Journal – MONO

25年の歴史となるトライアスロンバイクとともに、パーツやその他の用品も発展して来た。パーツなどはより軽く、美しい仕上がりを見せている。アクセサリーは、より使い易く、徹底的に研究して造られた「技あり」モノが出ている。ウエアやウェットスーツは、素材やカッティングなどに最新のテクノロジーで造られ、デザインも極めて洗練されたクウォリティの高い製品としてリリースされているのだ。トライアスロンはバイクがメインと思われがちだが、実は、周辺用品への開発が極めて熱い。より「快適性と競技性」を求め、各社のバトルが注目となっている。もちろんユーザーとしては、期待の高まるところで楽しみの一言だ。

 

Brand Report

トライアスロンMONO「パーツ、アクセサリー、ウエア編」の情報、解説をお届けします。

bontragerbbb2campagnolocastelli

cascoceramicspeedcannondale-3cobbcyclingdedafsafi'zik

giro

garminkarhuismhckabuto

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

lazermuc-offoakleyonpearl izumiProfileDesign

prorotorsauconyspecializedSRMsuplestscottsmp

【メーカーNEWS】スペシャライズド 究極のヘルメット3モデル同時発表

TT5

スペシャライズドの新型ヘルメット3モデルが発表となった。

S-Works Evade 3、S-Works Prevail3、TT5の3モデルで、Evadeは、トライアスリートに人気の高い定番エアロヘルメットで、ブランドの枠を超えて使用されているモデルだ。独自のエアロダイナミクスを損なうことなく、より冷却効果を高めている。そして、Prevailは、オールラウンドでスペシャライズドの看板モデルで、過去最高の冷却性能を実現している。

トライアスロンでも全ての選手がトライアスロンバイクを使用しているわけではなく、むしろロードバイクの方が多い。同様に、冷却性能重視であればPrevailの選択もある。エイジのトライアスロンにおいては、長時間のパフォーマンスの安定性こそが最も重要であるからだ。

あと、気になる「TT5」だが、発売は来年2月予定で、詳細もその頃になるようだ。

以下、メーカーNewsとなる。

/////////////////////////////////////////////////////////////

スペシャライズドが、風を味方にして最高のパフォーマンスを発揮する、究極のヘルメット3種を同時に発表

空力性能、ベンチレーション、安全性をさらに高めた、勝つためのS-Worksラインアップ

アメリカのカルフォルニア州に本社を置くスポーツ自転車ブランド「スペシャライズド」は、ロードレースが最高潮の盛り上がりを見せる7月、フラッグシップモデルであるS-Worksの新作ヘルメット3種を同時に発表しました。 スペシャライズドの強みであるプロ選手との協業、最新設備の整ったラボ、自社風洞実験施設Win Tunnelを最大限活かし、「空力性能」と「ベンチレーション」という風の流れに関する最先端の知見と技術を製品開発に落とし込み誕生したのがS-Works Evade 3、 S-Works Prevail3とTT5。ロードレースにおける多様なステージの特徴に合わせて、最適なヘルメットを選べる抜け目のないラインアップです。 スペシャライズドはこれらの世界最高峰のレースで勝てる製品、則ちプロと同じパフォーマンスを、全てのライダーに提供します。

DESIGNED BY AIR – 風の研究を深めてさらなる進化を遂げたヘルメット

スペシャライズドの創業理念は、ライダーの求める優れたパフォーマンスを発揮する製品を、最新技術を活かして提供すること。ライダーがスペシャライズドのヘルメットを選ぶというのは、心から私たちの製品を信頼してくれている証。そんなライダーの気持ちを真剣に受け止め、最高のヘルメット開発に本気で取り組んでいます。

プロ選手が納得するクオリティを全てのライダーに届けている

 

  • S-Works Prevail 3 -涼しさが勝利を呼ぶ
夏の酷暑、厳しい山岳ステージでの体温調節に優れた究極のオールラウンドヘルメット

スペシャライズド史上最高の冷却性能を誇るヘルメットが誕生しました。 S-Works Prevail 3 ヘルメットは、秀逸なベンチレーションがもたらす快適さや、体温調節のメリットを重視するライダーに最適。夏の酷暑、長く険しい坂、山岳ステージなどで優れたパフォーマンスを発揮する、究極のオールラウンドヘルメットです。 究極の冷却性能の実現に挑む中で、空気の流れを遮断するフォーム製ブリッジをヘルメット中央部から取り除きました。その結果、ベントの表面積はS-Works Prevail II Vent ヘルメットより24.5%増え、スペシャライズド史上最大に。こうして、風をより多く流して頭部を冷却するチャンネルが誕生しました。

