【取材予定】 ズート展示会

mainphoto

ハワイ生まれのトライアスロンブランド、ZOOTのニューモデルが発表される。

ズートは、一昨年で30周年となる老舗ブランドだ。ハワイでもアイアンマンの聖地、KONAで生まれたブランドで、ウエアから始まっている。後にシューズも展開、最近は、シューズのイメージが強いかもしれない。またウェットスーツはクウォリティが高い。既製品の中ではオススメのブランドだ。

IMG_7679

これは、一昨年2013年のコナ。旧ロゴの30周年記念モデルもリリースされていた。

.

.

「後日(24日頃)レポートアップします。」

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

【OAKLEY】 JAWBREAKER

IMG_5000

【オークリーからニューモデルがリリース】

オークリーは、今さら説明の必要がない、1975年創業のスポーツサングラスの第一人者ブランド。ロードレースは本より、トライアスロンでの使用率は極めて高い。98年から展開されたアパレルやフットウエアなども人気で、トータルコーディネートができる。
.
昨年のアイアンマンでも、優勝者であるセバスチャン・キーンルや2位のベン・ホフマン、3位のヤン・フロデノのトップ3を含めトップ10での使用率は60%、そして、このジョウブレーカーをキーンルとフロデノの二人がすでに使用していた。そして、ここで特筆すべくは、二人ともランでは違うサングラスに交換していた。まさに「バイク専用スペシャルモデル」と言った感じだ。
それもそのはず、実はこのモデルは、プロサイクリストのマーク・カヴェンディッシュが開発に絡んでいるのだ。彼からのリクエストは、ベンチレーションとプロテクションそして、広い視野を確保すること、それらに重点をおいて開発されたのだ。国内では、細田雄一選手、山本良介選手などが、使用するので注目となるだろう。
最初の印象は、同社が1983年リリースのアイシェードを思い出した。当時のレジェンドたちの眼と顔を守ったオークリーの原点とも言えるサングラスだ。フレームに囲われたレンズ、縦方向にも大きいレンズ形状など、機能と同時にデザイン性の高さも誇っている。装着感は、いつもと変わらないフィット感とランでも使用できる安定感は十分だった。また、キーンルなどが使用していたホワイト1カラーと違って、下側のフレームカラーがブラックになっているため、派手過ぎる感じもなく、気軽にかけることができた。

IMG_4997

サングラスというより、「ゴーグル」という感じが合う。

IMG_5001

キーンルやフロデノが使用していたオールホワイトフレームがGood。

KONA 2014 Sebastian Kienle : http://triathlon-geronimo.com/?p=229

.

.

BOSS1smallTriathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka