Triathlon LUMINA

Triathlon Magazine
トライアスロンJAPAN、トライアスロンTRIP、そしてトライアスロンLUMINAと3誌に渡り、2000年からアイアンマン世界選手権の記事を書いています。現在はルミナのアイアンマン世界選手権の機材特集と商品ページ「カッティング」の記事も連載担当しています。「カッティング」では、ハワイのアイアンマンを絡めた「大塚的目線」でこだわりの記事を書いています。モノの専門家として、モノ目線のトライアスロンをお伝えしています。必要なモノ、便利なモノ、そして、欲しいモノ、読者トライアスリートに充実したトライアスロンライフを送って頂くための「モノ」情報をお届けできるよう全力で取り組んでいます。
Number

本当に選ばれているバイク

                         No.66                                                                      No.65

img_1595

No.63  ~ KONA 2016 GERONIMO SELECTION ~

0img_1147img_0256

                         No.62                                                                      No.61
IMG_0049IMG_9825
No.60                                                                                                                     No.59

IMG_9660IMG_9410

                                         No.58                                                                                                                     No.57

IMG_8889IMG_8006

                                          No.56                                                                                                                    No.55
0IMG_7486IMG_7228
                                         No.54                                                                                                                     No.53
0IMG_68000IMG_6513
                                         No.52                                                                                                                     No.51

0IMG_63270IMG_5839

                                         No.50                                                                                                                     No.49

IMG_5751IMG_5280

                                        No.48                                                                                                                      No.47

IMG_5169IMG_5102

                                        No.46                                                                                                                     No.45

IMG_5063IMG_4994

                                         No.44                                                                                                        映画「宮古島トライアスロン」封切

1IMG_5043IMG_4716

                                         No.43                                                                                                                     No.42

IMG_4236IMG_4231    

                                        No.41                                                                                                                   No.40

IMG_2950IMG_2269

                                        No.39                                                                                                                      No.38

IMG_1488IMG_0997

                                         No.37                                                                                                                   No.36

1IMG_0447IMG_6914

                                         No.35                                                                                                                     No.34

IMG_6927IMG_8810

                                         No.33                                                                                                                     No.32

IMG_7748IMG_6775-2

                                         No.31                                                                                                                     No.30

IMG_5583IMG_6939

                                         No.29                                                                                                                     No.28

IMG_3773

                                        No.27

本当に選ばれているバイク

Triathlon LUMINA No.72が発売となった。

今回はKONA特集。40周年ということもあり盛り上がったKONAだった。KONAは、トライアスロンの原点。自身への挑戦をする場として、最高峰とも言えるスポーツだ。もちろん、現在では、プロの世界でもあり、そのレベルは40年前とは比べものにならない。今回のKONAでは、ついにSUB8が出ている。タイムも40年で4時間短くなっていることになる。

そして、エイジ選手のタイムも「半プロ?」とも言えるタイムとなり、単なるエイジ選手、趣味なのか、と思ってしまう。2008年のSUB10選手は307名、そして、2018年は727名だった。その10年が早かったのか、どうか。いろいろな考えはあると思うが、確実に伸びているということが重要だと思う。「流行り」ではなく、「スポーツ文化」として不動のものとなりつつある。

そんな、ハイレベルが安定したKONAでの情報は、「信憑性」が高くなる。ヒト、モノ、コト全てにおいて、大きく「参考」となるのが、KONAという舞台だ。そして、今年もKONAでの “ GERONMO Bike Count ” を敢行している。

2015年から各大会でこのカウントを行っているが、レースによってその分析結果はそれぞれ特有となっている。1シーズンで一万人近くを調査したが、各大会によって、その傾向は異なる。昨シーズンであれば、下記のようなイメージを持っている。

4月全日本トライアスロン宮古島大会(1572台)は国内No.1大会として、地域性、競技レベルにおいて最も幅広く、新型モデルの投入傾向も強く、「トライアスロンバイク比率」が高く、トライアスロンならではの偏りのないトレンドを確認できる。

5月世界トライアスロンシリーズ横浜大会(108台)は、全バイクの詳細分析を行い、ショートのドラフティングレースにおいて、「トライアスロン」に使用するロードバイクの特性とは何なのか。

6月アイアンマン70.3セントレア知多半島ジャパン(1591台)は、今後のトライアスロンシーンを占う大会と言っても良い。初ミドルからロングベテランまでの選手層とバイク機材を合わせることによって、トライアスロンの盛り上がりが見えてくる。

7月全日本トライアスロン皆生大会(952台)は、元祖鉄人レースだが、地域性の濃い結果となる。また、アップダウンがハードなバイクコースと、灼熱に耐えるランとなり、サバイバルとなる猛者の大会として、特徴的な傾向が見られる。

8月(2017年)木更津トライアスロン大会(1644台)は、今や関東を代表する大会の一つになったが、初心者の登竜門的大会のイメージが強い。そのため、今始める人に人気のあるバイクが見て取れる。また、通販で販売している3万円台ロードバイクなども確認できる。

9月佐渡国際トライアスロン大会(986台)は、国内のロングを締めくくる大会で、ロングのAタイプの他にミドルのBタイプも併催している。そのため地域性は広いが、使用されているブランドが他の大会に比べ絞り込まれている。

そして、10月のアイアンマン世界選手権を迎える。先述の通り、ハイレベルなエイジ選手からのリアルで、タイムリーなデータが収集できるのだ。

更に「本当」が知りたかった。半プロレベルのSUB10選手727名が使用するバイクは何だったのか。

独自目線の条件付きでもあるが、事実でもある。

 

 

「KONAを伝え続けていきたい。

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

LUMINA No.66

ルミナNo.66発売しました。

今号の特集です。

P6~37 OWS 完全攻略 BOOK

西内洋行コーチ、細田雄一選手による、オープンウォータでのスイムテクニックを徹底紹介しています。また、プールでできる「オープンウォーター対策」の紹介も面白企画ですね。

その後のお試しは、こちらでどうぞ。(^^)/

サザンビーチAQUQTHLON http://triathlon-geronimo.com/?p=12340

P44~45 TREK Madone 9.0

今号で担当させて頂いたのがマドンです。

マドンは、一般的なDHバーが付けられるようになりました。トライアスロンバイクでもなく、単なるロードでもないエアロロードは、「第2のトライアスロンバイク」として、今後期待のバイクですね。(全2回の1回目)

P46~47 トライアスロンチーム Team PI 始動!
パールイズミのトライアスロンウエアが復活します。また、同時にチームも結成されました。佐渡国際トライアスロンでその雄姿を見ることが出来ます。
ウエアの記事を書かせて頂きました。(全3回の1回目)
.
.
.
.
.
.
「詳しくは、ルミナNo.66をご覧下さい。」

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

LUMINA No.65

ルミナNo.65発売しました。

今号の特集です。

P6~46 STRONGMAN っぽんが誇る奇跡のトライアスロン。

やはり、日本人トライアスリートにとって最も特別な大会がこの「宮古島」ではないでしょうか。スイム、バイク、ランを美しいロケーションで行う、最も理想的な大会です。ハワイよりもきれいな海がその象徴そのものですね。そして、いつまでも続いてほしい大会です。今年も国内の最高峰のトライアスロンを走る選手を目の当たりにして、その頑張る姿に感動を頂きました。(^^)/

特集の中で GERONIMO 大塚 担当分ご紹介します。

P36~37 GERONIMO COUNT @ 2017 STRONGMAN

Triathlon GERONIMO の得意技「GERONIMO COUNT」で宮古島から見るロングのバイクトレンドをチェックしました。極端なスクープは期待できませんでしたが、昨年からの「推移」の中から見えてくるものがありますね。

P38~39 STRONGMAN’s Choice トップストロングマンの決戦バイクCheck
.
戸原開人選手、酒井絵美選手のバイクをチェックさせて頂きました。
P40~41 Kabuto AERO R-1
.
エアロヘルメットのウィークポイントを完全クリアしたヘルメットは、間違いなく注目のヘルメットです。
.
.
.
.
.
Triathlon GERONIMO の関連記事もご覧下さい。 http://triathlon-geronimo.com/?p=18901
.
「詳しくは、ルミナNo.65をご覧下さい。」

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

LUMINA No.63 ~ KONA 2016 GERONIMO SELECTION ~

img_1595

ルミナNo.63発売しました。

img_1601kk

今号の特集です。

P14~35 KONA 2016 聖なるアイアンマン世界選手権、ハワイへ。

今年も世界最高峰のトライアスロンが開催されました。レース、モノ、そして、ハワイKONA、最高のステージがそこになります。プロは高速化し、極めてハイレベルなバトルを展開しています。エイジ選手もレベルは高く、世界の壁の高さを感じます。話題のP5Xなど、新たな提案のバイクも登場し、大いに沸いていました。また、コナの優しい景色と厳しい天候が、楽しみと「緊張感」が、背中合わせとなる特有の大会でもあります。

やはり、トライアスロンは、10月のコナから始まります。

img_1605kk

特集の中で GERONIMO 大塚 担当分ご紹介します。

P28~35 BIKE & ITEMS GERONIMO SELECTION  コナ★モノ徹底レビュー

1996年から取材を始め、2000年の大会から「トライアスロンJAPAN」に、2009年から「Triathlon Trip」、2011年から「Triathlon LUMINA」で寄稿させて頂いてから17回目のハワイ特集となりました。いつ行ってもエキサイティングなコナです。ここ5年は、コナでの「世界同時発表」というのが定着し、それまで、7月のツールドフランスでの投入、8月のユーロバイク(世界最大サイクルショー)などで発表でしたが、より、トライスロンへの注力度が高まり、ロード基準(UCIルール)ではなく、「トライアスロン専用バイク」の開発が本格始動となったこの5年でした。(トライアスロンバイクの歴史はこちら

そんな中で、今回のP5Xのこだわりには驚かされました。サーヴェロがこれからのトライアスロンバイクの新たな「基準」を作ったと言っても良いでしょう。ただ、フューエル&ストレージを明確に「具現化」したのは、2011年コナで発表となったSHIVでした。2013年には、二代目Speedconceptがストレージの収納力を高めています。後発でもその完成度を高めることで、「ポジション」をキープしています。したがって、来年以降、各社の動きが出てくると思います。その動きが最もエキサイティングなことになるでしょう。

img_1607

img_1610

img_1613img_1615

9img_040810img_0411kk

 
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
気さくなデヴィッドキリング氏は、根掘り葉掘りの質問に忌憚なく、答えてくれました。また、現地で試乗もして来たので、追ってレポートもアップします。
.
.
.
.
.
「詳しくは、是非ルミナNo.63をご覧下さい。」

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

LUMINA No.62

0img_1147

ルミナNo.62発売しました。

1img_1152

今号の特集です。

P32~43 Long Slow Distance 「ゆっくり長く」でリフレッシュ&リブートせよ。

LSDをあらためて考える特集です。このタイミングだからこそ必要なトレーニングです。トレーニングとリフレッシュの観点からその必要性を説いています。また、実践編として彦井さんのトレランや守谷さんのLSDトレーニングなどが紹介されています。

正に今やるべきトレーニングです。

1IMG_6593K

今月の GERONIMO 大塚 担当分ご紹介します。

P19 cutting

創刊以来連載担当している商品コーナーです。今回は、ヘルメットをご紹介しています。

2img_1149

SCOTT CADENCE PLUS

3img_1155

特別企画の GERONIMO 大塚 担当分ご紹介します。

P50~55 決戦ロードバイクレビュー2017

数あるロードバイクのブランドとモデルの中から選ぶポイントは何か、解説しています。

4img_1163

5img_1167

 
.
.
.
.
「詳しくは、是非ルミナNo.62をご覧下さい。」

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

LUMINA No.61

img_0256

ルミナNo.61発売しました。

img_0267

今号の特集は、“ TRI / LIFE balance ” です。

働くトライアスリートの理想的なトレーニングライフってなんだ?ということで、プロではなく、一般エイジ選手にフォーカスし、その「生活」を探るという特集です。様々な選手の具体的なタイムスケジュールなどを紹介しています。

「トライアスロン」×「仕事」×「家庭」=大人の部活

を確立させるための原動力とは、何なのか。

1IMG_6593K

今月の GERONIMO 大塚 担当分ご紹介します。

P21~23 cutting

創刊以来連載担当している商品コーナーです。今回は、アパレルとトレーニングデヴァイスをご紹介しています。

img_0260

On Performance Running Gear

img_0263

SUUNTO SPARTAN ULTRA

 
.
.
.
.
「詳しくは、是非ルミナNo.61をご覧下さい。」

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

LUMINA No.61

img_0256

ルミナNo.61発売しました。

img_0267

今号の特集は、“ TRI / LIFE balance ” です。

働くトライアスリートの理想的なトレーニングライフってなんだ?ということで、プロではなく、一般エイジ選手にフォーカスし、その「生活」を探るという特集です。様々な選手の具体的なタイムスケジュールなどを紹介しています。

「トライアスロン」×「仕事」×「家庭」=大人の部活

を確立させるための原動力とは、何なのか。

1IMG_6593K

今月の GERONIMO 大塚 担当分ご紹介します。

P21~23 cutting

創刊以来連載担当している商品コーナーです。今回は、アパレルとトレーニングデヴァイスをご紹介しています。

img_0260

On Performance Running Gear

img_0263

SUUNTO SPARTAN ULTRA

 
.
.
.
.
「詳しくは、是非ルミナNo.61をご覧下さい。」

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

LUMINA No.60

IMG_0049

ルミナNo.60発売しました。

IMG_0065

今号の特集は、“ スピード&高強度で鍛える ” です。

無理なくでえきる高強度トレーニングの極意ということで、レジェンド谷新吾流の高強度トレーニングを紹介しています。今年の宮古島で快挙となる6位入賞に沸いたのは記憶に新しいところです。

Part 1 基礎編 なぜ短い高強度トレーニングが効果的なのか?

Part 2 実践編 良い動きを意識しながら、臨機応変にやってみる

この特集とても良いです!

1IMG_6593K

今月の GERONIMO 大塚 担当分ご紹介します。

P25 cutting

創刊以来連載担当している商品コーナーです。今回は、フロントハイドレーションをご紹介しています。

IMG_0061

X-LAB TORPEDO VERSA 500 CARBON

 
.
.
.
.
「詳しくは、是非ルミナNo.60をご覧下さい。」

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

LUMINA No.59

IMG_9825

ルミナNo.59発売しました。

IMG_9830

今号の特集は、“ Rio2016 TRIATHLON OLYMPIC Preview ” です。

レース展開の予想、選手へのインタビューなど、事前にチェックし、18日(男子)20日(女子)のレースを120%愉しむための特集となっています。

1IMG_6593K

今月の GERONIMO 大塚 担当分ご紹介します。

P17~21 cutting

創刊以来連載担当している商品コーナーです。今回は、プーリー、トレーニングデヴァイス、ヘルメットをご紹介しています。

IMG_9837

CERAMICSPEED  OVER SIZED PULLEYCAGE

IMG_9831

GARMIN  FORATHLETE 735XTJ
 .
IMG_9834
 .
GIRO  AEROHEAD ULTIMATE MIPS
.
.
.
.
.
「詳しくは、是非ルミナNo.59をご覧下さい。」

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka