Journal – MONO (Bike)

25年の歴史となるトライアスロンバイクは、ロードでもなく、TTでもなく、トライアスロンとして完全に確立されたカテゴリーとなった。アルミからカーボンへ、カーボンも成型の自由度を生かし、エアロダイナミクスを高める形状になった。フューエルやストレージが徹底され、残る課題は、「快適性」のみとなった。各ブランドもアイアンマンワールドチャンピオンシップを頂点とし、ロングディスタンスでの性能、機能を高めるべく、開発に鎬を削っている。レジェンドとなったサーヴェロは、アイアンマンで11連覇の偉業となったが、新型、旧型の分析から、これからの5年は激動が予想されるのだ。

Brand Report
argon18boardmanbmcbhblue

canyon

ceepocubecervelocolnagoculpritcannondalederosadimondfeltfujigiant

 

 

 

 

 

 

 

 

garneaukuotakestrel

looklapierre

 

pinarello

neil_pryde

 

QRspecializedscott

swifttrekventum

 

 

 

 

【メーカーNEWS】シマノ新型コンポがProject Oneに登場

シマノ新型コンポがProject Oneに登場

本日より、カスタムオーダープログラム Project Oneにて、新型Dura-AceとUltegraが選択可能になりました。

対象はMadone、Émonda、Domane。待望の12段のワイヤレス変速が走りの質をさらに高めます。

<プロジェクトワン対象モデル>
・Dura-Ace Di2モデル
Madone SLR 9  価格:1,483,900円(税込)~
Domane SLR 9 価格:1,424,500円(税込)~
Émonda SLR 9 価格:1,424,500円(税込)~
・Ultegra Di2モデル
Madone SLR 7  価格:1,053,800円(税込)~
Domane SLR 7 価格:998,800円(税込)~
Émonda SLR 7 価格:998,800円(税込)~
.
.
.
.
.
.
.
BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

【メーカーNEWS】GIANTおよびLivウェブサイト2022モデルに更新

本日91日(水)付けで、GIANTおよびLivのウェブサイトを

2022年モデルに更新いたしました。

https://www.giant.co.jp

https://www.liv-cycling.jp

下記ブログ記事にて、2022モデル概要、および

新型DURA-ACE Di2 & ULTEGRA Di2搭載モデルにつきましてご紹介しております。

https://www.giant.co.jp/news/bike/5605

https://www.giant.co.jp/news/bike/5602

https://www.liv-cycling.jp/liv-news/4850

 

 

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

【メーカーNEWS】CANYON New Dura-Ace & Mathieu Signature

新型 Shimano Dura-Ace

プロフェッショナルの選択:新しいDura-Aceグループセットで、Shimanoは高性能な変速を全く新しいレベルで実現しています。より速いギアチェンジ、より小さいギアギャップ、より優れたレバーエルゴノミクス、そして軽量化。すべてがスーパーな12速、セミワイヤレスパッケージで実現しています。最高のコンポーネントが、更なる進化を遂げたのです。
.
.

マチューのための最先端機材

このコンポーネントを搭載する、マチュー・ファンデルプールシグネチャー Canyon Aeroad CFRのドリームビルドを紹介します。新開発のDura-Aceを搭載したこのバイクは、ロードレースのパフォーマンスを世界最高レベルで実現しています。どうぞ、お楽しみください。
.
.
.
.
.
.
.
.
BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

Braden Currie Collins Cup Result & New FELT

Race Day at the PTO Collins Cup 2021 at X Bionic Sphere, Samorin , Slovakia, 28th August 2021

PTO主催の「コリンズカップ」が開催され、ブレーデンカリーのレポートが届いた。

日本時間では28日(土)の19:30~26:30まで7時間に渡って話題のコリンズカップが開催された。簡単に言えばプロの賞金レースとなる。(総額1億6千万円)最も興味深いのは、レースカテゴリーの枠を超えた設定と選手たちだろう。Tokyo2020のメダリストからアイアンマンの覇者まで、PTOのランキングから選出されたドリームレースだった。

コリンズカップはチーム戦で、ヨーロッパ、世界選抜、USAの3チームがそれぞれ男子6名女子6名の12名で構成されている。レースは各チームより1名が選出され、3名1組で12レースが行われる。格闘技のような、まさに一対一の「ガチ」レースとなっているのだ。距離をミドル(S2km/B80km/R18km)という「階級」を合わせて行うショーアップされたレースとなる。

そのバトルは、スイムから魅せてくれていた。各選手それぞれの戦略はあったと思うが、中には、決して後につかず、終始サイドバイサイドの熱戦を展開してる。スイムではLucyがオリンピアンを押さえて男子顔負けのラップを獲るなど、あらためてその強さをアピールしていた。バイクでは、Match1のKnibb(WTCS横浜優勝)は、なんとロードバイクを使用し、後続に大差をつけ、最速ラップで今回最大ポイントとなる6ptをゲット、優勝している。普段から使用しているロードを使ったということだろう。ちなみにZaferes(Tokyo2020銅メダリスト)は、トライアスロンバイクを使用していた。まさに「トライアスロンバイクvsロードバイク」の1シーンでもあった。Match4のSalthouseとLawrenceはバイクに移ってからもサイドバイサイドが続いていた。Lawrenceの落車により、勝負は決まってしまったが、明確にライバルが限定されるレースは面白い。この落車は雨によるものだが、スタート後1時間半経過し、強い雨が降り出している。Sandersも落車している。ランでは、10分前にスタートしている、Ryfを抜く好調なLucyが映し出されていた。Frodenoはランで顔をゆがめ、Skipperはラスト2kmでLaundryに抜かれ、惜しくも2位となった。その他、内容が盛りだくさんのため言い尽くすことができない。

チームは、「ヨーロッパ」が圧勝となった。Match1からスタートし、タイムリーにポイント表示されているのだが、前半女子の頃はUSAが優勢だった。後半男子のポイントが加算され始めると、ヨーロッパがその強さを表してきた。今回、Lange、Ryf、Haugなど振るわなかった選手もいるが、「時のレース」としては、見応えのあるエキサイティングなレースだった。そして、個人タイム1位は、男子Frodeno、女子Knibbだった。

そして、Triathlon GERONIMOとして注目となるのは機材だったが、すでにスクープされていたフェルトの新型トライアスロンバイクも投入され、フェルトサポートの選手が使用していた。「異形」の定義からは外れるが、有機的なデザインが異彩を放っている。また、13年のIAデビュー当時にお蔵入りとなった「フューエルシステム」も盛り込んだことは、SHIV、SPEEDMAXとともに今後のトライアスロンバイクの「新定義」となって行くことだろう。

残念ながらトレックの新型ディスクSpeedconceptの投入はなかったが、今年もなくなってしまったKONAのエキサイティングなイメージが沸々と湧いてきた。

以下、ブレーデンカリーのレポートとなる。Match11で出場、もちろん優勝している。2月のKONAでも大いに期待したい。Congratulations !

COLLINS CUP Result

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Race Day at the PTO Collins Cup 2021 at X Bionic Sphere, Samorin , Slovakia, 28th August 2021

COLLINS CUP

Race Day at the PTO Collins Cup 2021 at X Bionic Sphere, Samorin , Slovakia, 28th August 2021

The Collins CupBy Braden CurriePress Release –30thAugust 2021One week ago, I was in New Zealand. The country had just gone into level four lockdown.

Trying to figure out if I could make it over to Europe to race in the face of a New Zealand lockdown, hearing the announcement that Kona had been cancelled a few days before departure and recovering from a UTI, made it feel like a really tough decision to leave. If I could get there, could I get back? And if I could get back, when would that be? That last part is still unknown.

Now, I am in Samorin, Slovakia, two days post-Collins Cup and realise more than ever that no matter what, I had to be here. Especially for this event, the first of its kind, racing in a team against the best in the world and knowing the world is watching -it is pretty amazing!I am lucky to be in this era of the sport. For decades, people had to read race results in the newspaper -but now we have social media, live streaming and organisations like the Professional Triathlete Org (PTO) willing to use these platforms to bring triathlon to the world. I knew my family and friends, many kiwis and tens of thousands of tri fans around the world were watching -I wanted to give everyone something to cheer for and race to win.

Race Day at the PTO Collins Cup 2021 at X Bionic Sphere, Samorin , Slovakia, 28th August 2021

TheCollins Cup means a lot to this sport moving forward. The impact it is having is incredible.

I am 100% stoked to be here and have had the opportunity to race some of the best athletes in the world as part of Team International. The Collins Cup consists of 36 athletes in total. It is a 12 match contest with three athletes in each (18 women, 18 men). The top six athletes, globally, were chosen to represent each team (Europe, USA, International).

Race Day at the PTO Collins Cup 2021 at X Bionic Sphere, Samorin , Slovakia, 28th August 2021

Imatched with Patrick Lange and Matt Hanson. Patrick is a two times Kona world champion and I’ve battled with him before (on the run) in my second year at Kona, where I placed fifth. This year, Kona cancelled -so I knew that this race would probably be the closest experience to what couldhave been in Kona. Having the best race in Kona is what I hadbeen training for -it was time to put that to the test.

I went into the swim and fought side by side with Patrick. Mentally, I knew I could get out in front of him and, that is what I did.I hadn’t swum for two weeks before the race because I had a ‘Urinary Tract Infection’ plus, the pool had been closed due to the lockdown so I knew I wouldn’t have the top end power to drop him but, I wanted to come out of the water first.

As it turns out, I had the fastest swim ofthe day!Even against Jan Frodeno -JR’s (John Rogers -my swim coach in Noosa) golden boy (haha). Jan has swum with JR for a good part of his career and, I think Jan would say that JR has made him the swimmer he is today. I couldn’t be more stoked with my swim performance and do JR proud after all the effort and time he has given to meover the last few years.

PTO Collins Cup

Onto the bike, I got into my position and rode consistently. I rode away from both Patrick and Matt and came off the bike first. If I’m honest this is something I never thought I could do at that distance but I’d been working a lot on my ride. Even only a year ago, on an 80km flat time trial, I knew I was never going to be strong in this scenario. I like hills and I like to getout of my seat -that’s how I have learnt to generatepower on the bike in my mountain biking days. But since covid hit the opportunity to focus on my biking, especiallyaerodynamics and producing sustained power in the TTposition has been front of focus.

Race Day at the PTO Collins Cup 2021 at X Bionic Sphere, Samorin , Slovakia, 28th August 2021

I have had the opportunity to work with Justin Ralph from Cycling New Zealand and refine my position with two rounds of testing indoors and outdoors over the last 9 months. On paper, the changes we have made in my training, combined with a custom bar set up from Dan Barry (First Wheel NZ) has given me the chance to bring my ride up to where it needs to be.

Race Day at the PTO Collins Cup 2021 at X Bionic Sphere, Samorin , Slovakia, 28th August 2021

Setting off into the run, I didn’t know how much of a gap I had on the others so I went out with my usual 3:05’s out of the gate. Later in the run, I realised I had 4 plusminutes on themand 5 plusminutes by the end of the race.

Race Day at the PTO Collins Cup 2021 at X Bionic Sphere, Samorin , Slovakia, 28th August 2021

The race was about the team and earning as many points as possible and having as much time on those guys as I could. Team International had a few incredible triumphs: Lionel Sanders and Ellie Salthouse won, Jackson Laundry beat Joe Skippers in the last one or two kilometres. Our triumphs were big but our consistency across the board wasn’t quite there. We took home the broken spokes andTeam Europe took home the Collins Cup for 2021.

Race Day at the PTO Collins Cup 2021 at X Bionic Sphere, Samorin , Slovakia, 28th August 2021

It was cool to race for a team, represent and be part of it. I’m now looking forward to taking a few more days at the X-Bionic Sphere in Samorin -probably the best facility I’ve been to -with ice baths, massage, great food, outdoor pool with great riding and running tracks.

I will head to Roth by train on Thursday to race Challenge Roth -stoked to have had a good warm-up for that. The Collins Cup reminded my body of what it’s supposed to do in life. I’m looking forward to racing again, which will happen on Sunday (NZT).

Braden Currie.

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ON THE UPSWING | COLLINS CUP

MINI DOCUMENTARY

This is my story. As real and raw as it comes. From where I began to where I find myself now, told by the people closest to me.

.
.
.
.
.
.
BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

【メーカーNEWS】革新的なエアロロード CIPOLLINI「RB1K AD.ONE」予約受付開始

CIPOLLINI 創設者の MARIO CIPOLLINI と「RB1K AD.ONE」

革新的なエアロロードバイク CIPOLLINI「RB1K AD.ONE」 本日より予約受付スタート

タイムトライアルモデル「NKTT」から得た AERO 構造を採用

この度、株式会社ワイ・インターナショナル(本社:東京都豊島区東池袋 1-27-8 代表取締役 社長 鳥居 恵一郎)は、当社が日本国内の正規輸入代理店を務めるイタリアのロードレースバイク ブランド「CIPOLLINI(チポッリーニ)」の新モデル「RB1K AD.ONE」について、本日 8 月 27 日(金)より予約受付を開始したことをお知らせいたします。「RB1K AD.ONE」は、全て受注 生産となり、購入の予約は全国のワイズロード直営店舗とワイズロードオンラインにて受付いた します。

「RB1K AD.ONE」は、CIPOLLINI のトップロードバイクモデル「RB1K THE.ONE」をベース に、タイムトライアルモデル「NKTT」で採用している AERO 構造を取り入れた最新のエアロロ ードバイクです。空気抵抗を低減させる高次元の設計に加え、CIPOLLINI 全モデルに共通する安 定したハンドリングと巡行性が特徴です。各サイズに採用したカーボンチューブは、サイズに合 わせてそれぞれ専用設計しており、モノコックフレームでありながら全サイズにおいてバラつき のないフィーリングを追及しています。

また、ブランドとして初めてチタニウム製のスルーアクスルを採用することで、衝撃吸収性や コントロール性能などのバランスに優れた理想的な剛性を実現しました。CIPOLLINI 史上最強と も言えるエアロロードバイクをぜひご体感ください。

【 製品概要 】

製品名:RB1K AD.ONE(アールビーワンケー アドワン)
価格:698,000 円+税 ※フレーム、フロントフォーク、専用シートピラー、チタンスルーアクスル、フレーム小物を含むセット価格

カラー展開:3 色

オンライン予約ページ:

https://online.ysroad.co.jp/shop/g/g2022000005197/ (フレーム単品)

https://online.ysroad.co.jp/shop/g/g2022000005470/(フレームハンドルセット)

.

Carbon/Anthracite/Red shiny
Cobalt blue/Carbon/White shiny
Anthracite/Carbon/Lime

.

.

株式会社ワイ・インターナショナルについて

創業: 1898 年(明治 31 年)
本社所在: 東京都豊島区東池袋 1-27-8 池袋原ビル 5F
事業内容: スポーツサイクル・自転車部品・用品の国内販売、オリジナル商品の企画・製造・

販売、スポーツサイクルのメンテナンス・チューンアップ 代表者: 代表取締役社長 鳥居 恵一郎

店舗数: 直営店舗 Y’s Road33 店(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、京都府、 大阪府、兵庫県、愛媛県、広島県、福岡県、オンライン)

HP: https://ysroad.co.jp/ ワイズロードオンライン: https://online.ysroad.co.jp

.

.

.

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

【メーカーNEWS】特別カラーのTCR ADVANCED SL DISCフレームセット

ジャイアントTCRの特別カラーがリリースされた。

TCRはジャイアントの看板フレームであり、スローピングフレームのパイオニアであることは周知の通りだろう。そして、このフレームは「今年の夏」の特別カラーだ。日本を象徴する伝統の文様をモチーフにし、5カラーからなる限定モデルだ。各社リリースする事実上のオリンピック記念モデルとも言えるだろう。7/26に開催されたトライアスロン競技においてもノルウェーのブルンメンフェルトがエアロロードPROPELの同カラーを使用し、見事ウィナーズバイクとなっている。このデザインは、想像以上に目立つもので、正面から見ていてもすぐ目に飛び込んで来た。

ブルンメンフェルトは、ダフィと共に東京オリンピックトライアスロン競技のゴールドメダリストとして、今年のIRONMAN WORLD CHAMPIONSHIPに特別招待されている。最終エントリーとなった場合、このカラーのTRINITYが見られるのかも知れない。

※PROPELの同カラーは国内展開なし

(以下、メーカーNEWS)

 

/////////////////////////////////////////////////////////////

GIANT 2022モデル 特別カラーのTCR ADVANCED SL DISCフレームセットを限定発売

株式会社ジャイアント(代表取締役社⻑︓中村晃、本社︓神奈川県川崎市)は、GIANT 2022 モデルとして、調和と幸福を象徴する日本の伝統的な七宝文様を採用し、5色の組み合わせで勝利を追求する動きとスピードを表現する特別カラーの「TCR ADVANCED SL DISC LTD FRAME SET」を国内23本限定で 発売いたします。

 

TCR ADVANCED SL DISC LTD FRAME SET クラス最高レベルの重量剛性比を追求した「トータルレースバイク・TCR 」。 空 力 性 能 と 軽 量 化 を 両 立 す る チューブ形状、フレームと完全にインテグレートされたディスクブレーキや、32mm まで対応するタイヤクリアランスで高いコントロール性を実現。限定フレーム「LTD」は、調和と幸福を象徴する日本の伝統的な七宝文様を採用し、5色の組み合わせで勝利を追求する動きとスピードを表現する特別カラー。

標準価格 ︓ ¥407,000 (税込)

サイズ ︓ 680 (XS)、710 (S)、 740 (M)、770 (ML) mm

重量 ︓ FRAME / 770g(710mm)、FORK / 340g

カラー ︓ カーボン

※SL DISCは電動コンポーネント 専用設計

 

●製品紹介ウェブサイト https://www.giant.co.jp/giant21/

●読者の方からの問い合わせ先 株式会社ジャイアント 044 – 738 – 2200

 

 

 

「この夏の記念すべきカラー!」

Triathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

【メーカーNEWS】2022モデル「Liv BREAKAWAY COLLECTION」

2022モデル「Liv BREAKAWAY COLLECTION」を発表

女性のためのサイクリングブランド「Liv(リブ)」は、2022モデルとして、Liv のカーボンロードバイクとパフォーマンスアパレル&ヘルメットのデザインをトータルコーディネートした「Liv BREAKAWAY COLLECTION(リブ ブレイカウェイ コレクション)」を発表いたします。

「Liv BREAKAWAY COLLECTION」は、ライダーのスピード感と動きにインスパイアされた特別なグラフィックが特徴。バイクは、剛性を高めてより軽量になりエアロ性能も進化させた新型「LANGMA DISC」シリーズから「LANGMA ADVANCED 1 DISC QOM BREAKAWAY」( 国 内 15台限定モデル)を、ギアは、究極のオールラウンドヘルメット「LIV REV PRO MIPS」やジャージ&ビブショーツ、キャップ、ソックスをラインナップいたします。

●製品紹介ウェブサイト https://www.liv-cycling.jp/

●読者の方からの問い合わせ先 :株式会社ジャイアント 044- 738-2200

※各製品についての詳細は以降をご参照下さい。

.

LANGMA ADVANCED 1 DISC QOM BREAKAWAY フルモデルチェンジしたオールラウンドレースロードバイク「ランマ」のベースグレードである「LANGMA ADVANCED DISC」。上位モデルの設計を踏襲する新型フレームは、反応性・コントロール性の向上と軽量化を両立し、エアロダイナミクスに優れるチューブ形状により効率性もアップ。握りやすいシマノコンパクトSTIレバーと、引きが軽く操作しやすいディスクブレーキにより、 ライダーとバイクとの一体感もさらに向上しています。「LANGMA ADVANCED 1 DISC QOM BREAKAWAY」は、ライダーのスピード感と動きにインスパイアされた特別なグラフィックを採用した、国内15 台限定モデル。「QOM(クイーン・オブ・ マウンテン)」は急な上り坂に対応し、初めてのロードバイクとしても最適な、軽めのギア比を採用するモデルを意味しています。

標準価格 ︓ ¥352,000(税込 )

サイズ ︓ 390 (XXS)、420 (XS)、450 (S)mm

重量 ︓ ―

カラー ︓ ブレイカウェイ

.

.

.

.

Triathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

【メーカーNEWS】ProjectOneに新しいICON First Light 「日本の美しい朝焼け」

「ProjectOne」に新しいICON First Lightが登場

世界で一つだけのあなただけのバイクを手に入れることができる、トレックのカスタムオーダープログラム「ProjectOne」。
.
全く新しいICON First Lightのモチーフは「日本の美しい朝焼け」。美しいグラデーションが周囲を魅了します。
.
この夏、世界のアスリートたちがこの特別なテーマのバイクで戦います。
彼らがこのカラーで駆ける姿も必見です。
.
■選択可能なバイクモデル
ロードバイク:Émondaおよび Madone
マウンテンバイク:Supercaliber
.
■カラーアップチャージ
149,600円(税込)
.
.
.
.
.
.
.
.

Triathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

【メーカーNEWS】Speedmax Kona 限定エディション

The Speedmax CF SLX LTD Kona 発売

世界最高峰のエアロダイナミクス。ハワイアンスタイルのデザイン。Speedmax CF SLX LTD Konaは単なるバイクではなく、このすばらしいスポーツを祝福する気持ちが込められています。そして、コナにおけるSpeedmaxの比類なき成功を祝しています。

2021年にハワイ島で開催される、アイアンマン世界選手権の復活。
.メーカーサイトはこちら
.
.
.
.
.
.

Triathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka