【KONA2015】 CUBE AERIUM C:68

0IMG_0381改2

一台のみ確認された、AERIUM C:68は、AndreasRaelertとともに存在感を放っていた。

キューブは、ドイツブランドで20年以上の歴史を持っている。90年代後半からトライアスロンへの注力もしてきたブランドだ。そして、今回AndreasRaelertにより、2位入賞(バイクラップ16位)のバイクとなっている。このC:68というネーミングは、キューブのカーボンテクノロジーで、68%のカーボン、より少ないレジン比率のテクノロジーで、造り上げられているところから付いている。

このバイクは、AndreasRaelertのために、キューブとスイスサイドがコラボレーションして完成したバイクなのだ。スイスサイドは、50年のフォーミュラワンの経験を生かし、エアロホイールも造っているスイスのブランドだ。そして、Andreas兄弟をサポートするブランドでもあり、今シーズンから実験を繰り返していた。

開発は、AndreasRaelert自身のパフォーマンスの分析から始まった。風速、横風、DHポジション、ブルホーンポジション、ウエア、ハートレート、パワー、速度、コース、様々な条件での観測し、CFDでAndreasRaelertの身体とバイクの空気抵抗について徹底分析されたのだ。その結果、ヘッド周辺と選手の脚で大きな乱流が確認できている。それを踏まえ「KONA AERO PARTS」と称し、AERIUM HPCをベースに、フレームのヘッド周り、ダウンチューブ、シート周りと選手のウエア、ポジションなどを決め、最終的な風洞実験を行った。その結果空気抵抗は、6%以上抑えることができ、ヨー角15度での抵抗を20%以上、抑えることができた。また、今回の実験で使用されたのは、キャニオンSPEEDMAX CF SLX、スコットPLASMA5、フェルトIAだった。

1IMG_4786改

AndreasRaelertのために造られたスペシャルバイクだ。

2IMG_8642改

今後の市販では、マイナーチェンジも予想される造りでもある。

3IMG_8290改

このシルエットが、今後のトレンドに関わることは間違いないだろう。キューブは残念ながら国内での展開はない。

.
.
 
.
.
.

「SPEEDMAX CF SLX vs PLASMA5 vs AERIUM C:68」

BOSS-N1-S

Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka