入荷

多数のバリエーションで、あらゆるライダーの要求を実現するPROFILE DESIGNのTT/エアロバーラインナップが一新し、アルミエクステンションバーに続き、カーボンエクステンションバー、アームレスト、ブラケットの組合せが登場いたしました。J4から進化したJ5ブラケットはSupersonicへとモデル名を変更、モデル名のSUPERSONIC / ERGO / 35c は、それぞれブラケット / アームレスト / エクステンションの組み合わせを表し、製品を判りやすく表しています。

Supersonic/Ergoプラットフォームは、幅広い範囲で細やかな調整が可能になっており、最高のポジションをライダーに提供するように設計されています。アームレストの調整だけで80パターンの異なるポジションオプションを持ち、ライザーと組み合わせることで、他に類を見ない1,440パターンものポジションを生み出します。

SUPERSONIC / ERGO / 35c

SupersonicブラケットとErgoアームレストの組み合わせは業界をリードするフィッティングオプションと優れた快適性を得ることが可能です。そして35cエクステンションは、最もエアロダイナミクスを意識したポジションをとりたいライダーに最適です。

重量:673g
ブラケット:Supersonic
アームレスト:Ergo/10mmパッド
アームレスト幅:最小124mm~エクステンション使用で最大290mm(18.5mm刻み)
アームレストオフセット: -85mm~-17.5mm(7.5mm刻み)
アームレストスタック:最小58.5mm~スペーサーを使用し最大138.5mmまでスタック可能。
※ブラケットは既存のライザーと互換性あり。税抜小売価格:25,880円