AirCageテクノロジーで衝撃エネルギーの分散に革新をおこし、フォーム製ブリッジの大幅な削除に成功

バージニア工科大学のヘルメット評価で五つ星を獲得する安全性を担保しながら、常識を超えるベント表面積を可能にしたのは新機構のAirCage。アラミド繊維で編まれたケーブルでヘルメットの左右をつなぎ、ケーブルの両端をカーボンファイバー製サイドパネルに固定するこのテクノロジーは、クラッシュでヘルメットが地面と衝突すると発生する局所的な衝撃を受け止め、吊り橋のようにヘルメット全体に分散させます。

 

 

フォーム素材に頼らずとも、吊り橋のように衝撃を分散させる革新的なAirCage

 

  • S-Works Evade 3 -最速のヘルメットがさらにクールに
Evadeの空力性能を保ちながら、ベンチレーションを10%アップ

ペロトンの中で最も空力性能に秀でているS-Works Evadeロードヘルメットが、ベンチレーションをさらに高めて進化。徹底的なデザインの見直しにより、より多くのステージで選ばれるヘルメットになりました。

ワールドツアーに参戦するプロレーサーから、より高性能でオールラウンドなレースヘルメットが欲しいとの要望を受け、 Evadeの定評ある空力性能を損なわずに、冷却性能の向上に焦点を当てました。ヘルメット後部に配置したディフューザーが空力性能が高め、前部のベントを大型化してもヘルメット全体の空力性能は損なわれていません。その結果、 S-Works Evade 3はS-Works Evade 2と同じ空力性能を備えながら、ベンチレーションが10%高まりました。

空気抵抗を最小限に抑え、通風性を高めるリアデュフューザー

 

  • 自信を深めるフィットと性能-S-Works Evade 3とS-Works Prevail 3に共有の特長

MIPS Air Node ヘルメットのパッディングに内蔵された、超軽量でとても快適なMIPS Air Nodeテクノロジーは、脳を揺さぶる回転力を軽減させる低摩擦レイヤーを備えています。スペシャライズド独自の開発プロセスにより、通気性、パフォーマンス、快適さ、軽量性を最大限に高めるメッシュ加工を施しました。

後頭部のアジャスター 後頭部のアジャスターにより、個々のライダーの頭部形状に合わせた快適な装着感を実現。角度調整機能によりヘルメットとアイウェアの相性も高めます。

Tri-Fix ウェブスプリッター 長さ調整が可能なTri-Fixウェブスプリッターは、幅を10mmに狭めたストラップを採用して耳や首周りのかさばりを最小限に抑え、優れた快適さとフィットをもたらします。

Mindset フィットシステム ANGi対応の超軽量Mindset マイクロダイアルフィットシステムは、高さ調節の機能を備え、どなたでも完璧なフィットが実現可能に。ダイアルのグリップがさらに向上し、すばやく簡単に調整できるようになりました。

  • S-Works TT5

最速のエアロヘルメット、 S-Works TT5の日本での発売は2023年2月ごろを予定しております。商品の詳細は発売日が決まりましたらご案内いたします。

  • 製品情報  ※店頭、公式オンラインショップでの販売開始は7月15日(金)となります

商品名:S-WORKS PREVAIL 3 価格:¥33,000 (税込)カラー展開:4色展開+4種類の限定版(チームレプリカ)サイズ・重量:S(260g)、 M(280g)、 L(320g)

フィット:Round Fit(アジア人の頭部形状を反映したシェイプ)製品詳細ページ: https://www.specialized.com/jp/ja/p/220798 

商品名:S-WORKS EVADE 3 価格:¥33,000 (税込)カラー展開:4色展開+4種類の限定版(チームレプリカ)       Black、 Vivid Red、 Whiteを7月1日に発表、その他は後日発表サイズ・重量:S(280g)、 M(300g)、 L(330g)フィット:Round Fit(アジア人の頭部形状を反映したシェイプ)製品詳細ページ: https://www.specialized.com/jp/ja/p/220799

 

 

 

BOSS-N1-S

Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

【メーカーNEWS】エリート ストレージボトル BYASI アップデート

エリートからストレージボトルがアップデートされている。

元祖ストレージとも言える、ボトルケージやボトルの老舗であり、近年ではスマートトレーナーなどをリリースし、人気となっているエリート。そのエリートからツールなどを収納するボトルがアップデートされている。防水加工が施され、雨のレースでも安心だ。そして、質感の高さはさすがのエリート級となっている。

トライアスロンでは、プロファイルのツール缶などで、以前からお馴染みの収納方法だろう。現在、トライアスロンバイクであれば、その「定義」とも言えるストレージだが、このボトル型であれば簡単に移設が可能となる。当たり前のことのようだが、複数台のバイクを所有している場合には極めて有効的な収納方法となる。但し、タイヤシステムやそのサイズも共用か否かは確認してから使用したい。

以下、メーカーNewsとなる。

/////////////////////////////////////////////////////////////

【エリート:新製品情報】

実用的でスマートなデザインのストレージボトル「BYASI」がアップデート

デザインや素材はスポーツボトルそのものですが、BYASI(ビアーシ)はツールケースボトルです。コンパクトでスマートなデザインは、ロードバイクやグラベル、MTBなどライドフィールドを問わず、あらゆるシチュエーションに対応します。また、BYASIは防水加工が施されており、水や雨に強い素材のおかげで、あなたのツールをしっかりと保護する事が可能です。収納するアイテムやバイクに応じて選べる、3つのサイズをラインナップしており、不要なスペースを削減することが可能です。

BYASI(ビアーシ)

  • 積載量:400cm³、600cm³、800cm³
  • 直径:74mm
  • 全高:133mm(400cm³)、200mm(600cm³)、233mm(800cm³)
  • 重量:66g(400cm³)、76g(600cm³)、82g(800cm³)
  • 食器洗い乾燥機対応(最大対応温度=75℃)
  • 材質:ポリエチレン(外装容器)、ポリプロピレン(キャップ・内部容器)
  • 税込定価 ¥1,100(400cm³)、¥1,200(600cm³)、¥1,400(800cm³)

 

※旧製品の様に二段構造になっておりません。※本製品の蓋および本体には擦れ傷等が見られる場合がございます。マットな表面仕上げの本製品では、これらが目に付きやすく、製造時ならびに輸送時そのような原因を、可能な限り削減しておりますが、多少の擦れや、傷は避けられませんのであらかじめご了承ください。※写真はサンプルを撮影したもので、スペックやカラーなど実際の製品と異なる場合があります。※色調はモニター画面と実物では多少差異がございます。あらかじめご了承ください。※表示価格は税込価格でシーズン途中で変更される場合もあります。最新情報は販売店でお確かめください。

 

 

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

【メーカーNEWS】トレック 自転車業界初!KeePerコーティング

トレックより、愛車を保護する自動車のようなコーティングのサービスが始まった。

自動車で実績あるKeePerコーティングとのコラボによって実現しているものだ。長時間のレースで、汗、サプリメント、そして、紫外線などで、汚れや傷みが激しいトライアスリートのバイクには必須とも言えるだろう。

バイクフレームにコーティングするという考え方は以前もあったが、耐久年数が3年間ということに驚かされる。

以下、メーカーNewsとなる。

/////////////////////////////////////////////////////////////

新たなコーティングサービス

トレック・ジャパン株式会社は、自転車業界で初めてKeePerコーティングの販売を全国25店舗の直営店にて開始いたします。

自動車への年間コーティング施工台数約300万台の実績を誇る「KeePer 技研株式会社」により開発された自転車へのコーティングサービスとなります。汚れを防止するだけでなく、長期間のツヤをご提供するKeePerコーティングをトレック直営店にてぜひお試しくださいませ。

■メニュー内容

トレックEXキーパー≫

  • ベールを纏ったような、深い透明感を提供
  • 施工価格20,000円(税込)
  • 耐久年数:3年間

≪ECO+ダイヤモンドキーパー≫

  • 汚れの密着を防ぐ独特な防汚能力
  • 施工価格10,000円(税込)
  • 耐久年数:3年間

≪ダイヤモンドキーパー for Bicycle≫

  • カーコーティングで培ったノウハウを活かし、自転車に適したコーティングを開発
  • 施工価格5,000円(税込)
  • 耐久年数:3年間

 

Learn more

 

 

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

トライアスロンの象徴的なDHバーを付けることとは? &【メーカーNEWS】プロファイルデザイン エアロバー及びエクステンションラインナップに SLCシリーズ登場

トライアスリート御用達、プロファイルのDHバーがアップデートされている。

エクステンションの形状としてはすでにラインナップされているものだが、カーボン製となり、軽量化が施されている。エクステンション部のみではあるが、その軽量化は約半分となっており、重量化となるDHバーをより扱い易いものとしている。そして、4タイプの形状全てに合わせてラインナップされている。

これら後付けができるクリップオンタイプはビギナーの使用も多いだろう。また、ビギナーでなくても今ひとつ良く分からないというトライアスリートも少なくないだろう。DHバーはやはり「トライアスリートの象徴」であり、走りは元より、セットすることで、大きく気分も変えてくれる特別なアイテムだ。

DHバーを初めてセッティングする時の注意点は2点。一つは、DHバーそのものの選び方だ。そして、もう一つはフィッティングとなる。

≪DHバーを選ぶ≫

まず、DHバーもサドル同様に考えてほしい。サドルに違和感を感じ、一つか二つ、変えてみたという人は少なくないはず。やはり、体重がかかり、その違和感を感じ易い。DHバーも同様で、腕が座るサドルのようなものなのだ。エクステンションの形状、パッドの形状など、直接触れる部分のフィット性は良いか。次に、エクステンションの形状はメーカーやモデルによっていくつもあるが、「どこ」を握るのか、それが決まれば、あとは握る部分とパッドの「距離」が好みにセットできるDHバーであるかどうかによる。

その距離こそが極めて重要となる。良く見かけるのが、DHバー単体を購入して自身でそのまま取り付けているケースだが、多くのメーカーが「長過ぎる」状態となっている。これはカットは必須であり「大前提」となっているということなのだ。前述の距離を合わせるためには、日本人サイズで言えば、大幅にカットが必要となる。距離はエクステンションを下げれば合わせられるが、下げた分だけ後方に飛び出し、ダンシング時などに脚に当たり、危険な状態となっていまう。

つまり、この調整(カット)は、2段階が理想と言えるだろう。馴染んだらカットではなく、最初の状態は異様に長過ぎるため、まず、ショップと話し合い、第1段階のカットをする必要がある。それは人によっては10cm以上となることもあるだろう。そして、第2段階として1~2cm程度のカットとなる。また、フライトコントロール(DHバー先端の変速)なのか、否か、フライトでもDi2とワイヤー式のバーコンではまた違ってくる。そこまでシビアとなるのが、DHバー自体のセッティングなのだ。

≪バイクフィッティングと3つ目のポジション≫

前述ではもの選びであり、「DHバー内のフィッティング」と言い換えることもできるだろう。次はその DHバーとバイクを合わせなければいけない。順番で言えば本来はこちらが先だ。バイク全体のフィッティングにDHポジションをどのように合わせるのか、その具現化が可能となる「もの選び」が必要になるということなのだ。

ロードバイクにそのまま一般型(ドラフティングレースで使用する極端に短いDHバーではなく)を取り付けるとDHバーが遠過ぎてしまう。つまり、サドルの前後位置(実際のシートアングル)が関わるのだが、ロードバイクでは限界となる可能性がある。

ここで考えるべき、大前提のフォームとは、大きくは2つ、そして、昨今では、3つと言えるだろう。大きくは、DHポジションのためのシートアングルが立ち、ハンドル位置が低い「トライアスロンバイク」、もう一つはシートアングルが一般的(寝ている)ロードバイクだ。そして、3つ目となるのが、ロードバイクの「トライアスロン仕様」で、DHバーを付けたロードだ。この3つ目こそが、昨今の現実的に多く取られているポジションだ。

ロードに一般型のDHバーを付けると遠過ぎてしまうと述べたが、これはサドルとハンドルの落差に大きく関係している。トライアスロンバイクのDHポジションをロードバイクに再現するとどうなるのか。仮に170cmくらいの選手であればサドルを通常位置より5~8cm程度を前方に座り、ドロップハンドルの上面に直接腕を乗せる。やや荒っぽいが、概ね「トライアスロンバイクのDHポジション体験」ができる。お尻がや腕が痛かったり、サドルが少し低い状態にはなるがイメージは湧くだろう。ロードバイクとの明かな違いが体験できる。

そして、ここでは3つ目の「中間的」とも言えるロードバイクのトライアスロン仕様の提案となる。DHバーをそのままドロップハンドルに付けると位置が高く、今までは「(競技上の)理想ではない」としていたが、選手それぞれの目標設定は様々な中で、DHバーの位置が高いことで、サドルは前方にセットしなくても、違和感の少ないDHポジションが可能となる。まずはここから始めて見ることも良いのではないだろうか。

もちろん、パワー(スピード)の出るフォームではないが、選手によっては無理ないフォームこそ、パフォーマンスの安定により、その選手内では、良い結果につながることは十分考えられる。難しく伝えてしまったかもしれないが、「トライアスロン」を考える中で、必要なことでもある。

以下、メーカーNewsとなる。

/////////////////////////////////////////////////////////////

【プロファイルデザイン:新製品情報】エアロバーおよびエクステンションラインナップにSLC(Super Light Carbon)シリーズが登場

エクステンションバーラインナップの最大の目的は、「よりパワーを発揮したい」「リラックスしたライディングフォームを保ちたい」「エアロダイナミクスに優れるフォームを手に入れたい」などの、ライダーによって異なる理想のポジショニングの要望に応えることです。新たに登場したSLCシリーズは、これまで同様プロファイルデザインの優れたエルゴノミクスを備え、様々なライダーの厳しい要望にしっかりと応えるラインナップとテクノロジーを有し、さらに軽量なカーボンを使用する事で、従来モデルのエクステンションより約半分もの重量を削減したハイパフォーマンスモデルです。

SUPERSONIC/ERGO+/CARBON

SUPERSONICブラケットは、新世代のエアロバーブラケットとしてリリースされた最初の製品であり、最高峰のモデルです。これまでのブラケットに比べ調整が容易で、フィット感の調整幅も大きくなっています。

ERGO+アームレストとの組み合わせによって、業界トップクラスの快適なライドフォームを実現しています。SLC(SUPER LIGHT CARBON) シリーズの登場により、ほぼ全てのライダーにプレミアムな選択肢を提供するエアロバーシリーズが完成しました。

■35SLC Carbon Extensions

35SLCエクステンションは、35°のスキーベンドシェイプを提供します。これにより少し手首の位置が低いハンドポジションを作り出します。

SUPERSONIC/ERGO+/35 SLC(エアロバーキット)ブラケット:SUPERSONIC

アームレスト:ERGO+ / 10mmパッドクランプ径:31.8mmアームレスト幅:124~290mm(18.5mm刻み)※エクステンション幅が100mmの場合アームレストオフセット:-85~-17.5mm(15mm刻み)アームレストスタック:最小58.5mm(70mmまでのライザーに対応)

税込定価:¥35,900-

35 SLC エクステンション(エクステンション単体)全長:400mm

アングル:35°ライズ:80mm(bottom to top)素材:カーボンファイバー重量:138g(ペア)

税込定価:¥19,600-

■43SLC Carbon Extensions

43SCLエクステンションは、「リスト・リリーフ・スタイル」と呼ばれるエクステンションに腕を沿わせることができる曲げをもち、手首の快適性を犠牲にすることなく、エアロダイナミクスを向上させることを目的としています。

また、43度というグリップ角度は、多くのアスリート達とのテストに基づき決定されています。

SUPERSONIC/ERGO+/43 SLC(エアロバーキット)

ブラケット:SUPERSONICアームレスト:ERGO+ / 10mmパッドクランプ径:31.8mmアームレスト幅:124~290mm(18.5mm刻み)※エクステンション幅が100mmの場合アームレストオフセット:-85~-17.5mm(15mm刻み)アームレストスタック:最小58.5mm(70mmまでのライザーに対応)

税込定価:¥35,900-

43 SLC エクステンション(エクステンション単体)

全長:400mmアングル:43°素材:カーボンファイバー重量:142g(ペア)

税込定価:¥19,600-

■4525SLC Carbon Extensions

4525SLCは、ロワーセクションが45°、アッパーセクションが25°で、アッパーセクションは7.5mmオフセットされ横方向へのシフトが可能なエクステンションです。これによりライダーは、低く短いリーチポジションと、手を高く伸ばしエアロダイナミクスを追求したアグレッシブなポジションのどちらも選択することができます。

SUPERSONIC/ERGO+/4525 SLC(エアロバーキット)

ブラケット:SUPERSONICアームレスト:ERGO+ / 10mmパッドクランプ径:31.8mmアームレスト幅:124~290mm(18.5mm刻み)※エクステンション幅が100mmの場合アームレストオフセット:-85~-17.5mm(15mm刻み)アームレストスタック:最小58.5mm(70mmまでのライザーに対応

税込定価:¥35,900-

4525 SLC エクステンション(エクステンション単体)

全長:400mmアングル:45° / 25°素材:カーボンファイバー重量:139g(ペア)

税込定価:¥19,600-

■50SLC Carbon Extensions

50SLCエクステンションは、50°のスキーベンド形状に片側7.5mmのオフセットを持たせています。手首の角度をニュートラルにし、グリップ幅を微調整することが可能です。

SUPERSONIC/ERGO+/50 SLC(エアロバーキット)

ブラケット:SUPERSONICアームレスト:ERGO+ / 10mmパッドクランプ径:31.8mmアームレスト幅:124~290mm(18.5mm刻み)※エクステンション幅が100mmの場合アームレストオフセット:-85~-17.5mm(15mm刻み)アームレストスタック:最小58.5mm(70mmまでのライザーに対応)

税込定価:¥35,900-

50 SLC エクステンション(エクステンション単体)

全長:400mmアングル:50°素材:カーボンファイバー重量:140g(ペア)

税込定価:¥19,600-

7.5mm lateral shift

43SLC、4525SLC、50SLCが持つグリップ部分の「7.5mmオフセット」は、グリップスペースを確保したり、エアロダイナミクスの向上などライダーのポジションや好みに合わせて調整する幅を拡張します。

■AEROPORT Di2 RS910 ADAPTER

SLCエクステンションには、別売の「AEROPORT」を装着することにより、シマノ Di2 EW-RS910ジャンクションボックスとBT-DN110バッテリーを内装することが可能になり、バッテリーの配置とフレーム内のケーブルの取り回しがより簡単かつ確実にすることができます。また、一般的なエアロバーのように EW90ジャンクションボックスに見られるようなケーブルの乱雑な配置や、ステムやフレームにジャンクションボックスを隠す必要がありません。

AEROPORT RS-910 アダプター

アダプターは外径22.2mm、内径19.4mmのプロファイルデザイン製アルミエクステンションとSLCカーボンエクステンションに対応し、以下のDi2パーツに適合するよう設計されています。

・シマノ EW-RS910ジャンクションボックス・シマノ BT-DN110 内蔵バッテリー・シマノ EW-SD50エレクトロニックケーブル

税込定価:¥4,450-

 

 

 

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

【メーカーNEWS】2022年春夏新商品「スケルトン レインジャケット」

パールイズミよりこの季節に必須となるレインジャケットがリリースされている。

特徴は「スケルトン」であるということだろう。下に来ているメインのジャージが活かせる仕上がりと言うことになる。雨対策はしたいが、お気に入りのジャージが見えることも重要なポイントだ。

また。レインジャケットは蒸れがちだが、袖下、脇にメッシュ素材を配し、対応している。そしてmこの時期、一時的な雨となることも多いが、コンパクトになるポケッタブル仕様も嬉しい。

以下、メーカーNewsとなる。

/////////////////////////////////////////////////////////////

2022 年春夏新商品 レースでも使える防水ジャケット 「スケルトン レイン ジャケット」発売のご案内

株式会社パールイズミは、2022 年春夏新商品として「スケルトン レイン ジャケット」をサイクルショップやスポーツ用品 店等にて発売いたします。

「スケルトン レイン ジャケット」は、袖下と脇にムレにくいメッシュ素材を採用し、防水性能を持つ透明素材でジャージが 透けて見えるのでレースでも使えるレインジャケットです。

 

■商品概要
【品番/商品名】 2352 / スケルトン レイン ジャケット

【 カラー 】1. ホワイト

【 価 格 】9,900 円(税込)

【 サ イ ズ 】M, L, XL

【商品特徴】

□ 防水性能を持つ透明素材を採用
□ 小さく畳んでポケットに収納できるポケッタブル仕様(W110×H160mm)

※本製品は縫い目に目止め加工をしておりません。防水素材を採用していますが完全防水ではありません。

 

 

 

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

【メーカーNEWS】エリート ヴァーチャルライドトレーニングデスク

HyperFocal: 0

エリートのトレーニングデスクがリリースされている。

トライアスリートにとって重要な位置づけとなるインドアバイクトレーニング。その環境を整えるアイテムは充実の一途となる。このデスクは、エリートならではクウォリティと機能を持たせたもので、収納性や質感などこだわりの仕上がりとなっている。

以下、メーカーNewsとなる。

/////////////////////////////////////////////////////////////

 【エリート:新製品情報】ヴァーチャルライドにぴったりなシンプルデザインのトレーニングデスク入荷

TRAINING DESK(トレーニング・デスク)は、ホームトレーナーでのサイクリング・ワークアウトを、最大限に活用するため、スチールと木材で作られたサイクリング・ワークアウトテーブルです。家具であると同時にすっきりしたマルチタスクワークアウト環境を実現する理想的なツールです。

TRAINING DESK

TRAINING DESK(トレーニング・デスク)

サイズ:103×56cm(ベース)、70×40cm(天板)高さ調整幅:75~120cm最大荷重:20kg

税込価格:¥46,100-

/////////////////////////////////////////////////////////////

  • ※写真はサンプルを撮影したもので、スペックやカラーなど実際の製品と異なる場合があります。
  • ※色調はモニター画面と実物では多少差異がございます。あらかじめご了承ください。
  • ※表示価格は税込価格でシーズン途中で変更される場合もあります。最新情報は販売店でお確かめください。

/////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

【メーカーNEWS】2022春夏 メッシュ素材で涼しく快適 「メッシュベンチレーション ジャージ」「メッシュベンチレーション パンツ」

パールイズミより効率良く走行風を取り入れるメッシュアイテムがリリースされている。

「メッシュ」というキーワードが目新しいわけではない。ただ重要なキーワードと捉えている。夏の暑さに対し、何を最優先しているのか、ということになる。このアイテムはいかに冷却効果を高められるかを追求してている。単に「快適性」と言ってしまうこともできるが、もっとアクティブなイメージとなる。パールイズミは、自転車競技のナショナルチームをサポートしているだけに選手からのフィードバックが活かされたアイテムとなる。

真夏のトライアスロンでも皆生や佐渡などロングではバイクジャージを着用する選手も少なくないが、そんな時に最適なアイテムと言えるだろう。

もちろん、インドアバイクトレーニングにも最適となる。冷風をより多く取り込み易くなるメッシュにより、過酷な状況となるインドアに対し、効果を上げるだろう、インドアでは他人の目もないため、Tシャツなどで行う人もいると思うが、ジャージは元より、ヘルメットやサングラスなども着用し、可能な限り「実走イメージ」することで集中力を高めることが重要となる。

以下、メーカーNewsとなる。

/////////////////////////////////////////////////////////////

2022 年春夏新商品 メッシュ素材で涼しく快適 「メッシュ ベンチレーション ジャージ」 「メッシュ ベンチレーション パンツ(ビブ パンツ)」発売のご案内

株式会社パールイズミは、2022 年春夏新商品として「メッシュ ベンチレーション ジャージ」「メッシュ ベンチレーション パンツ」「メッシュ ベンチレーション ビブ パンツ」をサイクルショップやスポーツ用品店等にて発売いたします。

「メッシュ ベンチレーション ジャージ」は、酷暑対策に最適な、効率よく走行風を取り入れる薄手のメッシュ素材をメイン に採用し、衿の無いラウンドネック仕様で首元も涼しく快適。インドアサイクリングでも使えるプリントジャージです 。

「メッシュ ベンチレーション パンツ」は、酷暑対策に最適な、通気性に優れるメッシュ素材をメインに採用し、太もも部分 には透けにくいメッシュを採用。パッドには 3 層構造のクッション圧でオールラウンドに活躍する「3D-アール」を装備してい ます。同じ仕様で、ビブ付きの「メッシュ ベンチレーション ビブ パンツ」もございます。

■商品概要

  • 【品番/商品名】 622-B / メッシュ ベンチレーション ジャージ
  • 【カラー】 1.ホワイト 2.ブルー
  • 【 価 格 】 13,200 円(税込)
  • 【サイズ】 S, M, L, XL
  • 【商品特徴】
  • □ 夏の酷暑対策に機能の異なる2種類のメッシュを適所に採用
  • □ 3バックポケット

  • 【品番/商品名】 270 / メッシュ ベンチレーション パンツ
  • 【 カラー 】1. ブラック
  • 【 価 格 】12,100 円(税込)
  • 【 サ イ ズ 】M, L, XL
  • 【商品特徴】
  • □ 3D-Rパッド:3層構造のクッションを適所に配置して、あらゆる乗車姿勢に対応するオールラウンドパッド

  • 【品番/商品名】 T270 / メッシュ ベンチレーション ビブ パンツ
  • 【 カラー 】1. ブラック
  • 【 価 格 】15,400 円(税込)
  • 【 サ イ ズ 】M, L, XL
  • 【商品特徴】
  • □ 3D-Rパッド:3層構造のクッションを適所に配置して、あらゆる乗車姿勢に対応するオールラウンドパッド
  • □ 腹部の圧迫感が少ないビブ仕様

 

 

 

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

【メーカーNEWS】ピレリ150周年記念「P ZERO™ Race 150th Anniversary Edition」

@treksegafredo

ピレリよりスペシャルエディションとなるタイヤがリリースされた。

1890年、名門ピレリのルーツは「自転車」からだった。モータースポーツでは頂点のイメージがあり、一般自動車にもラグジュアリーでハイグレードな扁平タイヤは人気となり、不動の地位を築いている。そのピレリは2017年に自転車界へあらためて参入している。ビッグネームではあったが、近年での歴史は浅かったため、新参のイメージはあったが、現在では自転車最高峰のワールドツアーチームをサポートするまでになっている。トレックセガフレードを始め、UAEチーム・エミレーツなど、最高の舞台で走るチームをサポートしている。

2022年、イタリアでの自転車用タイヤの生産を再開し、このスペシャルモデルも含め、ハイグレードな上位モデルは、そのイタリア工場で生産されている。

以下、メーカーNewsとなる。

/////////////////////////////////////////////////////////////

【ピレリ:新製品情報】

ピレリ150周年を記念した「P ZERO™ Race 150th  Anniversary Edition」をリリース

ピレリの150周年を記念した”MADE IN ITALY”の「P ZERO™ Race 150th  Anniversary Edition」が発売されます。この記念すべきタイヤは、先日開催されたジロ・デ・イタリアで、トレック・セガフレード・ワールドツアーチームのバイクに装着されデビューを飾りました。

@treksegafredo

「P ZERO™ Race 150th  Anniversary Edition」は、長時間のトレーニングや競技に適したオールラウンドなクリンチャータイヤです。軽量でスムーズ、そしてSmartEVO コンパウンドのおかげでグリップ力も抜群です。スマートな挙動特性を持つポリマーを3種類ブレンドしたコンパウンドは、優れたドライ&ウェットグリップと非常に低い転がり抵抗を実現します。120TPI のナイロンケーシングは、TechBELT ロードテクノロジーで保護されており、タイヤを重くすることなく耐パンク性を向上させています。

「P ZERO™ Race 150th  Anniversary Edition」はイタリア製です。すべてミラノ近郊のボラーテにあるリニューアルされたピレリのタイヤ工場で製造されています。

数量限定で発売される「P ZERO™ Race 150th  Anniversary Prestige box」

以下のアイテムがセットされているスペシャルなパッケージです。

 

P ZERO™ Race 150th  Anniversary Prestige Box(Pゼロ・レース 150周年記念プレステージボックス)

  • ※写真はサンプルを撮影したもので、スペックやカラーなど実際の製品と異なる場合があります。
  • ※色調はモニター画面と実物では多少差異がございます。あらかじめご了承ください。
  • ※表示価格は税込価格でシーズン途中で変更される場合もあります。最新情報は販売店でお確かめください。

 

 

 

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

【メーカーNEWS】2022年パールイズミ春夏新商品「ウィンドブレーカー」「ストレッチウィンドシェル」「ストレッチウィンドシェルベスト」

パールイズミよりこれからの季節にマストなアイテムがリリースされた。

インドアトレーニングがメインのトライアスリートも「実走」が増えるこの季節には、気温や天候に対応するアイテムが必要となる。その基本中の基本がウィンドブレカーとなるが、脱ぎ着が前提となるアイテムのため、コンパクト性や使い勝手が選択する上で重要なポイントとなる。

以下、メーカーNewsとなる。

/////////////////////////////////////////////////////////////

2022年春夏新商品温度調節や小雨対策に活躍する「ウィンドブレーカー」「ストレッチウィンドシェル」「ストレッチウィンドシェルベスト」発売のご案内

株式会社パールイズミは、2022年春夏新商品として「ウィンドブレーカー」「ストレッチウィンドシェル」「ストレッチウィンドシェルベスト」をサイクルショップやスポーツ用品店等にて発売いたします。

「ウィンドブレーカー」は、急な天候の変化にも素早く体温調節できる軽量素材を採用したウィンドブレーカーです。背中にはスルーポケットを配置しているので、着たままジャージのバックポケットへアクセスできます。袖下と脇に配置したメッシュ素材がムレを抑え、ポケッタブル仕様で携帯にも便利です。

「ストレッチウィンドシェル」は、バタつかないスリムなシルエットで、優れた防風性をもつ動きやすいストレッチ素材を採用。バックポケット、上下開閉フロントファスナー、背面の通気性に優れ撥水メッシュ素材など、使い勝手を追求したサイクリングのマストアイテムです。ポケッタブル仕様で携帯にも便利です。ベストタイプの「ストレッチウィンドシェルベスト」もございます。

■商品概要

  • 【品番/商品名】2386/ ウィンドブレーカー
  • 【カラー】7. ブラック8. グレー9. ネオンイエロー
  • 【価格】10,780円(税込)
  • 【サイズ】S, M, L, XL(ユニセックス)
  • 【商品特徴】
  • □軽量で防風性に優れる素材を採用
  • □生地の摩擦音を軽減するノイズレス素材を採用

  • 【品番/商品名】2300/ ストレッチウィンドシェル
  • 【カラー】12. ブラック13. ホワイト14. ネオンイエロー
  • 【価格】12,650円(税込)
  • 【サイズ】XS, S, M, L, XL(ユニセックス)
  • 【商品特徴】
  • □薄くて軽量、ストレッチ性のある素材、ウィンドシェル採用□上下開閉ファスナー
  • □小さく畳んでポケットに収納できるポケッタブル仕様(W125×H170mm)
  • □3バックポケット

【品番/商品名】2310/ ストレッチウィンドシェルベスト
【カラー】12. ブラック13. ホワイト14. ネオンイエロー
【価格】11,550円(税込)
【サイズ】S, M, L, XL(ユニセックス)
【商品特徴】
□薄くて軽量、ストレッチ性のある素材、ウィンドシェル採用
□上下開閉ファスナー
□小さく畳んでポケットに収納できるポケッタブル仕様(W125×H170mm)

□3バックポケット

 

 

 

「必須アイテム!」

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka