Journal – IRONMAN World Championship

世界最高峰のトライアスロンが「アイアンマン世界選手権」です。その取材を「トライアスロン“モノ”ジャーナリスト」の大塚が、96年から行って、今年で21年目となります。そのレポートを毎回ここで10000枚の画像から厳選してアップしています。アップする内容は、「機材」「大会」についてです。やはり専門の機材については、最新かつ詳細にお知らせしたいですね。世界最速のアイアンマンは誰なのか、大会の模様もお伝えします。そして、2000年から、「トライアスロンJAPAN」「トライアスロンTRIP」「トライアスロンLUMINA」の3誌に渡り、アイアンマンの機材関連の記事を執筆させて頂いています。バイクチェックイン6時間取材、レース当日のプレストラックからのライブ取材など、最新の「生情報」をお伝えしています。こちらも是非ご覧下さい。

.

Number
.
St.George 2021
KONA 2020 Cancelled
KONA 2019
KONA 2018
KONA 2017
KONA 2016
IMG_0453ss
KONA 2015
IMG_9068-2
KONA 2014
IMG_7525
KONA 2013
1IMG_6726
KONA 2012
IMG_4104
KONA 2011
マッカフィニッシュ
KONA 2010

St.George 2021

■Contents

GERONIMO COUNT

Race Report

IM Big Saturday   “ Race Result ”

IM Friday   ~ Bike “ Smile ” Check in ~

IM Thursday

IM Wednesday

【取材予定】IRONMAN WORLD CHAMPIONSHIP “ St. George 2021 ”

GERONIMO COUNT
Race Report
IM Big Saturday   “ Race Result ”
IM Friday ~ Bike “ Smile ” Check in ~
IM Thursday
IM Wednesday
【取材予定】IRONMAN WORLD CHAMPIONSHIP “ St. George 2021 ”(Photo by Donald Miralle for IRONMAN)

IRONMAN WORLD CHAMPIONSHIP 2021 “ GERONIMO COUNT ”

先月開催されたIRONMAN WORLD CHAMPIONSHIP 2021のバイクカウントは以下の通りだった。

予想通りのサーヴェロ1位だが、更にシェアを伸ばし、2019年コナでの20.11%を上回っている。トレックは新型も多く使用され、やはり使用率を伸ばしている。そして、フェルト、スペシャライズド、キャニオンの「第3グループ」は、2019年と同じランキングとなったが、僅差の三つ巴となっている。6位のQRまでが「アイアンマン6大ブランド」と言えるだろう。

今回は、単純にコナと比較が出来ない。台数は約3000台、世界選手権であるが、元々ローカルの格上げ開催でもあり、選手層が多少異なる。ロードバイクも多ければ、DHバー非装着のバイクも多く確認されている。そして、2/3はアメリカ勢となり、「全米選手権」に近い状態でもあった。逆に、本場アメリカでの「人気ランキング」となっている。

ここでは、使用台数のみのレポートとなる。

順位 ブランド 使用台数 使用率
1 cervelo 654 22.44%
2 TREK 350 12.01%
3 FELT 269 9.23%
4 SPECIALIZED 266 9.13%
5 CANYON 263 9.03%
6 QR 236 8.10%
7 ARGON18 134 4.60%
8 BMC 99 3.40%
9 GIANT(CADEX/Liv) 87 2.99%
10 cannondale 70 2.40%
11 SCOTT 64 2.20%
12 VEMTUM 41 1.41%
13 DIMOND 35 1.20%
14 ORBEA 31 1.06%
15 PINARELLO 29 1.00%
16 FUJI 28 0.96%
17 ceepo 18 0.62%
18 CUBE 17 0.58%
19 PARLEE 15 0.51%
19 KESTREL 15 0.51%
21 DIAMOND BACK 13 0.45%
22 LOOK 12 0.41%
23 FEZZARI 10 0.34%
23 blue 10 0.34%
25 BH 9 0.31%
26 PREMIER 8 0.27%
26 FACTOR 8 0.27%
28 wilier 6 0.21%
28 GURU 6 0.21%
28 COLNAGO 6 0.21%
31 KUOTA 5 0.17%
31 KUCYCLE 5 0.17%
33 RIDLEY 4 0.14%
33 RALEIGH 4 0.14%
33 FOCUS 4 0.14%
36 tririg 3 0.10%
36 STORCK 3 0.10%
36 RIBBLE 3 0.10%
36 MERIDA 3 0.10%
36 LITESPEED 3 0.10%
36 LAPIERRE 3 0.10%
36 GARNEAU 3 0.10%
36 BOARDMAN 3 0.10%
36 A2 3 0.10%
45 velovie 2 0.07%
45 simplon 2 0.07%
45 LEMOND 2 0.07%
45 JAMIS 2 0.07%
45 CABAL 2 0.07%
45 BIANCHI 2 0.07%
45 AVENGER 2 0.07%
52 VOSS 1 0.03%
52 3T 1 0.03%
52 TOMASSO 1 0.03%
52 TOKEN 1 0.03%
52 STRADALLI 1 0.03%
52 STEVENS 1 0.03%
52 SEROTTA 1 0.03%
52 RACE XTRACT 1 0.03%
52 PRICE 1 0.03%
52 PLANET X 1 0.03%
52 O”RKA 1 0.03%
52 NO22 1 0.03%
52 NINER 1 0.03%
52 METTA 1 0.03%
52 MERCURY 1 0.03%
52 MASI 1 0.03%
52 LYNSKEY 1 0.03%
52 KINESIS 1 0.03%
52 GUNNAR 1 0.03%
52 GENIUS 1 0.03%
52 DEROSA 1 0.03%
52 DEAN 1 0.03%
52 CUCUMA 1 0.03%
52 CINELLI 1 0.03%
52 BOTTECCHIA 1 0.03%
52 AQUILA 1 0.03%
52 AIRSTREEEM 1 0.03%
H.C 3 0.10%
ブランド不明 12 0.41%
78 合計 2914 100.00%

その他のレポート:http://triathlon-geronimo.com/?p=38943

 

 

「コナではどうなるのか!?」

BOSS-N1-S

Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

IRONMAN WORLD CHAMPIONSHIP 2021 Report

5/7(土)米国ユタ州セントジョージで「IRONMAN WORLD CHAMPIONSHIP 2021」が開催された。

今回、この大会には大きく2つの意味があるだろう。一つはIRONMANトライアスリートの最速を決める伝統ある世界最高峰の開催であること。そして、もう一つは、コロナ禍の中で、2019年で止まっていた同大会の選手権の再開にある。また、フルディスタンスのIRONMANの本格的な再開も含まれるだろう。

前者は、毎年10月のKONAで開催されていた大会で、2018年で40周年となっていた。ロングのトライアスロンとして、最高峰であり、憧れの大会で、出場権を得ることは極めて難関となるステイタスの高い大会だ。そして、後者は、2022年の開催される「2021年の大会」として開催に漕ぎ着けたことにある。本来であれば7か月前の2021年10月に開催予定だったのだが、2022年2月に順延、そして、この5月に更に順延し、無事開催となった。KONAでは2400名を超える多くの選手と観戦者が集まる大会であり、世界各地からも参加となるため、予定通り開催することはできなかった。もちろん、完全にコロナ前に戻ったわけではない。会場、タイミング、運営など、今できるカタチとして今回のIRONMAN世界選手権が開催されたのだ。

毎回ハワイ語で表記されているテーマ、今年は「KUMUKAHI」だった。英訳は「A NEW BIGINNING」としている。KUMUKAHIはハワイ島にある地名で、ハワイ島の最東端であり、ハワイ州全体の最東端でもある場所から、最初に陽が昇る場所とされている。前述したが、このコロナ禍から新たに始めようという意味が込められている。

A NEW BEGINNING

As the sun rises in the east we are reminded of the Hawaiian word kumukahi – ” A New Beginning “, carries us into the Land of Endurance. No matter where we are in the world, each new day provides the possibility for optimism and excitement as we reflect on our past and acknowledge the value of all we have learned. Along our journey we are awakened to na makana (the gift), which inspires hope.(抜粋)

やはり、IRONMANはKONAが聖地だった。

■St.George

会場となったセントジョージは、元々フルのIRONMANが開催されていた場所であり、昨年9月にはIRONMAN70.3世界選手権も行われた場所だ。アメリカとしては、西部に位置するユタ州であり、州の中では南西、ラスベガスも近く、どちらかと言えば西海岸寄りと言える場所だ。砂漠地帯で昼間と夜の寒暖差が大きいが、湿度は低く、天候も安定してる。開催時期は最高気温は真夏で、最低気温は5月の日本より低い。また、良く紹介される赤くそびえ立つ岩が象徴的なセントジョージで、映画のワンシーンを彷彿させるダイナミックなロケーションはまさに「アメリカ西部」という感じだ。そんな地形もあり、コースはアップダウンしかないチャレンジングなコースと風景は「世界選手権」に相応しい舞台と言えるだろう。

■Qualify

今回の世界選手権は2021年としているが、それまでにクウォリファイしていた選手はセントジョージとコナを選択することが出来た。コナを選んだ選手が多かったようだ。コロナ禍でのタイミングもあり、刻々と様々な規制が緩和されていることも、先延ばしが無難と考えた選手が多かった。今回の日本人エントリーは18名で少なかったが、やはり、日本から直行便で行けるコナは移動時間も短く、傾向は偏った。ただ、レース会場としてのセントジョージは世界選手権として申し分のない素晴らしい舞台だった。

■Race Topix

まずは、過去最大のIRONMAN WORLD CHAMPIONSHIP であるということだろう。エントリーは3700名を超えていた。もちろん今回の事情もある。元々ローカルレースを急遽「世界選手権」に格上げとなっていることやロケーションとコロナ禍事情から2/3はアメリカ人であるということだ。その前提を踏まえておく必要はあるが、その規模で世界選手権が開催されたのも事実だ。ファーストアイアンマンからSUB10まで幅広い選手層となるが、絶対数が多いため、トップエイジのバトルも激しかった。

そして、Kristian Blunnenfeltの走りは本物なのだろうか、Daniela Ryfの復活はあるのか、競技としての注目は高かった。すでに結果は周知の通りだが、Blunnenfeltは、昨今の強者とは少し違った勝ち方をしている。「パーフェクト」と言える今回怪我で欠場のJan Frodeno(KONA3勝)は、過去最強にバランスが取れた選手だ。Frodenoは常にトップグループでコントロールできる各種目の総合力が高かったが、Blunnenfeltはスイム、バイクも上位には出ない。もちろん、顔ぶれにより、展開は変わるが、バイクの切れは感じなかった。同時に感じたのはランでの自信が半端ではないということだった。一昔前の「得意技」という戦略で、バイクのビハインド10分は射程距離と想定していたのだろう。そして、ランでの猛追は凄かった。確実に優勝を思わせる力強い走りは誰もがそう思ったことだろう。

Ryfのゴールは「狂喜乱舞」だった。今までクールなイメージが強かったRyfだが、ランでの表情は正に鬼気迫るものがあった。2018年の優勝を最後に勝てていなかった。今回メンバーから見ると力をつけていたLucy Charles-Barclayは怪我で欠場のため、自滅しなければ勝てる「本命」であったことは間違いないが、アイアンマンでは何が起こるか分からない。スイム4位で上がり、その後バイクを1/3走ったところでトップに出た。その後はRyfの世界。もう勝てないのではないか、終わったと、言った人たちにぶつけるように掌を広げ「5勝」アピールした。とても苦しかった2年半を自らの力で打破した瞬間だった。

ちなみに、プロの賞金総額は$350,000で、15位までが対象、優勝者には$125,000(≒¥16,250,000)が支払われる。

■Future

今回、Blunnenfeltは、1年以内にオリンピックとアイアンマンの頂点を極めた。これはトライアスロンの歴史に残る偉業でもある。同時に「両立」できることを証明した。正に今の言葉を使えば「二刀流」であるが、他の選手も簡単に真似ができるわけではないだろう。ただ、可能性があることを示したのだ。昨今のサクセスストーリーとして、オリンピック選手のアイアンマンの活躍が当たり前のものとなった。その点では、Blunnenfeltのようにオリンピック選手が明日のアイアンマンという繋がりが見えてきたことに興奮を憶える。今まで「別世界」だと思われていた2つのトライアスロンは、10代後半から40歳までの20年以上にかけて競われる、選手生命の長い種目となっていくのではないだろうか。

■Bike Count

バイクや機材の動向はどうなっているのだろうか。まずは基本情報としてバイクブランド別の使用率が気になるところだ。2019年まではサーヴェロがその地位を不動のものとして来たが、変化はあったのだろうか。また、単にブランド別ではなく、ディスクブレーキ仕様となった「新型」の台数こそが正に「今の人気」と言える。

また、トップ選手による新型の投入もエキサイティングそのものだ。カデックスのTT(Blunnenfelt)やBMCのSpeedmachine(Nilsson)などは、このセントジョージに合わせ発表となっている。また、RyfやCurrieが使用するフェルトのIAも1年近く前から画像情報はあったが、ようやく現物を確認することが出来た。そして、すでに市販ベースとなっているバイクとしては、新型の中でも新しいトレックSpeedconceptなど、プロからエイジまで多く使用されていた。

この2年間コロナ禍により、レースが中止や減ってしまったため、メーカーとしては開発の先延ばしやデリバリーの遅れがあった。選手側としては、レースに出る機会が減ったり、モチベーションの低下により「機材導入」なども活発だったとは言えない状況があった。ただ、その風潮は脱したと言っても良いだろう。コロナ前と同じとは言えないが、コロナ禍を理由にする段階は終わっていると考えている。ローンチやデリバリーが遅れているメーカーも不利とはなるが、それを大きな原因とすることは違うと思う。(後日GERONIMO COUNTにて)

■Race

今回も熱い闘いが繰り広げられた。ベテランのクレバーな走りと若手の可能性が光った。アイアンマン屈指の難コースで開催された世界選手権は、サバイバルの様相となり、プロ男子の完走率が軒並み低いことに驚かされた。また、アイアンマンは聖地ハワイを基本としていること、10月のKONAはやはり特別なレースであり、アイアンマン70.3とは画している。以下、レースリキャップとなる。

【ROKA – Swim】~ Reservoir ~ 風がなければフラットコース

スイム会場となるのは、セントジョージのメイン会場から東部に位置するサンドホロー湖で車で30分程度離れている。サンドホロー州立公園の中にある貯水池で、風がなければフラットで泳ぎやすいが、水温が15℃程度と低い場合がある。風は昼前後から吹くことが多いようだが、朝から強い風が吹いていることもあり、タイミングによってはスイムにも苦しめられるようだ。

スタートは、6:15のプロ男子スタートから最終は8:06のエイジ女子45-49までの21ウェーブとなり2時間近くかけてのスタートとなる。間隔は一律ではなく、2分から9分までコントロールされている。ちなみにプロの次は、PC/HCとなり、エイジのトップスタートは、男子の40-44となっている。

今回のスイムコンディションはチョッピーな水面で、やや泳ぎづらかったようだ。また、公式には水温17℃となっているのだが、実際にはもっと低いと感じる選手が多かったようだ。

≪Daniel Baekkegardが引っ張ったスイム≫

まず男子はBraden Currieが先頭に出るが、10分程度で下がり、その後はDaniel Baekkegardが最後まで6名のトップグループを先導していた。ただ、最後はSam Laidlowがほぼ同時ながらトップタイムとなっている。優勝のKristian Blunnenfeltは8位でタイムは49:40、これはエイジより遅く、OD選手としては意外とも思えるタイムだが、トップとの差は2分強で、射手距離なのだろう。また、トランジットでは、再び順位が変わり、Baekkegardがトップでバイクスタートを切った。

≪ダントツだったHaley Chura≫

女子は、終始Haley Churaがトップに、Fenella LangridgeとLisa Nordenが続き、3名のトップグループとなるが、Churaは別格の泳ぎを見せ、2位に2分近くの大差をつけフィニッシュしている。優勝のDaniela Ryfは4位でフィニッシュ、54:42で、トップから4分以上、空けられているが、やはり、顔ぶれからは問題のないポジションで終えている。スイムのアドバンテージのまま、Churaがバイクスタートしている。

制限時間:2時間20分

女王の復活なるか
ノルウェートライアスロンの強さとは
23年引退、有終の美を飾れるか

中央にいる濃いグリーンのキャップがKristian Blummenfelt。

【Bike】~ Hilly ~ キャニオンを見ながら走るダイナミックなアップダウンコース

バイクコースはフィニッシュ地点となるメイン会場を中心に東のスイム会場から北西の山岳コースで「Hilly」と表現されている。スイム会場周辺もアップダウンとなり、全体を通し、ハードなコース設定となる。メイン会場から最も離れた120km地点は最大の難所と言える上りが選手を苦しめる。以前のコース設定ではその坂を2周回となっていたそうだ。セントジョージはアイアンマン屈指の難コースと言えるかもしれない。そして、昼間の気温は35℃を超えることもあるが、唯一湿度の低さに助けられる。

路面状況は、試走時の確認では一部を除き概ね悪くないだろう。ただ、道幅も狭いわけではないが、選手が重なった場合、密集状態となるため、注意が必要となる。バイクコース終盤では「SNOW CANYON」周辺を2周回(MAPの中央)となり、プロとエイジが混在して走るエリアでもある。

今回のコースは、コナのように完全規制ではなく、ハイウェイは片側を使って走行し、それ以外のコースは概ね規制されている。特にスイム会場周辺では厳しく規制されている。バイクのコンディションは、悪くなかったようだ。一部では強い風が吹いていたようだが、時間帯によっても変わってしまう。ただし、遅くスタートした選手ほど風が強くなる傾向があった。計測では風速は5m以下となっていたが、選手によって感じ方が違っていた。また、上りでは、プロでもDHポジションを取らない、取れないコースも多く、特に女子はベースバーを持つ選手が目立っていた。そして、前日から気温が高くなっていて、バイク時から日焼けなどからの疲労が始まっていた。

≪チームのように5選手で逃げた≫

男子は、スタート数分でBraden Currieがトップに出ているが、その後、5名で先頭集団を形成し先行している。ローテーションするようにトップが入れ替わりながら、後続の引き離しに入った。特にCurrieはポジションを大きく変え、集団をコントロールしているようだ。同じニュージーランドのKyle Smithと話しながら走っている。40km付近からハイウェイに入ったが、アップダウンでペースが上がらない。やはりベースバーを持って走っている選手が確認できる。60kmを過ぎてもKristian BlunnenfeltやLionel Sandersの姿を見ることはできない。スイムで先行した5選手でこのまま行ってしまうのだろうか。80kmを過ぎたが変化なし。115km地点トップ通過はFlorian Angertだが、変わらず5名のトップグループとなっている。125km地点の最大の難所でも5名揃って、ほぼ「集団走行」状態。第2集団を引っ張るのは、Cameron Wurf、続いてKristian Hogenhaug、そして、Blunnenfeltの3名で約5分弱のタイム差となっている。バイクの間に追いつけるのだろうか。150km地点でも変化はないが、Blunnenfeltらは20秒以上遅れている。先頭集団も後続選手のランを考えると少しでも離しておきたい。160kmを超えてSnow Canyonに入った。ちなみにSnow Canyonは州立公園のため、車の通行は$15かかってしまう。観光名所でもあり、途中途中にパーキングが設置されている。このロケーションこそが象徴的なセントジョージのバイクコースだが、7~10%の上り坂で、バイク終盤に迎える最後の難所となる。特に後半は9~10%が続き、さすがにトップ選手も身体を起こし、ベースバーを持ち、最後の坂を力走している。そして、Snow Canyonを上り切ると一気にダウンヒルでゴールとなる。結局最後まで5選手で逃げ切ったが10分は離せなかった。Smithを先頭にランスタートとなった。その後、本命のBlunnenfelt含む第2パックがバイクフィニッシュとなった。差は4分18秒。Currieは逃げ切れるのか、Blunnenfeltは追いつけるのか。

≪Ryfの一人旅≫

女子は、スイムトップのHaley Churaでスタートしているが25km程度でLisa Nordenに捕まっている。そして、Daniela Ryf が徐々に追い上げている。40km地点では、Kat Matthewsを先頭にRyf、スイムから先行しているNorden、Skye Moenchの4名がトップグループとなっている。この4名で行くのか、Anne Haugは上がってくるのか、まだまだ分からない。Ryfがトップに出たのは60km地点だが、すぐ後にMatthewsら他の選手も続いている。すでにペースを上げていたRyfは、2位Matthewsに50秒の差をつけて100km地点を通過している。3位Nordenは3分近い遅れとなり、すでにパックは解消、Ryfの独走となっている。125km地点でも変わらずRyfの独走、2位Matthewsは更に離され、2分半のビハインドとなっている。その後もRyfの独走は続き、最後の難所Snow Canyonに入った。すでにSnow Canyonは抜けたが、2位のMatthewsはまだ坂の途中だ。Ryfは、十分なリードを保っている。残りはダウンヒル、7%の坂を50km以上で下って行く。前を見て、下を見て、交互に繰り返しながら独走が続く。後続との差は6分半以上ある。そして、4:37:46、トップでバイクを終え、5度目の優勝を賭けたランをスタートしたのだった。

制限時間:スタート後、10時間30分

僅か1秒ながらスイムはトップタイムのSam Laidlow
スイムでは積極的に引いたDaniel Baekkegard
先頭集団をコントロールし、その存在感が大きかったBraden Currie
各種目で安定した走りを見せるFlorian Angert

話題のCADEX TTに乗る最注目選手Kristian Blummenfelt
KONAバイクレコードを持つ最強チームENEOSのCameron Wurf
2014年王者の復活なるかSebastian Kienle
猛追するその目はタフさNo.1の人気選手Lionel Sanders
BMCプロトタイプTTに乗るPatrik Nilsson

安定感のあるKat Matthews
Daniela Ryfも快調に走っているが、無理にペースは上げない

前回19年覇者、Anne Haugはラン勝負

スイムトップのHaley Churaは遅れ出している

【HOKA – Run】~ Hilly ~ 閑静な住宅街を抜けるアップダウンコース

ランコースもタフなアップダウンとなる。まずはランスタート後4km付近までは上り10km付近まで下り、同じコースを折り返す。したがって、6km上り、4km下るコースを2周回するハードなコースでフラットはほとんどない。日陰はほとんどなく、サバイバルの様相となる。ランの本当の力を試される難コースのため、バイク同様に想定したトレーニングが必要になるだろう。

≪ショートを走るかのようなBlunnenfeltのランは誰も止められない≫

男子は、Kyle Smithが先頭でスタートした。ここまで5名で走ってきたが、ここからが勝負だ。陽射しも強くなり、過酷なランとなった。程なくしてBraden Currieが2位に上がっている。ランスタートして15分、前を走るSmithは同じニュージランドの選手だけにやりやすさもやりずらさもあるだろう。いずれにしてももう見えている。ランスタート後22分が過ぎ、ついにCurrieはトップを捕らえた。タッチをして抜いて行く。その差は徐々に広がり、Currieは独走状態に入った。1周目を折り返し、Kristian Blummenfeltが差を縮め始めている。スタート時より1分近く詰まっている。4位まで上がっていたBlunnenfeltは、18km付近で、2位3位を一気に抜き、ついにトップを追いかけることになった。やはりBlunnenfeltのランは速い。ビハインドは3分、残りの距離は半分以上ある。どうなるCurrie。2周目に入ったが、トップはCurrieがキープしている。ただ、Blunnenfeltが更にその差を縮めている。25km地点でのタイム差は1分14秒でロックオン、そして、視界に入っている。その頃、Lionel Sandersも淡々と刻み、4位まで上がって来ていた。そして、23km付近で3位を走るSam Laidlowを捕え、ついに3位となった。27km付近、Blunnenfeltは、Currieの背後に迫っていた。そして、並ぶことなく、一気に抜き去った。何度か後を見て、付いて来れないCurrieを確認している。圧倒的な力を見せつけ、差を広げて行く。30.5km地点で40秒差となっている。3位のSandersとは4:34の差があった。35kmを通過したBlunnenfeltは全く衰えることなく、快走を見せている。もう誰も止めることはできないだろう。2位のCurrieも頑張っているが、ペースは落ちている。Blunnenfeltは37km付近、最後の上りも間も無く終わろうとしている。上りが終わればあと5kmと少し。もうウィニングランと言っても良いだろう。2位Currieとの差は4分に広がっていた。そして、Sandersの猛追は続いている。Currieとの差は1:30程度になっている。Currieは逃げ切れるのか。残り3.5km Currieは2位だ。Blunnenfeltはゴール手前の折り返しに入っていた。時計を気にしている。コースレコードを確認しているのだろう。Blunnenfeltが1kmを切った頃、もう一つのドラマが始まっていた。SandersがCurrieに迫っていた。すでに野獣Sandersの目には「獲物」が見えている。残り300m、Blunnenfeltは人差し指を立て、自分が1番であることをアピールした。笑顔となり、メインの花道より手前から沿道の観客にハイタッチをしながら最後のランを味わっている。両手を広げ、ガッツポーズをし、観客にハイタッチ、そして、また、後ろを向いてガッツポーズ。至福の瞬間を楽しんでいるBlunnenfelt。フィニッシュラインは両手でテープを掴み上げ、雄叫び、その後、テープを投げつけるパフォーマンスに沸いた。

7:49:16 初IRONMAN WORLD CHAMPIONSHIPをコースレコードで飾った。Blunnenfelt、そして、ノルウェートライアスロンの強さを目の当たりにした。

その後、ラスト500m、最後のドラマがあった。Sandersは、Currieを完全に捕えていた。ゴールのオーロラビジョンでも映し出され、2位と3位のバトルに釘付けとなっていた。ここまでこのレースを引っ張ってきたCurrieと4月の70.3OCEANSIDEで見せたサイドバイサイドの競り合いを制したSandersの姿が思い出された。ラスト400mでSandersは2位に上がった。何度も振り返るが、Currieにはもう力が残っていなかった。大逆転のSanders、惜しくも3位となったCurrieに惜しみのない拍手が感動のゴールエリアとなった。

≪拮抗するランもバイクのアドバンテージでRyfが決めた≫

女子は、Ryfの圧勝となるのか、約7分遅れでスタートしたMatthewsはどこまで迫ることができるのか。そして、前回19年の覇者Haugの猛追なるか。まだまだ分からない。約15分遅れでHaugがランスタートした。15分差は厳しいが、まだ諦めていない。Ryfの独走は続く。9km付近ではバイザーを前後逆に被り直し、気合を入れたのだろうか。2位Matthewsとの差を8分以上に広げているが、4位のHaugはその差を縮め始めている。その後もRyfの独走は続き間も無く2周目に入る。エイドでは水を多く飲み、身体にもかけている。厳しい暑さの中での乱は、Ryfも辛い。エイドではRyfに水を渡すことが出来た女性ボランティアが喜んでいる。多くの人たちに支えられる中、熱いレースが続いている。女子2位を走るMatthewsもRyfとほぼ同じペースで快走を見せているが、差が縮まらない。Ryfは26km付近を走っているがペースは安定している。その後も状況は変わらずRyfはトップをキープ、間も無くラスト5km地点を通過する。Haugも猛追で3位まで上がっているが、トップとの差は大きい。Ryfは5kmを切った。2位Matthewsのビハインドは8分以上、Ryfもウィニングランに入った。最後の折り返しに入った。笑顔も見える。そして、ハイタッチをしながら最後のコーナーを曲がり、花道に入った。ガッツポーズと雄叫びを何度も繰り返しながら、テープを切った。

8:34:59 復活のゴール、そして、5回目の優勝となった。苦しかった2年7ヶ月からの喜びが爆発した。普段は見せない「狂喜乱舞」に会場は大歓声に包まれた。

制限時間:スタート後、17時間

Braden Currieがトップをキープしている
レースを引っ張って来たBraden Currie
Kristian Blummenfeltが迫っている
Kristian Blummenfeltは、まるでショートを走るかのよう

野獣Lionel Sanders の存在感は大きかった

逃げるBraden Currie

追うKristian Blummenfelt
安定した走りを見せるDaniela Ryf
Daniela Ryfは確信した
Kat Matthewsのブレないラン

初の世界選手権で優勝を飾ったKristian Blummenfelt

Sandersが泣いた!
大健闘のCurrieは出し切った。
SandersがCurrieを迎える。

3年7ヶ月ぶりの優勝は5回目の快挙!

スタンド裏で撮ったワンショット。メダルを持って一般選手のように笑顔で応えてくれた。まだ27歳と若いだけにこれからの活躍が楽しみなBlummenfeltチャンプだ。

2021年を締め括ることが出来た。今回のようにブランクが空き、変則的なレースとなり、各選手も調整が大変だったと思う。ただ、怪我での欠場も目立ったが、スタートラインに立つことが出来なければ何も言えない。最後に結果を出した選手こそが本物だ。Blummenfeltは凄い選手だった。

そして、アイアンマンは競技時間が長く、本当に「命」を削っているかのようだ。最高の走りを見せてくれた選手たちに敬意表したい。

長かったトンネルを抜けたIRONMAN WORLD CHAMPIONSHIP。やはり、最高の舞台だった。スピードアイアンマンとなったこのレースは、今後どのように進化していくのだろう。また、すでに4ヶ月後に迫った「2022」にどう繋がって行くのだろう。最前線でその事実を伝え続けたい。

2022年10月6日と8日コナで2日に分けてアイアンマンが開催されるが、これも初の試みとなるレース形式なのだ。運営もハードとなる開催に疑問も上がっているが、上手くいくことを祈念したい。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

■Weather

天候 晴れ / 平均最高気温 29.0℃ / 湿度15% / 平均水温17℃

風速 約1~5m / 風向 南東、北、東 ※IRONMAN発表による

■Result(プロ)

  • 男子 総エントリー数 / スタート数 47名 / 41名 完走者数 / 率 27名 / 65.9%
  • 女子 総エントリー数 / スタート数 37名 / 27名 完走者数 / 率 22名 / 81.5%
Top five professional men’s results:
PLACE ATHLETE SWIM BIKE RUN FINISH
1 Kristian Blummenfelt (NOR)  49:40 04:18:42 02:38:01 07:49:16
2 Lionel Sanders (CAN)  52:07 04:16:13 02:42:25 07:54:03
3 Braden Currie (NZL)  47:37 04:16:31 02:47:11 07:54:19
4 Chris Leiferman (USA)  52:02 04:18:34 02:44:25 07:57:51
5 Florian Angert (DEU)  47:40 04:16:14 02:52:43 07:59:35
.
Top five professional women’s results:
PLACE ATHLETE SWIM BIKE RUN FINISH
1 Daniela Ryf (CHE)  54:42 4:37:46 2:59:36 08:34:59
2 Kat Matthews (GBR)  54:48 4:44:40 3:00:57 08:43:49
3 Anne Haug (DEU)  54:47 4:52:53 2:56:00 08:47:03
4 Skye Moench (USA)  54:44 4:53:13 3:04:21 08:55:21
5 Ruth Astle (GBR)  59:23 4:50:45 3:06:35 09:00:09
.

※全てのデータ:https://www.ironman.com/im-world-championship-2021-results

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

その他のレポート:http://triathlon-geronimo.com/?p=38943

Photo by Jeff Richards(St. George News | Cedar City News | Canyon Media) Thanks

「2021年が決着した!」

BOSS-N1-S

Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

IM Big Saturday   “ Race Result ”

7ヶ月遅れの2021年ワールドチャンピオンシップが終わった。
.
今日は暑かった。前日から気温が高く、夜になっても下がらなかった。そして、縦横無尽に吹く風。バイクコースのアップダウンとともに選手を苦しめた。プロ女子22名は全員完走となっているが、男子は完走率が低く、38名中11名がリタイヤとなっている。
.
結果は、ブルンメンフェルトとリフの優勝となった。
予想通りの結果と言えるのだが、簡単ではなかった。ブルンメンフェルトは直前に体調を崩している。同じノルウェーのイデンは、やはり風邪でスタートラインには立たなかった。そんな状態でのスタートであり、優勝は危ういかもしれないという情報も流れていたが、見事に優勝を飾った。ブルンメンフェルトは、昨年のTOKYO2020のショートチャンピオンでもあり、1年以内に別種目とも言えるこのアイアンマンでの勝利は歴史的快挙とも言えるだろう。昨今のサクセスストーリーとしてOD出身選手の活躍があるが、ここまで早くにその「実力」を見せつけられるとは思わなかった。昨年のアイアンマンコズメルでの結果から一気に優勝候補に浮上したブルンメンフェルトはやはり本物のアイアンマンだった。タイムはワールドチャンピオンシップレコードとなっている。
.
リフはついに5勝目を飾った。力をつけていたルーシーが怪我で欠場のため、本命視されていたが、やはり簡単ではなかった。2018年の優勝を最後に3年半以上ぶりとなるワールドチャンピンシップだった。昨年のコリンズカップでもルーシーにパスされる姿は印象的だった。長くアイアンマンで活躍することは難しい。そんなイメージを見事に自身の走りで払拭することができたレースだった。普段はゴール時も冷静なリフだが、今回は違った。今まで見たことのない喜びを表していた。花道でのガッツポーズと信じられないという表情を交互に見せる興奮状態となり、テープを切ってから手のひらを広げ「5勝目」をアピールした。そして、その直後、大きな声で雄叫びをあげたのだった。見たことのないリフの姿に感動を与えてもらった。
.
2021が決着した。
男子は、5名がSUB8となった。どこまで速くなるのだろうか。3種目のバランスが取れた選手以外は勝てない。今後もスピードアイアンマンに注目が集まるだろう。
.
そして、次は5ヶ月後10月のコナだ。フロデノ、ランゲ、ルーシーなど、怪我で出場できなかった選手の参戦、終盤までトップを走っていたカリーなど、あらためてコナでの戦いに今から期待が高まっている。
やはりアイアンマンは最高の舞台だった。2年7ヶ月ぶりにその舞台を目の当たりにしてあらためて思った。
.
.
.
.
.
Top five professional men’s results:
PLACE ATHLETE SWIM BIKE RUN FINISH
1 Kristian Blummenfelt (NOR) 49:40 04:18:42 02:38:01 07:49:16
2 Lionel Sanders (CAN) 52:07 04:16:13 02:42:25 07:54:03
3 Braden Currie (NZL) 47:37 04:16:31 02:47:11 07:54:19
4 Chris Leiferman (USA) 52:02 04:18:34 02:44:25 07:57:51
5 Florian Angert (DEU) 47:40 04:16:14 02:52:43 07:59:35
.
Top five professional women’s results:
PLACE ATHLETE SWIM BIKE RUN FINISH
1 Daniela Ryf (CHE) 54:42 4:37:46 2:59:36 08:34:59
2 Kat Matthews (GBR) 54:48 4:44:40 3:00:57 08:43:49
3 Anne Haug (DEU) 54:47 4:52:53 2:56:00 08:47:03
4 Skye Moench (USA) 54:44 4:53:13 3:04:21 08:55:21
5 Ruth Astle (GBR) 59:23 4:50:45 3:06:35 09:00:09
.
Photo by Jeff Richards(St. George News | Cedar City News | Canyon Media)
.
.
.
.
.
.
その他のレポート:http://triathlon-geronimo.com/?p=38943
.
「凄いレースだった!」
BOSS1small

Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

IM Friday ~ Bike “ Smile ” Check in ~

今日はバイクチェックイン。ただ、7:00から17:00までの10時間。これは3500名を超える選手がいるため、スイム会場へのシャトルバスも分けて運行させるためだ。GERONIMO COUNTとしても過去最高の時間と台数になってしまった。
いよいよ明日は決戦となる。
.
New Model !
7:00 Check in Start
New Model !
New Model !
M17 Sam Long USA
New Model !
New Model !
サーヴェロの原点
New Model !
Team ZWIFT
Iron Baby
New Model !
New Model !
New Model !
F5 Heather Jackson USA
M5 Kristian Blummenfelt NOR
M27 Cameron Wurf AUS
.
.
.
.
.
.
.
その他のレポート:http://triathlon-geronimo.com/?p=38943
.
「過去最大のバイクチェックインだった!」
BOSS1small

Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

IM Thursday

セントジョージは木曜日。今日も快晴、風がなく暑い。今日からプロ選手の動きも出てくる。10時からプレスカンファレンスとなった。男女7名づつ計14名の選手が出席した。それぞれ、新しい会場でのアイアンマンに攻略などを述べていた。やはり、ノルウェー勢が優勝候補に上がるが、バイクの強い選手が多い中で、どのような展開になるかは読めない。また、2014年優勝のセバスチャンは、23年で引退を表明しており、気合の入る今レースとなる。
.
今日は、IRONMAN VILLAGE(エキスポ)も人出が増え盛況となっていた。IRONMANのオフィシャルアイテムは人気が高く、大きな袋を抱えている選手やその家族を見かける。近年では、大手メーカーとのコラボやカラー、アイテムも充実し、クウォリティも高い。
.
そして、最大のトピックスの一つとも言えるのが、優勝候補のブルンメンフェルトのニューバイクがキャッチできた。メーカーからの公式ローンチはない。インスタでは、情報が上がっていたが、実車の確認ができた。メーカーは引き続きのジャイアンだが、同社は過去にも同様の形状でロードバイクを造っている。トップチューブがなく、シートステーは水平となり、もはやシートステーとは呼べない造りとなっていた。また、フォークも特徴的で、ウィリエールのツインブレードのようなフォークとなっていることにも驚かされた。いずれにしてもバイク関連では、最高の情報であり、そこはやはり世界選手権というステージにふさわしいサプライズでもあった。
.
明日はバイクチェックイン。時間は7:00~17:00までの10時間で、過去最長時間となる。
.
.
.
.
.
.
その他のレポート:http://triathlon-geronimo.com/?p=38943
.
「MONOもエキサイティング!」
BOSS1small

Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

IM Wednesday

セントジョージは水曜日。天候は安定していて快晴、時折強めの風が吹いている。ここセントジョージの気温は1日の寒暖差が大きく、最高気温は真夏で35℃を超えることもあるが、最低気温は、現在の日本より低くなっている。
.
本日はコースの確認をメインとし、スイム、バイク、ランの3コースを確認した。スイム会場では、朝早くから多くの選手が試泳をしている。ただ、朝の寒さと強い風が吹いていて更に寒さを感じた。また、水温は15℃と聞いている。次ぐにバイクコースだが、これこそが「セントジョージ」の醍醐味だろう。ほぼアップダウンのイメージだった。120km地点から最大斜度となり選手を苦しめる。そして、バイクの後半で走る「Snow Canyon」は、映画のワンシーンを彷彿させるロケーションだった。またここも長い上りに向かい風というタフな場面となっていた。最後のランはバイクの後にはこたえるだろう、アップダウンもあり、最後まで予断を許さないコースとなっている。日陰も少ない。
.
コナでは、火曜日入りが多いが、今回登録は3500名を超える過去最大のワールドチャンピオンシップにしてはまだ選手も少なかった。本日入りで明日から本格始動となるのだろう。
.
.
.
.
.
.
.
その他のレポート:http://triathlon-geronimo.com/?p=38943
.
「昨晩現地入り、今日からIMウィークとなる」
BOSS1small

Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

【取材予定】IRONMAN WORLD CHAMPIONSHIP 2021 St. George

ST. GEORGE, UTAH – 18 SEPTEMBER: During the IRONMAN 70.3 World Championships on September 18, 2021 in St. George, Utah. (Photo by Donald Miralle for IRONMAN)

 

ついに IRONMAN WORLD CHAMPIONSHIP が帰って来る。

2019年10月を最後に時が止まっていたIRONMAN WORLD CHAMPIONSHIPは、初のハワイ以外を会場とし、ユタ州St. Georgeで2年半ぶりに開催される。2020年は完全に中止となり、今回は、2022年大会ではなく、2021年大会が2度順延されたもので、2021年10月から2022年2月、そして、来月5月まで延ばされたものだった。したがって、2022年大会は例年通り10月、そして、聖地KONAで開催される。

会場となるSt. Georgeは、昨年9月にIRONMAN70.3 WORLD CHAMPIONSHIPも開催された場所で、「壮大なスケール感」のあるチャンピオンシップを開催する会場として申し分ないだろう。コースは、もちろん距離の違いがあるが、70.3とほぼ同様のコースで、スイムとバイクは70.3のコースを含み延長となり、ランは一部を除き、変更となっている。いずれにしても、世界最速のIRONMANを決めるレースとして、最高の舞台が用意された。

今回、気になるのは選手層となる。前提としては、コロナ禍による変則的な開催であることを理解しておく必要がある。今回のエイジグループは、元々のローカルレースをチャンピオンシップに格上げしているため、通常のクウォリファイを持たない選手も出場となっている。まずエイジ全体では、3322名のスタートリストが発表されている。(4/5現在のオンライン登録済選手数)日本人選手は16番目の18名となり、やはり少なかったというイメージだ。10月のKONAを選択した選手が多いのだろう。そして、USAが最多となるのは普通だが、その数は、圧倒的な人数となる2148名で64.7%を占めている。チャンピオンシップで過去最多の3000名を超え、幅広い選手層、USAカラーの強い大会として開催する最初で最後の興味深いレースでもある。

最大のトピックスとなるプロのスタートリストは、最終段階に入っている。まず、最大の注目株は、オリンピックチャンピオンのKristian Blummenfelt(ノルウェー)だろう。昨年11月のIRONMAN Cozumelにおいて、7:21:12という俄に信じがたいとも言えるSub7.5を達成しているのだ。(但しトップ10まで7時間台だった。)オリンピック開催と同年にオリンピアンの見せたパフォーマンスは、驚き以外の何ものでもなかった。迎え撃つのは、前回で3度目の優勝となっているJan Frodenoだ。各種目のパーフェクトなバランスは、過去史上最高のIRONMANと言えるだろう。そして、やはりノルウェーのGustav Iden が三つ巴となるのか。2回優勝のPatrick Langeは2月に怪我のため欠場となっている。

女子は、5度目の優勝をかけてDaniela Ryf が順当であると思われる。前回19年は逃したが、圧倒的な安定感は優勝候補であることは間違いない。また前回優勝のAnne Haugももう一度狙って来るだろう。そして、今回残念極まりないのがLucy Charles-Barclayだ。1週間前の3月31日に左股関節の疲労骨折が判明し欠場となっている。昨年のコリンズカップでもパワフルなバイクが目を惹いた。KONAでは万年2位(2017~19年)だったが、それを返上すべく、強くなった走りを見せたかったはず。

そして、Triathlon GERONIMOの最も専門とするバイクやその他の機材についてもエキサイティングなシーンが繰り広げられるだろう。未だに正式ローンチとなっていないフェルトのNew IAは既に昨年夏からDaniela RyfやBraden Currieによって使用され、未発表と言っても鮮度は落ちるが、やはりIMWCでの実戦投入となれば、その注目度は極めて高い。また、デリバリーの遅れていたトレックSpeedconceptもプロ選手により、露出が高まっているがこれもIMWCで走る姿は初となる。その他、キャニオンSpeedMaxやスコットPlasma6なども同様となる。コロナ禍での開発、デリバリーの遅れがバイクカウントにどのような結果として現れて来るのだろうか。

いずれにしても熱いIRONMAN WORLD CHAMPIONSHIPとなることだろう。

Competitors bike through the rain in Snow Canyon State Park at the 2021 Intermountain Healthcare IRONMAN 70.3 World Championship presented by Utah Sports Commission . (Photo by Donald Miralle/IRONMAN)
Lucy Charles-Barclay crosses the finish line, winning her first world championship title at the 2021 Intermountain Healthcare IRONMAN 70.3 World Championship presented by Utah Sports Commission. (Photo Credit: Donald Miralle/IRONMAN)

 

■開催日 2022/5/7(土)

■競技

スイム3.86km、バイク180.2km、ラン42.2km

※大会ページ:https://www.ironman.com/im-world-championship-2021

.

前回(2019年KONA)レポート:http://triathlon-geronimo.com/?p=31936

 

 

「ついに開催!」

BOSS1small

Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

KONA 2019

■Contents

・KONAから読み解く、世界のトレンド。(Lumina #76)

・IRONMAN ❝ GERONIMO COUNT ❞ 2019

・Race Report

・IM Saturday ❝ Mr. OCTOBER ❞ Race Result

・IM Friday ❝ Bike Check in ❞ Photo -1

・ARGON 18 E-118 TRI+ ❝ KONA Debut ❞

・IM Wednesday ❝ LUMINA Report ❞

・Felt Bicycles Kona Media Kickoff Party

・IM Tuesday  ❝ EXPO Open ❞

・IM Monday  ❝ Mark of IRONMAN ❞

・【取材予定】IRONMAN WORLD CHAMPIONSHIP “ KONA 2019 ”

KONAから読み解く、世界のトレンド。(Lumina #76)

IRONMAN ❝ GERONIMO COUNT ❞ 2019

IM Saturday ❝ Mr. OCTOBER ❞ Race Result

IM Friday ❝ Bike Check in ❞ Photo -1

ARGON 18 E-118 TRI+ ❝ KONA Debut ❞

IM Wednesday ❝ LUMINA Report ❞

Felt Bicycles Kona Media Kickoff Party

IM Monday  ❝ EXPO Open ❞

IM Monday  ❝ Mark of IRONMAN ❞

【取材予定】IRONMAN WORLD CHAMPIONSHIP “ KONA 2019 ”