【16Newモデル情報】 トレック New Madone 世界同時発表

Asset_309165

 

新型マドンがWEBで世界同時発表となった。

エアロダイナミクスに優れたモデルで、振動吸収性など快適性も高い。また、サイズ違いも剛性や重量など固有のバランスも実現。そして、究極のインテグレーションが、機能と美しさを両立させた。

詳しくは、http://www.trekbikes.co.jp/jp/ja/bikes/road/performance_race/madone/

現物は来週開催される発表会で確認したい。http://triathlon-geronimo.com/?p=2290

.

「エアロロードのバトルが楽しみになってきた。」

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

【取材予定】 トレック New Madone 発表

Nmadonelau

来る7/9(木)にトレック「New Madone」が正式発表となる。

トレックは、アメリカンの代表であり、No.1スポーツバイクブランドだ。昨年発表、ほぼ2015年の今、現行モデルとしてエモンダがその軽量性と登坂性能で話題となっている。そして気になっていたのが「エアロ系」だ。エアロのラインナップが減り、ブランクになっていたが、ついに待望の新型マドンがリリースされる。究極のエアロデザインとインテグレーションを実現した、「エアロロード」が完成した。

7/1(水)世界同時発表で、WEB公開される。そして、その話題の「現物」を一足先にレポートしたい。

.

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

【16Newモデル情報】 ZOOT ~Race & Training~

IMG_0461

本日は、ズートの2016年モデルの展示会が開催された。

ズートは、1983年創業のハワイ、コナで始まったトライアスロンブランドだ。アイアンマンの歴史が今年で38年目となるので、やはりトライアスロンの老舗ブランドと言える。現在は、ウエアの他に、ウェットスーツ、シューズ、アクセサリーも展開する、用品の総合ブランドとなっている。

IMG_0454

まず、ウエアに関しては、各社注力傾向のある、「袖付き」ウエアだ。ハワイアイアンマンでは、一昨年あたりからトップ選手が使用するようになり、話題となっていたアイテムだ。カラーが追加となった。やはり、肩、背中などの日焼けによるダメージは、気になるところだ。炎天下で長時間開催されるミドルやロングのレースには、極めて有効的となるだろう。もちろん、通常のトライジャージやショーツなども多く展開している。

IMG_0440

ニューモデルのMAKAI(マカイ)メンズ。トライアスロンのレース用モデルで、お得意の継ぎ目が当たらないベアフィット、包み込むようなフィット性、クイックトランジットのためのシューレースや通気性など、トライアスロンのレースでの必要な機能はすべて備えている。

IMG_0446

同じくMAKAI(マカイ)ウィメンズ。昨日はもちろんメンズと同様。トライアスロンレースにおいて、十分な機能を有している。

IMG_0447

そして、このカラー “ Kaleidoscope ” が特徴的で特長だった。

IMG_0468

カバーフォトのメンズもそうだが、特にウィメンズは、シューズとウエアのトータルコーディネートが可能。ウエアもこのアイテムだけではなく、ピンクベースのカラーやトライスーツなどのアイテムも揃っている。

IMG_0449

このモデルは、SOLANA2(ソラナ2)。2016年では、トライアスロントレーニングにも注力。レースよりもトレーニングで使用する時間の方が長い。当然ながらレース用とトレーニング用が必要となる。結果的には、ズートは、トライアスロンのイメージが強かったが、ジョギング、マラソン、ウルトラマラソンなど、全体的に使用できるブランドになって来ているのだ。逆に、ベアフィットなど、トライアスロンの特徴的な「裸足」のランニングに対するノウハウから、マメの出来易い人などにも良い可能性が高い。もちろん、このモデルだけではなく、ズートのラインナップはすべてベアフィットとなっている。

IMG_0452

これは、ソラナ2のもう一つのカラー。このモデルは人気のあったソラナの改良型。アッパーの素材などの変更で、フィット性、通気性を向上させている。また、シューズのラストに変更はないが、ソールのつま先側が幅広くなり、安定性が更に向上しているのが特長。

IMG_0473

手前のモデルがDEL MAR(デルマー)、奥のモデルが、DIEGO(ディエゴ)。セーフティからウルトラマラソンまで幅広く使用できる。

IMG_0484

ウェットスーツは継続。レディメイドのウェットスーツとしては、一押しだ。生地が柔らかくフィット性が高い。オーダーメイドももちろん良いが、既製品も侮れなくなってきている。

IMG_0498

ランアイテムは、デザイン性が高く、お洒落なものが多かった。今回ジオメトリックパターンが目立ったが、このブルーのレディスモデルはカタログのカバーにも使用されているとてもクールなデザインでオススメ。

.

.

「入荷は来春とのこと。お忘れなく!」

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

【取材予定】 スペシャライズド Five More Minutes

vengevias

スペシャライズドより、究極のエアロロードがリリースされる。

今回はバイクの他に、ホイール、タイヤ、ヘルメット、シューズ、ウェアの6アイテムで、走行距離40kmにおいて、5分以上の短縮となるとのこと。特にバイク、そして、ブレーキの納まりが気になるところだ。

詳しくは、メーカーHPにて。 http://www.specialized.com/ja/ja/5minutes/

2IMG_8027

スペシャライズドは、先日の横浜大会でも「圧勝」のブランド。更なる進化に大きな期待がかかる。

《WTS横浜大会総括》 http://triathlon-geronimo.com/?p=1283
.
.
「詳しくは、7/16の発表会をレポートします。」
BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

【取材予定】 ピナレロ展示会

lamodanuova2016

来る7/1(水)にピナレロの2016年モデルが正式発表となる。

ピナレロは、イタリアンの代表格、そのピナレロの顔と言えばドグマF8、サーベロのP5にあたる、ロード界トップのバイクだ。ドグマを筆頭に、その技術をフィードバックしたラインナップ、そして、2016年の新型モデルもリリースなど、話題も多い。下記の写真のようにハワイアイアンマンでも、究極TTモデルの「ボリデ」も使用されている。一般的ではないが、トライアスロンへの注力も期待したい。

IMG_9806改

IMG_9808

IMG_9814

 

 

 

今までは販売店を主に開催していましたが、今年から、時間帯を区切って一般の人も見ることが出来ます。詳しくは、下記、メーカー情報をご確認下さい。

11247969_829474780475257_1010154358323269618_n

《最近のピナレロ公式NEWS》

2012年ツールドフランス覇者、ウィギンスのアワーレコード更新。

詳しくは、http://www.riogrande.co.jp/news/node/45445

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

この度ピナレロジャパンでは、一般ユーザー様を対象にしたピナレロ2016ニューモデル展示会「la moda nuova 2016 Pinarello New Model Collection」を2015年7月1日、横浜 桜木町の日石横浜ホールで開催します!

当日は話題のGANシリーズをはじめDOGMA K8-SやDOGMA F8 DISCなどピナレロの最新モデルをいち早くご覧いただけます。
当日は特に招待状などは必要ございませんので、お近くの方はお仕事帰りにぜひお立ち寄りください。
※会場内の混雑がある場合は、一時的に入場を制限させていただく場合があります。

「la moda nuova 2016 Pinarello New Model Collection」
日時:2015年7月1日 18:30〜20:00
場所:桜木町・日石横浜ホール(神奈川県横浜市中区桜木町一丁目1番地8
アクセス 
http://www.nybldg.jp/access/index.html

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「是非、行ってみて下さい。」

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

【取材予定】 ズート展示会

mainphoto

ハワイ生まれのトライアスロンブランド、ZOOTのニューモデルが発表される。

ズートは、一昨年で30周年となる老舗ブランドだ。ハワイでもアイアンマンの聖地、KONAで生まれたブランドで、ウエアから始まっている。後にシューズも展開、最近は、シューズのイメージが強いかもしれない。またウェットスーツはクウォリティが高い。既製品の中ではオススメのブランドだ。

IMG_7679

これは、一昨年2013年のコナ。旧ロゴの30周年記念モデルもリリースされていた。

.

.

「後日(24日頃)レポートアップします。」

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

【OAKLEY】 JAWBREAKER

IMG_5000

【オークリーからニューモデルがリリース】

オークリーは、今さら説明の必要がない、1975年創業のスポーツサングラスの第一人者ブランド。ロードレースは本より、トライアスロンでの使用率は極めて高い。98年から展開されたアパレルやフットウエアなども人気で、トータルコーディネートができる。
.
昨年のアイアンマンでも、優勝者であるセバスチャン・キーンルや2位のベン・ホフマン、3位のヤン・フロデノのトップ3を含めトップ10での使用率は60%、そして、このジョウブレーカーをキーンルとフロデノの二人がすでに使用していた。そして、ここで特筆すべくは、二人ともランでは違うサングラスに交換していた。まさに「バイク専用スペシャルモデル」と言った感じだ。
それもそのはず、実はこのモデルは、プロサイクリストのマーク・カヴェンディッシュが開発に絡んでいるのだ。彼からのリクエストは、ベンチレーションとプロテクションそして、広い視野を確保すること、それらに重点をおいて開発されたのだ。国内では、細田雄一選手、山本良介選手などが、使用するので注目となるだろう。
最初の印象は、同社が1983年リリースのアイシェードを思い出した。当時のレジェンドたちの眼と顔を守ったオークリーの原点とも言えるサングラスだ。フレームに囲われたレンズ、縦方向にも大きいレンズ形状など、機能と同時にデザイン性の高さも誇っている。装着感は、いつもと変わらないフィット感とランでも使用できる安定感は十分だった。また、キーンルなどが使用していたホワイト1カラーと違って、下側のフレームカラーがブラックになっているため、派手過ぎる感じもなく、気軽にかけることができた。

IMG_4997

サングラスというより、「ゴーグル」という感じが合う。

IMG_5001

キーンルやフロデノが使用していたオールホワイトフレームがGood。

KONA 2014 Sebastian Kienle : http://triathlon-geronimo.com/?p=229

.

.

BOSS1smallTriathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka