CYCLE PARTS 2018 joint exhibitions

今年で3回目となる「サイクルパーツ合同展示会」が開催された。

この展示会は、ショップ向けの展示会で、パーツ、用品、ウエア、シューズ、ヘルメット、アクセサリーなどに絞った企画となっている。メーカー、代理店からショップへ、あらためて取扱商品の良さを伝える機会でもあり、会場は多くの人々で賑わっていた。3回目となり、出展メーカー、代理店の展示内容など充実し、より興味を引くものが多くなっていた。出展社数も昨年の138社から169社と増えている。

ストレートなトライアスロンMONOが多くあるわけではないが、トライアスロンにも使えるMONO、気になったMONOや注目されていたMONOなど一部の紹介となる。

昨年、リスタートとなったパールイズミのトライアスロンウエア。新生バージョンは極めてクウォリティ高く仕上げられたオーダーウエアだ。また、限定で造られたこのデザインに人気が集まっている。新たなデザインも追加されるようだ。

ノースウェーブのフラッグシップモデル、EXTREME RRのソールを変更し、剛性指数を15から12に落としている。価格も大幅に下がり、使い勝手からロングのトライアスリートにも可能なシューズだ。ダイヤルは、緩める逆回転時に段階式のオリジナルを採用している。

コストパフォーマンスが高く、リーズナブルな人気モデルがこのSONIC 2 PLUS。

アパレルも展開、バイクジャージ、ソックス、グローブなどを展開している。薄手のグルーブは、フィーリングの良い仕上がりとなっていた。

今や、エアロヘルメット人気No.1と言えるだろう。通気性、軽量性などエアロの弱点を完全克服の逸品でありながら価格はリーズナブル。ブルーのシールドは、オプションの「ブルーミラー」で可視光線透過率は54%、重量は、半分の22gとなる。

標準は、ライトスモークのシールドが付く。

超軽量の最新モデルがこれだ。OGKカブト史上最軽量の170g(S/M)に仕上がっている。グレードとしては、ZENARDに次ぐ位置付けとなるロードヘルメットだが、夏場の使用、平均速度を考慮するともちろん「トライアスリート」も対象となる。

工具の代理店も出展していた。写真はSIGNETのツールBOXキットだ。自転車専用ではないので、自動車も含め幅広く使うこともできる。SIGNETはカナダのブランドで、使い易いギアレンチなどが特徴的、比較的リーズナブルな価格となっている。

シグネットのキャビネットに「PB」が収められていた。工具の管理ができるトレイに整然と収納されていた。

クローダーは、台湾ブランドのホイールで、2011年からスタートしている。チューブラータイプの軽量性が高く、60mmハイト前後で1394g、40mmハイトで1260gとなっている。もちろん価格設定もリーズナブルだ。

スイスブランド、ハーツエルのグローブは、高いグリップ性と薄手による指先の「フィーリング」の良さが特徴だ。価格設定は、やや高めだが、クウォリティの高さに人気がある。

楕円チェーンリングのアブソリューートブラック。後発として、軽量性、変速性、剛性を高めた逸品だ。今回は、R9100 & R8000系対応がリリースされた。

ハンドルコンポーネントのITMは、この時点での新製品追加はない。定番ブランドとして根強い人気がある。カラーリング以前のものから、ブラックオンブラック系にシフトしつつある。

インドアバイク関連も展示されていた。これは、一般用ではなく、施設用となり、価格も20万を超える。その分、ハンドル、サドルの無段階調整、ブレーキングフィーリングなどクウォリティは十分だった。ただ、フライホイール15kgはやや軽いか。

昨年の台北ショーでも出ていた極小サドル。短くかつ、小さいデザインで座るというより、座骨の位置を決めるだけの感じだ。ほぼ浮いた状態になり、尻部への圧迫を回避できる。DHポジションでは有効的なサドルと言えるだろう。

元々スキーブランドのSH+は、30年以上の歴史がある。特に本来の目的である「保護性」にいて世界中の各厳しいテストに合格している。スキー系ヘルメットメーカーへの注目は、耐衝撃性とエアロダイナミクスにある。

日本の匠「EIGHT」ヘキサレンチ専門の国産ブランドで、バイク用に開発、ボルト落下防止のキャッチシステムが備わる。ボールポイント先端に可動する「スナップリング」が付き、作業性を高めている逸品だ。

1983年創業、1985年に初のトライアスロンバイクシューズを作ったレイクは、常に新しいものに取組むメーカーだ。BOAシステムも早い段階から採用したメーカーの一つでもある。

各OEでも使用される「実力派」ウエアのビオレーサー。勝つためのウエアとして、あくまでも「エアロダイナミクス」の観点から造られている。

ノーズのないサングラス、エアーフライのレンズ一体型。フィット感が柔らかく、軽量。ノーズピースを使用しないため、レンズ位置を前後させることで、シールド的な使用感もある。

究極のエアロヘルメット。今後の方向性を占う。シールドはおまけではなく、ヘルメットの一部となり、その性能が問われる。スノー&サングラス系メーカーの動きに注目だ。価格は、¥54000、レンズ2枚にハードケース付きの高級品。

ウベックスもスキー系のブランドだ。このRACE8も乗車ポジション、3Dボディスキャンの分析、CFDの解析などから、ベンチレーションもキープしながらエアロダイナミクス向上に成功している。

アクティブなラインに動きが出ているルコック。ビオレーサー社とのコラボレーションも行っている。ウエアブランド間でのコラボもそれぞれの特徴を活かし、最高の商品に仕上げるという流れも今後に注目したい。

新潟の職人が匠の技を見せているランウェルの逸品。コレクタブルなアイテムは、マニア心を擽る。工具を中心、ヘッドのトップキャップやスペーサーなど一部パーツも製作している。

 

 

 

「 各商品のあらためて良さを感じることができる展示会となっている。」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

HANDMADE BICYCLE FAIR 2018

本日は、ハンドメイドバイシクル展が開催された。

このイベントは、一般財団法人日本自転車普及協会が主催するイベントで20数年以上開催されている人気イベントだ。国内外のフレームビルダー、バイクメーカー、パーツメーカーなど、ハンドメイドに関わる人たちが集まるイベントだ。文字通り、ハンドメイドのカスタムバイクとそのパーツなど、独創性が高く、スポーツ+αではなく、工芸品の域とも言えるアイテムが一堂に会して見ることができる。

そもそも「ハンドメイドバイク」とは何だろうか。用途や目的、体型や体格、素材、形状、塗装、仕上など、オーナーの要望に合わせ、「オンリーワン」のカスタムバイクを造ることだ。一方、大手のメーカーは、大量仕入、大量生産などから、コストダウン、同時に新素材など新規開発などに資金が投入される。また、プロ選手サポートからのフィードバック、大量生産から構築される技術力など、どちらもメリットはある。昨今から見れば、明らかに後者が主流となっているが、ハンドメイドで造るバイクのメリットをトライアスリートの視点で探ってみたい。

現在、トライアスロンバイクに求めらる性能とは、バイクの基本性能に加え、エアロダイナミクス、フューエル&ストレージ、ユーザビリティ、そして、快適性となる。どのポイントで評価するかによっては、必ずしも「大手」が全てではない。エアロダイナミクスなどは、そのために専任技術者と施設などが必要となり、大手が有利だが、ロングライドとなり、「人力」が大きく関わる快適性などは、素材の選定、造り方などで、より乗り手に合わせた一台をハンドメイドで仕上げることができる。特に、トラディショナルなスチール系は、踏み込んだ時に、材料が撓み、力が逃げる(逃がしてくれる)ことによって、脚(身体)への負担を調整することができる。この撓みにも当然加減が必要だが、それこそが「味付け」となる。硬い(その選手には合っているとしよう)フレームに負けない、身体能力(踏力など)があれば、その分、パワーがしっかり伝わり、推進力となるが、そこまで、脚力がない場合、反動として、身体へのストレスとなる。その点、スチール系など撓みが期待できるフレームは、不必要な力が逃げる(逃がす)ことで、身体への負担のバランスが取れることになるのだ。

「何」を優先するのかによって、変わるということだ。ただ、現時点では、大手メーカーに比べ、「入口」が狭いため、知る人ぞ、知るということになっている。大手メーカーはその具体的なメーカーにより異なるので、一括りには、言えないが、「大量」に造られている「その」バイクが、必ずしもベストとは限らないことを知っておくべきだろう。

 

 

「優先するポイントは?」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

Journal – MONO (Show)

               CYCLE PARTS joint exhibition TOKYO 2017                                                                 CYCLE MODE international 2016

                               TAPEI CYCLE 2016                                                                                             Hand Made Bicycle 2016

              CYCLE PARTS joint exhibitions TOKYO 2016                                                                CYCLE MODE international 2015

CYCLE PARTS joint exhibitions TOKYO 2017

本日は、第2回となる「サイクルパーツ合同展示会」が開催された。

このイベントは、ショップ対象の展示会で部品、用品、アクセサリーがメインとなっている。このタイミングでは、新製品などは少ないが、各メーカー、代理店、138社のイチオシが一堂に展示されている。メーカーとショップ、お互いのプロが見極めるため、厳選されたアイテムが並ぶ。2017年シーズンイン間近のタイミングにあらためてショップの品揃えが面白くなることだろう。さしずめ「オールカタログ」(サイスポのパーツカタログのこと)のリアル版か、言い過ぎかもしれないが、様々な部品、用品、アクセサリーが展示されている。

そして、本日国内正式発表となったのが、WAHOOのローラー台だ。その実績から話題となっていた製品で、ズイフトと連動させそのデモンストレーションを開催していた。WAHOOは、アメリカのフィットネスブランドで、プロサイクリングチームのチームスカイをサポートしていることで、話題となり国内展開が待ち望まれていた。下の写真に出ているのは、メインモデルとなる「KICKR」で、リアホイールを外して使用する、ダイレクトトランスミッションタイプのモデルで、ズイフトなどの連動はもちろんだが、独自のフライホイール構造が、リアルライドに近い走行感を実現しているのが特徴だ。

最後に紹介しているのは、自転車専用工具ブランドのRUNWELLだ。すべての作業を新潟の燕三条で行っている。昨今、話題となる「ニッポン」の製品で極めてクウォリティが高い。写真の中の赤いケースの製品は、工具ではなく、工具のデザインにした「マドラー」だ。遊び心で造られたものだが、意味がある。カクテルの「スクリュードライバー」の名前の由来は、工具のドライバーを使って混ぜたと言われている。そんな「お遊び」から始まったが、経済産業省が選定す日本が誇る優れた地方産品「The Wonder 500」に認定されている。そんな「ジャパンメイド」も楽しめるのが、この展示会の良さの一つでもある。

その他、トラモノや気になったものの一部をフォトレポートとしてアップ、詳細は追って。

「金の斧、それとも銀の斧」

.

.

.

「特にジャパンが面白い。」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

TAIPEI CYCLE

アジア最大のサイクルショー、タイペイインターナショナルサイクルショーが開催される。

3/22(水)~25(土)Taipei international cycle show

このタイミングは、新製品が多くリリースされるタイミングではないが、近年の非イヤーモデル化により、メーカーによっては、NEWSとなることだろう。昨年は、サーヴェロP5X(当時は、P6と噂されていた)の登場が空振り終わった台北ショーだったが、今年は、新型のRシリーズがお披露目となるだろう。トライアスロンバイクのブランドも多く出展されているので、2018年以降に向けた「兆し」が垣間見れるかもしれない。また、マイナーメーカーのニッチな製品の裏に、新たなトレンドが見え隠れしているのも、台北ショーの面白いところだ。その他、ホイール、パーツ、用品など注目の製品をレポートしたい。

.

.

「現地から速報でアップ予定!」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

トラMONO in CYCLE MODE 2016

0img_9002

本日は、幕張メッセで恒例のサイクルショー「CYCLE MODE」が開催されました。

国内最大のサイクルショーとなり、トライアスロン系のバイク、その他アイテムも多数出展しています。

主なトライアスロン系ブランドは、ARGON18、CANYON、CUBE、KUOTA、CERVELO、SPECIALIZED、DEROSA、PINALELLO、BOMA、RIDLEY、GARNEAU、LOOK、ROTOR、FULCRUM、PROFILE DESIGN、PIONEER、PEARL IZUMI、VISION、FFWD、FIZI;K、TRP、DARE、SELLE ITALIA、SELLE SMP、XENTIS、TACX、GIRO、SPINERGY、SPEEDPLAY、3T、SIDI、SHIMANO、ZIPP、CORIMA、GLOWTAC、KASK、KABUTO、CAMPAGNOLO、ELITE、AX LIGHTNESS、ISM、EASTON、CERAMICSPEED etc.

業界向けには、ほぼ事前に展示会などでの情報がありますが、展示会に間に合わなかったり、それ以降発表の製品もいくつかあり、幅広く楽しめる内容だと思います。サーヴェロのP5Xは一般公開は初、S5ニューカラーは昨晩到着したばかり、普段お目にかかれないキャニオンとその新型トライアスロンモデル、OGKカブトの新型エアロヘルメット、プロファイルデザインの新型ドリンクシステム(シーポ企画で製作されたヴァイパー用と同じもの)ピナレロ新型ボリデの現物初お披露目、月曜日に発表があったばかりの24本限定のヴェンジヴァイアスDISCのサガンスペシャル、などなど。(^^)/

6日(日)17時まで開催していますので是非行ってみて下さい。http://www.cyclemode.net/

1img_9017

2img_9022dd

3img_9020

4img_9066kk

5img_9072dd

6img_9064kk

7img_9076kk

8img_9080dd

9img_9077

10img_9091

11img_9095dd

12img_9092

13img_9045

14img_9041

15img_9046

16dsc_0064kk

17dsc_0069kk

18img_9005

19img_9011dd

20img_9008

.

.

.

.

「この週末は、MODEへGO!」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

Taipei international cycle show

Taipei international cycle show Report

アジア最大のサイクルショー「タイペイショー」が開催された。すでに、各メーカーからは、発表されたモデルが多いが、「イヤーモデル」としないメーカーは、随時リリースするため、新製品も見ることができる。いずれにせよ、2016年モデルの総ざらいとなるサイクルショーなのだ。

.

Taipei 2016 Topics
.
0IMG_85610IMG_6733ss
             VISION NEW TT & Triathlon Components                                                                                台北 River Side Run
IMG_89880IMG_9181ss
      Taipei international cycle show 速報版(Accessory)                                                 Taipei international cycle show 速報版(Saddle)  .
IMG_8585IMG_9062 (1)
         Taipei international cycle show 速報版(Wheel)                                                    Taipei international cycle show 速報版(DHbar)
IMG_83720IMG_6665ss
          Taipei international cycle show 速報版(Bike)                                                                                     台北Trip
taipeishow

VISION NEW TT & Triathlon Components

0IMG_8561

ヴィジョンのトライアスロンパーツが揃った。すでにリリースされていたモノもあるが、ハイドレーションや新型DHバー、新型ブレーキキャリパーなどを含め、トータルコンポーネントとして提案している。クウォリティは高く、DHバー、ホイール、ハイドレーションなどは今後期待できるアイテムとなっている。新型ハイドレーションのストローは、角度調整ができるようになっているなど、後発としてのアイデアも十分だ。ヴィジョンのDHバーやホイールは、UCIプロチームも多くサポートし、実績があるパーツブランド。アイアンマンワールドチャンピオンシップにおいては、DHバーは使用率第4位、その他、ホイール、サドル、ハイドレーションなどで使用されている。

1IMG_8557

NEW TT & Triathlon Components

2IMG_8519

DHbar, Shifter, Brake Lever, & Hydration

3IMG_8529

Rear Hydration

4IMG_8531

Front Wheel

5IMG_8532

Rear Wheel

6IMG_8524

Crank

7IMG_8520

Brake Caliper

8IMG_8527

Front Derailleur

9IMG_8523

Rear Derailleur

10IMG_8538

DHbar

11IMG_8547

NEW 2017 Vision Hydration System

12IMG_8552

Front Hydration 1

13IMG_8549

Front Hydration 2

.

.

.

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

台北 River Side Run

0IMG_6733

台北市内のランコースをご紹介します。

淡水河のリバーサイドコースで、40kmは走れるようです。コースはフラットで、サイクリングコースも併設してあり、とても走り易くなっています。途中、花畑の景色を楽しんでいると、飛行機がかなり低い高度で頭の上を飛んで行きます。台北市内中心部に滞在していれば、どこからでもそれほど遠くありませんが、できれば台北駅とこの淡水河の間に滞在したほうがベターです。信号が多く、長いところもあるため、河に着くまでに多少時間がかかります。ちなみに気温は、20℃ありましたが、少し前までは、15℃前後と日本と変わらない気温です。ちょうど季節の変わり目と言ったところでしょうか。今回は、ランシャツ&ランパンで気持ち良く走れる気候で、5月くらいまでがベストシーズンとされています。台北は、盆地で、季節の寒暖の気温差が大きく、夏は暑く、冬は寒いようです。

台北に行かれた際には、是非走ってみて下さい。

1IMG_6732

台湾の緯度は、ハワイに近いのです。

2IMG_6734

ランコース、右はサイクリングコース

3IMG_67364IMG_67375IMG_67386IMG_67397IMG_67558IMG_67599IMG_6750

楽しく走れるコースです。

IMG_6743

川沿いには堤防があり、ところどころ出入り口があります。

IMG_6745

台湾は、問題なく青空が広がります。

IMG_6756

レンタルバイクからロードバイクに乗る人まで。

IMG_6763

2時間くらい走るのにちょうど良いですね。

.

.

.

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

Taipei international cycle show 速報版(Accessory)

IMG_8988

タイペイショー初日の現地レポートアクセサリー編です。

IMG_8492

MOA 1

IMG_8493

MOA 2

IMG_8504

MAVIC 1

IMG_8506

MAVIC 2

IMG_8503

MAVIC 3

IMG_8679

LIMAR 1

IMG_8681

LIMAR 2

IMG_8668

.

IMG_8669

.

IMG_8509

MAVIC 4

IMG_8510

MAVIC 5

IMG_8685

SANTINI

IMG_8731

MET 1

IMG_8732

MET 2

IMG_8772

LIV

IMG_8905

VITTORIA

IMG_8990

KASK

IMG_8843

DYS 1

IMG_9073

DYS 2

.

.

.

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka