Journal – IRONMAN “ MONO, RACE & KONA ”

IRONMAN WORLD CHAMPIONSHIP Report

世界最高峰のトライアスロンが「アイアンマン世界選手権」です。その取材を「トライアスロン“モノ”ジャーナリスト」の大塚が、96年から行って、今年で21年目となります。そのレポートを毎回ここで10000枚の画像から厳選してアップしています。アップする内容は、「機材」「大会」についてです。やはり専門の機材については、最新かつ詳細にお知らせしたいですね。世界最速のアイアンマンは誰なのか、大会の模様もお伝えします。そして、2000年から、「トライアスロンJAPAN」「トライアスロンTRIP」「トライアスロンLUMINA」の3誌に渡り、アイアンマンの機材関連の記事を執筆させて頂いています。バイクチェックイン6時間取材、レース当日のプレストラックからのライブ取材など、最新の「生情報」をお伝えしています。こちらも是非ご覧下さい。

 

KONA 2015 Topics
 .

1IMG_26511IMG_3221

.

.

.

.                            CANYON SPEED MAX CF SLX “FRODENO”                                                                              Cannondale SLICE

1IMG_28761IMG_4786改

                                  FELT IA FRD                                                                                                        CUBE AERIUM C:68

0IMG_6513ss1IMG_2949

                                LUMINA No.51                                                                                                        SCOTT PLASMA 5

1IMG_3333改1IMG_2529改

                           LOOK 796 MONOBLADE                                                                                                BLUE TRIAD SL

1IMG_39021IMG_2901改1

                                 DIMOND BIKE                                                                                                         VENTUM ONE

1IMG_38000IMG_3992

                               CULPRIT LEGEND                                                                                        GIANT TRINITY ADVANCED PRO

1IMG_2383改1IMG_8228

                        CANYON SPEED MAX CF SLX                                                                      公式ブログ「アイアンマン世界選手権への挑戦」(最終回)

IMG_8204Tinkoff-Saxo

                        アイアンマンレポート ~若山選手~                                                                  公式ブログ「アイアンマン世界選手権への挑戦」(第4回)

0IMG_6158s24IMG_1257

                              See you next year!                                                                                        Team Y photo in KONA2015

IMG_0609sIMG_7830s

                 2015 IRONMAN WORLD CHAMP 速報版                                                                          TG写真館 ~写ってましたよ~
IMG_3452IMG_3288
              MONO,RACE & KONA ~8th 50photos~                                                                                  ARGON18 119tri+

13IMG_6125IMG_6092

                                    KONA タイム                                                                                      MONO,RACE & KONA ~6th 200photos~

2IMG_6045IMG_5897

                               VIPER/KATANA 試乗                                                                                             ALOHA !なヒトリゴト
 Tinkoff-SaxoTinkoff-Saxo
           公式ブログ「アイアンマン世界選手権への挑戦」(第3回)                                                           公式ブログ「アイアンマン世界選手権への挑戦」連載中
15kona壮行会SJOB-1
                 
                     アイアンマン・ワールドチャンピオンシップ ~直前~                                                                     公式ブログ「アイアンマン世界選手権への挑戦」スタート!

IMG_8991IMG_8699

                   アイアンマン・ワールドチャンピオンシップ ~1ヶ月前~                                                                       アイアンマン・ワールドチャンピオンシップ ~2ヶ月前~
IMG_8369-2
アイアンマン・ワールドチャンピオンシップ ~すべてがここから始まる~

TGmein15kona

Back Number

【KONA2015】 CANYON SPEED MAX CF SLX “ FRODENO ”

0IMG_2655

このバイクは、優勝したJanFrodenoが使用していたプロトタイプ。

キャニオンは、1996年創業のドイツブランド。UCIワールドチームのカチューシャやモビスターというビッグチームをサポートするブランドでもある。通販のみの販売方法をとるなど異色のブランドでもある。商品検査は、CTスキャナで、厳しく行っているなど、独自のスタイルが特徴。ハワイアイアンマンの使用率でも、昨年の24台から、今年は、51台(12位)と一気に伸ばしてきている。そして、2015年は、フロデノにより、ウィナーズバイクとなったことは、最大のトピックスとなる。

そして、今回のモデルは、フルモデルチェンジとなった新型だ。今や当たり前となった、フューエル&ストレージは、初代トレンドのSHIV、2代目トレンドとなるPLASAM5、そしてこのSPEEDMAXは、「プラズマ5型」となる。プラズマ同様、プロファイルとのコラボとなるエアロドリンクシステムを搭載している。DHバーのパッドやハンドルグリップもERGON製など、各社とのコラボが目立つバイクだ。

このプロトタイプは、フロントブレーキが構造が異なっている。市販のブレーキは、カバーで覆われていて全体的に硬くできているが、ブレーキ本体近くは、柔らかくゴムのようになっていて、ブレーキが作動したときに、カバーに当たるのが大前提として、造られていたが、このプロトタイプはカーボンブレード状のカバーが広がるようになっていた。これは、ちょっと微妙な造りだった。ただ、それほど、ヘッド周りの「エアロダイナミクス」を優先させているということなのだ。今や、各社のエアロダイナミクスへのこだわりは徹底したものがある。これは、とても面白い競争であり、今後の開発を楽しみにしたい。

1IMG_2651

トリプルトライアングルが美しい形状のフレームだ。

2IMG_2684K

パッド幅が狭い戦闘的なイメージ。

3IMG_2661

4IMG_26665IMG_2667

DHバー先端のeTAPスイッチとERGONに埋め込んだスイッチ。

6IMG_2653

7IMG_26698IMG_2672

カバーに切れ込みが入っていてコレが動くようになっている。

9IMG_2715

ウィナーズバイクが流行るとは限らないが、Frodeno効果は期待大。

10IMG_2659

今を象徴するブランドで構成されているFrodeno SPECIAL。

11IMG_2664

TRITONEも新型がアッセンブル。

12IMG_2660

Jan Frodeno PROTO

13IMG_2691K

シンプル&シャープなデザインがFrodenoには似合う。

14IMG_2649

キャニオンもシートアングルなどから、トライアスロンへの本参入を伺わせる。以前のBMCのような感じだ。ロードレース界での実績を引っさげて、TTの延長から、「トライアスロン専用」へと進化している。新型モデルがJanFrodenoにより、いきなりアイアンマンでNo.1になったことも、大きな追い風となり、質実剛健のドイツブランドとして、今後シェアもトップ10が予想されるブランドである。

.

.

.

「パーフェクトFRODENOの乗るバイクだ。」

BOSS-N1-S

Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

【KONA2015】 Cannondale SLICE

0IMG_3139

人気アメリカンブランド、アメリカの代表格、キャノンデール。

常に独自技術で話題性の高いキャノンデールはもともとアルミフレームを得意とするメーカーで、その軽量性は群を抜いていた。またMTBではリアサスの量産、片持ちフォークのレフティなど、他のメーカーにはない一歩先を行くブランドとして人気となった。また、カラーリングは特にこだわりがあり、「キャノンデールのカラー」そのものが話題となる。特に難しいとされる「グリーン」を絶妙なデザインとともに人気カラーにするなどオピニオンリーダーでもある。

2008年リリースのカーボントライアスロン、スライスもロングセラーの人気バイクだった。2011年にはHI-MODバージョンも追加、アイアンマンでもクリシーやミリンダによってウィナーズバイクともなった名車。そして、2014年でフルモデルチェンジとなった。現在の「競技志向の高過ぎる」トライアスロンバイクに一石を投じるかのような、新しいコンセプトで登場したのが、このNewスライス。「軽量性と快適性」を重視したコンセプトで、「初めてのロング」に適したバイクと言える。

今回のハワイでは、女子4位、5位に入賞したスライスだ。このモデルは、4位になった、MichelleVesterbyのスペシャルバイクだ。

1IMG_3221

スライスには、Hi-MODとノーマルが存在する。

2IMG_3135

「快適性重視」結果速い>「エアロダイナミクス」か。

3IMG_3149

現存するトライアスロンバイクの中で最もスリムなモデルだろう。

4IMG_3197

ブレーキなどがノーマルなことも扱い易さの一つ。

6IMG_3221K

かつては、ハワイアイアンマンのオフィシャルバイクだったこともある。このスライスで完全復活を目指すキャノンデールだ。エイジ選手、女性選手を中心に使用されることになるだろう。

.
.
.
.
.
.
.

「スライスはロングセラーを目指す!」

BOSS-N1-S

Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

【KONA2015】 FELT IA FRD

0IMG_2886

2013~2015年と3年連続でアイアンマンウィナーズバイクとなるIA。

フェルトは、当初はアメリカ、現在はドイツブランドとして、アイアンマンでも人気のブランドだ。フェルトの顔である、創設者ジム・フェルトの開発力、そして、熱いマインドで造り上げられている。毎年アイアンマンの現場に精力的に関わっている。きっかけがトライアスロンだったこともあり、90年代前半のポーラニュービーフレジャーの活躍などに大きく貢献し、トライアスロンの定番ブランドとなった。サイズなどにもこだわりを持っていて、あえて650Cホイールを多用するなど、トライアスロン界でも独自のスタイルを持っている。

この「IA」は、ずばり、P5、スピードコンセプト、SHIVを意識されたモデルとなっている。エアロダイナミクスとストレージを「強調」したモンスターマシンだ。エアロダイナミクスを高めるためのフレーム形状、ブレーキ他、各部の収まりなど、究極度の高いバイクが出来上がった。トッチューブ前側には流行りのストレージが付く。このストレージは、中味を2つに分けることができるなど、「後発」の良さを出している。後付ではなくトータルデザインされた完成度は他社を抜く。当初はSHIVのようなフューエルシステムもあったが、途中からなくなってしまったのが残念。先述とは異なるが、このIAに関しては、26インチモデルは存在しない。480mmも700Cとなっている。ただ、設計、造りなどから小柄な選手でも可能性はあるモデルだ。それだけポジション設定の自由度も高い。逆にDHバーの高さは低めのため、ポジション出しは慎重に行う必要がある。2016年のアイアンマンで、「4強入り」出来るのか、期待のかかるマシンでもある。

1IMG_2876

ダウンチューブ、シートチューブのボリュームが特徴的。

2IMG_2887

ヘッド周りのボリュームは、今や当たり前となった。

3IMG_2891

FブレーキやDi2ジャンクションは、フェアリングカバーで覆われている。

4IMG_2889

シートチューブは細身の傾向だが、風洞実験の結果として採用している。

5IMG_2894K

ここまで低いシートステーの位置は、他社にはない。

6IMG_2877

今年のアイアンマンでは、Daniela Ryfが使用し優勝となったバイクだ。その前のMirinda Carfraeの2勝もあり、完全にハワイアンバイクとなった。
.
.
.
.
.
.
.

「2016年のコナでは、200台オーバーを狙う!」

BOSS-N1-S

Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

【KONA2015】 CUBE AERIUM C:68

0IMG_0381改2

一台のみ確認された、AERIUM C:68は、AndreasRaelertとともに存在感を放っていた。

キューブは、ドイツブランドで20年以上の歴史を持っている。90年代後半からトライアスロンへの注力もしてきたブランドだ。そして、今回AndreasRaelertにより、2位入賞(バイクラップ16位)のバイクとなっている。このC:68というネーミングは、キューブのカーボンテクノロジーで、68%のカーボン、より少ないレジン比率のテクノロジーで、造り上げられているところから付いている。

このバイクは、AndreasRaelertのために、キューブとスイスサイドがコラボレーションして完成したバイクなのだ。スイスサイドは、50年のフォーミュラワンの経験を生かし、エアロホイールも造っているスイスのブランドだ。そして、Andreas兄弟をサポートするブランドでもあり、今シーズンから実験を繰り返していた。

開発は、AndreasRaelert自身のパフォーマンスの分析から始まった。風速、横風、DHポジション、ブルホーンポジション、ウエア、ハートレート、パワー、速度、コース、様々な条件での観測し、CFDでAndreasRaelertの身体とバイクの空気抵抗について徹底分析されたのだ。その結果、ヘッド周辺と選手の脚で大きな乱流が確認できている。それを踏まえ「KONA AERO PARTS」と称し、AERIUM HPCをベースに、フレームのヘッド周り、ダウンチューブ、シート周りと選手のウエア、ポジションなどを決め、最終的な風洞実験を行った。その結果空気抵抗は、6%以上抑えることができ、ヨー角15度での抵抗を20%以上、抑えることができた。また、今回の実験で使用されたのは、キャニオンSPEEDMAX CF SLX、スコットPLASMA5、フェルトIAだった。

1IMG_4786改

AndreasRaelertのために造られたスペシャルバイクだ。

2IMG_8642改

今後の市販では、マイナーチェンジも予想される造りでもある。

3IMG_8290改

このシルエットが、今後のトレンドに関わることは間違いないだろう。キューブは残念ながら国内での展開はない。

.
.
 
.
.
.

「SPEEDMAX CF SLX vs PLASMA5 vs AERIUM C:68」

BOSS-N1-S

Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

LUMINA No.51

0IMG_6513

ルミナNo.51発売しました。

今月の GERONIMO Otsuka 担当分ご紹介します。

1IMG_6593K

P21~25 cutting

創刊以来連載担当している商品コーナーです。今回は、DHバー、ヘルメット、HRMレシーバーの3点をご紹介しています。

2IMG_6517

3IMG_6519

4IMG_6522

.

5IMG_6603K

P48~55 IRONMAN EXPO +

渾身のジェロニモカウントを交えて、アイアンマンのトレンドを語っています。サーヴェロは本当に強いのか?

6IMG_66277IMG_65278IMG_65289IMG_6532

.

.

.

.

.

.

.

.

.

10IMG_6607K

P56~75 KONA COLLECTION 2016

例年展開している、コナのアイテム紹介の取材でお答えしています。今回は10点のご紹介になります。

12IMG_654413IMG_654313IMG_654314IMG_654615IMG_654916IMG_655217IMG_655418IMG_655519IMG_656020IMG_6562

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

21IMG_6623K

P81~83 Mare Ingenii Tri BIKE CHRONICLE

7ヶ月連載していた、トライアスロンバイクの歴史も今回が最終回となりました。

22IMG_6631

23IMG_6581

.

.

「是非ご覧下さい。」

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

【KONA2015】 SCOTT PLASMA 5

0IMG_2934

アイアンマンバイクの新しいトレンドが網羅されたバイクが、このPLASMA5だ。

スコットは、何と言っても「DHバー」を生み出したメーカーであったことだろう。現在は、オリジナルの生産はしていないが、「トライアスロンカラー」の強いブランドでもあった。2008年には、2004、2006年優勝のNormannStadlerがPLASMA2を使用し、その後、バイクの強い選手をサポートし、そのイメージを築いた。そして、昨年ついにウィナーズバイクとなったのがこのPLASMA5だ。この仕様にあたるのが、カタログ上では、PLASMA PREMIUMやTEAM ISSUEというモデル名となるが、フレームの仕様から呼ばれる名称として、5代目ということで、PLASMA5となっている。PLASMA1はやや丸みを帯びたデザイン、2で現在に繋がる、シャープなデザインとなり、3で完成した。3では、シマノ、東レ、プロファイルが開発に関わっている。4は、現行の5の下位モデルとなるので、3が5の流れを汲んでいることになる。3の専用ステムはプロファイル製だった。

PLASMA5は、ヘッド周りが特徴的となっている。初期型のSHIVやTRINITYに似たようなデザインだ。ただ、決定的な違いは、単なるフェアリングではなく、樹脂で出来たドリンクシステムそのものとなっている。これは、プロファイルと共同開発したものだ。SHIVの内蔵型フューエルシステムに対し、フレーム一体化システムと言える。基本的なところになるが、フレームは、もちろんHMXのハイモジュラス仕様。そして、フレームの各部位によって断面形状を変化させている。これは、人間の動きを含め、気流の特徴を加味し、エアロダイナミクスを高めるコンセプトなのだ。また、プラズマ2からの設計でもある、ホイールにフレームを沿わせる範囲を高めていることなどもエアロダイナミクに繋がっている。その他、ブレーキの納まりなども絶妙、トレンドとなるトップチューブのストレージなど、完成度が高い。特にステムハイトが2種類で、トライアスロン用とタイムトライアル用を用意するあたりは、プラズマ3から大きく進化した。タイムトライアルのコンセプトで始まる設計だが、実際の用途は、「トライアスロン」が大きくなっているからだろう。

そして、この仕様が、各社に影響を与えている、新たなトレンドが生まれようとしているのだ。フロントのフェアリングは、ドリンクシステムも兼ねた設計となっているが、今年のウィナーズバイクのキャニオンSPEEDMAX CF SLXやジャイアントの新型TRINITYなどに採用されている。また、細身のダウンチューブと直線的なデザインは、キューブC:68など、「コピー」に見える。低めのシートステーとボリュームのあるヘッド周りなどは、各社で多用されている。今後、逆行するフェルトIAやスペシャライズドSHIVはどのように対抗してくるのだろうか。

1IMG_2949

PLASMA5は、今のトライアスロンバイクの「代表格」と言える。

2IMG_2933改

DHバー、ドリンクシステムはプロファイル製となっている。

3IMG_2949改22

迫力のあるヘッド周りだ。

4IMG_2939

ドリンクシステムもトータル設計、ホイールとのクリアランスも絶妙。

5IMG_2949改33

このシート周りのデザインも多くなっている。

6IMG_2949改

「バイクの速い選手が乗る」そんなイメージをアピールしている。「スコット×東レ×シマノ」で出来上がるスコットのバイクもやはり逸品だ。
.
.
.
.
.
.
.

「5代目PLASMAはレジェンドになれるか!」

BOSS-N1-S

Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

【KONA2015】 LOOK 796 MONOBLADE

0IMG_3353

MarkAllenも乗ったルックは、フルモデルチェンジとなった。

ルックはフランスのブランドで、ビンディングペダルの生みの親であり、カーボンフレームの老舗だ。1984年のビンディングペダルのリリースから30年、競技用バイク専門のブランドであり、サーベロのようにこだわりのアイテムだけをリリースするトップブランドだ。92年のツールでは、MarkAllenも使用した「KG196」がセンセーショナルにデビュー、翌93年から市販モデルがリリースされた。同年、MarkAllenが使用し、ハワイ5連覇となったモデルだ。その後、2000年には、後に2勝を上げたNormannStadlerがKG386を使用し、初ハワイで3位に入賞している。その後、486、496など、トライアスロン向けのバイクをリリース、そして、2009年のKG196以来と言える、モンスターモデルの596がリリースされた。実は、この96系がトライアスロンモデルなのだ。KG196の後、296や396もデビューしているのだが、TT志向だったため、当時は、KG286でやや翼断面のフレームがリリース、その後の386にバトンされて「86系」がトライアスロンとして使用されたいた。その後は、また96系に戻り、2006年の496そして、2009年の596へ、また廉価モデルとして576も造られた。2009年では、596、496、576と3モデルのトライアスロンフレームがラインナップされていた。

そして、今回フルモデルとなった796がハワイでも1台確認することができた。プロカテゴリーのDenisChevrotが使用していた。これも「兆し」を見せるデザインとなっている。直線系のシンプルなデザインながら、ヘッド周りは十分なボリュームがある。低いシートステーは、スタンダードとなった。ハンドル周りも専用となり、ケーブルは完全内蔵となった。ブレーキは、695や795のAEROLIGHTで採用されているフォーク一体型となっている。また、以前のアルゴン18のようにハンドルは、上下反転させてライズを30mm変更できる。アームレストは、140mmの高さ調整が可能となっている。シート周りも前作の596のISPを変更し、サーベロ型になったため扱い易くなった。クランクもオリジナルZED3が標準装備で、トータルエアロダイナミクスを追及している。そして、価格は税抜100万で受注生産のスペシャルモデルだ。

1IMG_3333改

シートアングル自体は76.5°のためあまり前乗りには見えない。

0IMG_3347改

MONOBLADEにふさわしいデザイン。

3IMG_3345改

インテグレーテッドブレーキは絶妙な収まりとなっている。

4IMG_3343

クランクのトータルデザインは、いち早く採用しているメーカーの一つ。

5IMG_3351

DenisChevrot選手、残念ながら今回はDNF。

6IMG_3355

シート周りはシンプルに美しく仕上げている。

5IMG_3333改2

さすがと言えるルックにクウォリティは、逸品中の逸品だ。細部に渡るまで、こだわりの仕上がりとなっている。この後もルックのトライアスロン強化に期待したい。
.
.
.
.
.
.
.

「フューエル&ストレージへの注力に期待したい。」

BOSS-N1-S

Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

【KONA2015】 BLUE TRIAD SL

0IMG_2543改

隠れたアイアンマンバイクで、現在の「兆し」を網羅したバイクだった。

このバイクがデビューしたのは、2010年だった。2009年にAndreasRaelertが使用し3位になったブルー。その翌年このモデルがリリースされ、同選手が使用し2位となったモデルだ。このモデルは、ルック型のヘッド周りに、サーベロ型シート周り、TM01より早く、低いシートステー、ハンドルセットとヘッドの収まりは、P5の原型とも言える仕上がりだった。当時は、ポジション出しなどその「調整」がしずらい造りと思われていたが、今では特別とは言えなくなった。それよりも「ステム下」のエアロダイナミクス上、シンプル化を提唱するブランドさえある。随所にその「こだわり」がいち早く具現化されていたのだ。2012年でピークとなり、その後はやや低迷している。ただ、メーカーもしっかりアイアンマンへの注力をしていて、先進性のあるメーカーだけに次のモデルが楽しみでもある。

1IMG_2529改

よく「似た」バイクのシルエットだが、独自路線の先行デザインだった。

2IMG_2535

ルック型ヘッド周りとハンドル&スペーサーの納まりはP5の原型か。

3IMG_2544

ハンドルも一体型オリジナルとしては早かった。

4IMG_2532

硬そうに見えるが、乗り味の良いフレームでもある。

5IMG_2540

5年経ったが、色褪せない設計となっている。

6IMG_2537

BMC TM01のような低めのシートステー位置。

7IMG_2547

シート周りはサーベロ型となっていた。

8IMG_2529改2

ブルーの5年先を見据えた新たな提案が、どのようなトライアスロンバイクを生み出すのだろうか。ブルーもまた期待が大きいブランドなのだ。
.
.
.
.
.
.
.

「ブレーキ処理やフューエルなど課題のクリアに期待したい。」

BOSS-N1-S

Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

【KONA2015】 DIMOND BIKE

0IMG_3921

今回のアイアンマンで注目の一台と言えるトライアスロンバイクだ。

ダイモンドは、90年代に人気となった「ジップ型」のビームバイクだ。2008年から構想がスタートし、昨年が実質のハワイデビューとなっている。構想の基本は、やはり「ZIPP2001」から始まっていて、その「エアロダイナミクス」の高さは、今でも活きると考えていた。そのジップのウィークポントを改善し、出来上がったのが、この「DIMOND BIKE」なのだ。当時のジップはビーム内部にエラストマーを使った「ショクアブソーバー」が装備されていた。これにより高い「快適性」を得ることができらが、そのショック吸収が大き過ぎて、上下動が激しかった。乗っているときよりも、見ていると腰が上下に弾んでしまっていることが確認できる。また、「可動」は、故障の原因になりやすいが、やはり、ビーム内部のショック吸収システムのトラブルも発生していたのだ。以前の「ZIPP2001」「ZIPP3001」や「SOFTRIDE」はダイレクトにビームが動いたが、このバイクはそのダイレクト性は狙っていない。乗車フィーリングとしては、「硬め」と答える人もいるくらいだ。良いか、悪いかは分からない。その硬さが調整できると今求めている「快適性」に繋がるのだろう。

1IMG_3902

一見してわかる「ビーム」バイク。

2IMG_3936

ハンドルセットはP5の「3T」がセットされていた。

3IMG_3919

流麗なデザインでエアロダイナミクスを高めている。

4IMG_3924

5IMG_39406IMG_3944

フロントブレーキのカバーはマグネットで固定される。

7IMG_3930

ZIPPホイールとのマッチングが良い。

8IMG_3914

シートチューブレス構造の復活となるのか。

9IMG_3938

シートピラーの固定はスタンダード。

10IMG_3935

今後、エアロダイナミクスと快適性を期待できるバイクだ。

11IMG_3902改

ダイモンドは、まさに「温故知新」のバイクだ。このような特異形状のバイクをリリースすることは、ヴェンタム同様に簡単ではないが、「エアロダイナミクス×快適性」を追求する中で、極めて注目の一台なのだ。来年のハワイで最も注目すべき「キワモノ」バイクと言えるのだ。

.

.

「現行トライアスロンでは11位だった。来年はトップ10入りも期待できる!」

BOSS-N1-S

Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka