Journal – MONO (Bike)

Triathlon Bike

25年の歴史となるトライアスロンバイクは、ロードでもなく、TTでもなく、トライアスロンとして完全に確立されたカテゴリーとなった。アルミからカーボンへ、カーボンも成型の自由度を生かし、エアロダイナミクスを高める形状になった。フューエルやストレージが徹底され、残る課題は、「快適性」のみとなった。各ブランドもアイアンマンワールドチャンピオンシップを頂点とし、ロングディスタンスでの性能、機能を高めるべく、開発に鎬を削っている。レジェンドとなったサーヴェロは、アイアンマンで11連覇の偉業となったが、新型、旧型の分析から、これからの5年は激動が予想されるのだ。

 

Brand Report
トライアスロンMONO「バイク編」の情報、解説をお届けします。
argon18bhbluebmcboardman


canyon

ceepo
cervelocolnagocubeculpritderosadimondfelt

 

 

 

 

 

 

giant

 

 

QRscottspecializedswifttrekventumcannondalefujilapierre

kuotalook
garneau
kestrelpinarelloneil_pryde