Journal – MONO

25年の歴史となるトライアスロンバイクとともに、パーツやその他の用品も発展して来た。パーツなどはより軽く、美しい仕上がりを見せている。アクセサリーは、より使い易く、徹底的に研究して造られた「技あり」モノが出ている。ウエアやウェットスーツは、素材やカッティングなどに最新のテクノロジーで造られ、デザインも極めて洗練されたクウォリティの高い製品としてリリースされているのだ。トライアスロンはバイクがメインと思われがちだが、実は、周辺用品への開発が極めて熱い。より「快適性と競技性」を求め、各社のバトルが注目となっている。もちろんユーザーとしては、期待の高まるところで楽しみの一言だ。

 

Brand Report

トライアスロンMONO「パーツ、アクセサリー、ウエア編」の情報、解説をお届けします。

bontragerbbb2campagnolocastelli

cascoceramicspeedcannondale-3cobbcyclingdedafsafulcrumfi'zik

giro

garminkarhuismhckabuto

 

 

lazermuc-offoakleyonpearl izumiProfileDesign

prorotorsauconyspecializedSRMsuplestscottsmp

timex3Tuvex

zerodzippzoot

【メーカーNEWS】ボントレガーのハイエンドカーボンホイールがフルモデルチェンジ

ボントレガーの新型ホイールがリリースされた。

トレックのパーツブランド、ボントレガーから、ハイエンドのホイールにハイトバリエーションが追加され、トライアスロンを想定したモデルもラインナップとなった。エアロダイナミクスなど基本性能は高いが、仕上がり、精度などトレックらしい高品質が特徴と言える。

すでに19年のコナではTim O’Donnellが75mmハイトを使用し、実戦投入されている。もちろんディスクブレーキ仕様ではないが、O’donnellのみが使用していたスペシャルホイールだった。

トレックのトライアスロンは75mm。再びハイトが高めに傾向だ。そして、このホイールが先行発売というところだろうか。このホイールが装着できる「トライアスロンバイク」が待ち遠しい。

(以下、メーカーNEWS)

/////////////////////////////////////////////////////////////

ボントレガーのハイエンドカーボンホイールがフルモデルチェンジ

ボントレガーのハイエンドカーボンホイールがフルモデルチェンジ、これまで37mmのみで展開していたハイエンドのRSLシリーズに、51mm、62mm、75mmのリムハイトが加わり、あらゆるシチュエーションに対応する選択肢が増えました。
また、新たな3D解析によるアプローチから成形されたリム幅23mmというかつてないリム形状が、新次元の空力性を生み、転がり抵抗をも軽減され、XXXシリーズと比較してパフォーマンスが向上しています。
そして、51mmのホイールについては、同等のパフォーマンスをお求めやすい価格で提供するPRO 51も登場します。
※詳細情報はメディアキット内の資料にございます。
<ラインナップ>
■Aeolus RSL 51 TLR Disc Road Wheel
リムハイト:51mm
重量:1410g
税込価格:323,950円 前後セット
■Aeolus RSL 62 TLR Disc Road Wheel
リムハイト:62mm
重量:1520g
税込価格:323,950円 前後セット
■Aeolus RSL 75 TLR Disc Road Wheel
リムハイト:75mm
重量:1645g
税込価格:323,950円 前後セット
■Aeolus PRO 51 TLR Disc Road Wheel
リムハイト:51mm
重量:1590g
税込価格:202,400円 前後セット
.
.
.
.
.
.
.
.
BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

【メーカーNEWS】TREK デイライトの安全性を伝える活動に3社合意

安全性を考えるトレック。

近年、バイク乗車時の安全性について、様々なアイテムで提唱している代表格とも言えるトレック。今回のアイテムはデイライトだ。オートバイなどは昔から「昼間点灯法」が推奨され、平成10年4月1日以降、道路運送車両法が改正され、常時点灯の搭載が義務化されている。オートバイや自転車は、自動車などから身を守り、歩行者などを守らなければいけない。自転車の場合「デイライト」は義務ではないが、インドアトレーニングなどが普及し、外でのトレーニングが減っているトライアスリートにとっては、より考えられる「安全対策」の一つとして、導入を考えるべきだろう。

(以下、メーカーNEWS)

/////////////////////////////////////////////////////////////

この度、トレック・ジャパンは、デイライト(日中点灯)による安全なサイクリングを広めていくため、ツー ル・ド・ニッポンなど全国で数々のサイクリングコンテンツを運営する「ルーツ・スポーツ・ジャパン」、スポー ツバイクを始めたばかりの初心者からレースで優勝を目指すサイクリストなど幅広い方々を対象にサイクルス クールを開催している「スマートコーチング」、そして兵庫県淡路島でレンタルサイクル 、サイクリングツアー、 イベントを手掛けている「シクリズムアワジ」の 3 社それぞれと協働し、2021 年に開催されるイベントでデイライトの重要性を参加者へ伝えていくことに合意しました。

昨今、移動手段やレクリエーションとして自転車の活用が大きく注目され、かつてないほど安全への重要性が 高まっています。デイライトの効果と大切さを講習や実演のみならず、実際に参加者へデイライトを使用しても らうなど、身を以って自身がその効果を体感できるような場を作ります。

引き続き本活動に賛同されるサイクリストや団体などへ声をかけながら、サイクリストがより安全に日々のラ イドを楽しみ、事故を一つでも防げればと強く願う 3 社と手を取り合い、一年間デイライトを広めていくことに 取り組んで参ります。

.
■ルーツ・スポーツ・ジャパン 網野さんのコメント: 「ツール・ド・ニッポンでは今回の「#昼でも点けよう」にトレック・ジャパンさんと共に取り組ませていただく こととなりました。公道を利用するサイクリング に不可欠な「安全」 を推進する 「#昼でも点けよう」と日本全 国を自転車で巡り楽しんでもらいたいツール・ド・ニッポンが一丸となって、より多くのサイクリストが安全に 「たのしいがゴール」を実現できるよう、取り組んで参ります。」
.

■スマートコーチング 安藤さんのコメント: 「デイライトは家族をディライト(delight:喜ば)してくれます。私も自転車通勤しますが、デイライトは、左折 車の後方認知や右直対向車の認知が明らかに向上します。お子様や初心者の方ほど日中点灯で家族の心配を減ら し“ただいま”の声で家族をよろこばせることができますよ。」

■シクリズムアワジ 荻野さんのコメント:「ボントレガーのデイライトを使用し始めてから、信号のない交差点、ブラインドカーブなどで対向車が自分の 存在に早く気付いてくれることが増え、追い越す車が距離を多めに取ってくれるなど、安全性が格段に向上した ことを実感する毎日です。 デイライトの効果を実感しているからこそ、日常のサイクリング、ライドイベント、ツアーでデイライトを使用 し、より多くのサイクリストにデイライトをお勧めして、少しでも自転車の事故リスクを減らせたらと願ってい ます。」

【各社概要】

■ルーツ・スポーツ・ジャパン 日本全国の「その土地ならでは」を感じながら、自転車で走って遊ぶ場を提供するという使命のもと、自社プロ グラムで養成した「エスコートライダー」や、地域に精通した「プロサイクリングガイド」が、みなさんを先導・ 案内・サポートしてコースを走行するツアーを運営。

イベント予定:
5 月より「サイクルボール」のコース攻略を目指すツアーなど実施予定

ホームページ:http://www.tour-de-nippon.jp/series/

■スマートコーチング サイクルスポーツ、トライアスロンに特化したトレーニングスタジオ。自転車通勤講習や安全講習のために自動 車学校を使ったサイクルスクール・トレーニングキャンプなど、安全と楽しさを両立しながら「なるほど!」と いう気づきと笑顔溢れるサイクルスポーツライフを提供。

イベント予定:

5 月 2 日(日) サイクルスクール
8 月 9 日(月・祝) サイクルスクール 9 月 20 日(月・祝) サイクルスクール

ホームページ:https://coubic.com/smart-coaching

■兵庫県淡路島のサイクリングショップ「シクリズムアワジ」 スポーツサイクルのレンタルを中心に、サイクリングツアー、ライドイベントなどを定期的に開催。有名な「ア ワイチ」のみならず意外と知られていない淡路島の楽しみ方が多く企画され、開催されるライドイベントはすぐ に定員となってしまうくらい人気のコンテンツ。

イベント予定:
4 月 22 日(木) 淡路島 生しらす&激坂山盛りライド 5 月以降も開催予定

ホームページ:https://www.cyclism-awaji.com

参考:【日中用点灯:常に点灯を】Youtube, 2016 年制作(日本語へ字幕設定が必要です)

page3image26393024

問い合わせ先:

トレックジャパン株式会社 マーケティング 胡桃澤

EMAIL: yasuhiko_kurumisawa@trekbikes.com

TEL:0798 74 9053

 

 

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

【メーカーNEWS】PROFILE DESIGN・新製品情報

【PROFILE DESIGN・新製品情報】

ドラフティングルール対応の「NEOSONIC/ERGO/45AR」やスタイリッシュなストレージ「ATTAK-S」など続々入荷中

NEOSONIC/ERGO/45AR」はアームレストを動かすだけで、80パターンの異なったポジションを可能とした「NEOSONICブラケット」と「45ARエクステンション」が作り出す快適性で、PROFILE DESIGNが作った製品の中で最も用途が広くトライアスリートのみならず多くのサイクリストにも受け入れられるDLバーです。

NEOSONICブラケット」は、様々な用途に合わせ大きなオフセットを備えた新世代のフィットエリアを提供。「ERGOアームレスト」との組み合わせは業界をリードするオプションと快適性が提供されます。

NEOSONIC/ERGO/45AR

ブラケット:Neosonic
アームレスト:Ergo Ultra/10mmパッド
アームレスト幅:最小124mm~エクステンション使用で最大290mm18.5mm刻み)(70mmライザーを追加)
ハンドルバークランプ:31.8mm
エクステンションクランプ:22.2mm

重量:555g

ITUルール準拠

税込定価:¥15,070- (税抜定価¥13,700‐)

ATTKのラインナップにこの新しいサイドバックが追加されました。防水性生地、滑り止めベース、トップチューブボルトオンなどを採用した高品質な構造で、様々なマウントオプションを提供します。ATTK-Sはトップチューブボックスよりも、より柔軟性のある素材とダブルジッパーにより、簡単にアクセスが可能。ジャージのポケットに入れるのではなく、自転車に乗せて持ち運びたい場合には、どのようなサイクリング種目にも対応できる汎用性の高いアイテムです。

ATTK-S ストレージ ミディアム

重量:43g

容量:383ml

税込定価:¥5,280- (税抜定価¥4,800‐)

Aeria Ultimate Raceブラケットは、Aeria Ultimateバーのための、よりスマートで軽量なオプションです。

機材スポーツにおいて重量は重要なファクターです。そこで、プロのサイクリングチームやエリートトライアスリートからのフィードバックに基づいて、標準的なアエリア・アルティメットブラケットのスリムVer.を開発しました。ウイングが小さくなったことで、調整範囲は狭まるため、このアイテムはアームレストが狭いフィッティングを好むライダーに適しています。

標準的なアエリアアルティメットブラケットは、ほぼすべてのライダーに対応できるように幅広い調整範囲を提供しています。しかし、すべてのライダーがそれを必要としているわけではないので、機能と強度はそのままに、ブラケットを最小限に絞り込みました。

Aeria Ultimate Race ブラケットキット

アームレストホール幅:154mm
スタック:42.6mm
エクステンションバークランプ径:22.2mm
重量:209g

税込定価:¥13,090- (税抜定価¥11,900‐)

 

 

 

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

【メーカーNEWS】PROFILE DESIGN・新製品情報

 

【PROFILE DESIGN・新製品情報】

新フロント・ハイドレーションシステム「HSF / AERO HC800」シリーズやボトルケージにガーミンマウントが直付けされた「AXISグリップボトルケージ」などハイドレーション系の新製品が入荷中です。

エクステンションバーの任意の位置にタイラップで固定する、非常に汎用性の高いエアロハイドレーションの登場です。 「HSF/AERO HC 800」は専用ボトルを装着することでフレキシブルホースから水分補給が可能。 ケージ上部には取り外し可能なガーミンマウントを備え、データの視認性も確保しています。「HSF/AERO HC 800+Premium」はホース固定方法がマグネットリテンション採用。ホース先端からの水分の飛散を防ぐバイトバルブも標準装備されているアップグレードバーションです。
HSF/AERO HC 800+Premium
HSF/AERO HC 800+Plemium (バイトバルブ&マグネットリテンション付きのホース採用)
HSF/AERO HC 800+Plemium (バイトバルブ&マグネットリテンション付きのホース採用)
HSF/AERO HC 800
HSF/AERO HC 800

HSF/AERO HC 800+Premium

・ 重量:387g(システム)、100g(ブラケットのみ)
・ ボトル:高密度ポリエチレン(BPAフリー)
・ 容量:800ml
・ 互換性:HSF/Aero HC800ボトル or 標準的ウォーターボトル
・ コンピューターの互換性:GARMIN マウント(取り外し可)
※バイトバルブ&マグネットリテンション付きのホース採用

税込定価:¥11,880- (税抜定価¥10,800‐)

 

HSF/AERO HC 800

・ 重量:387g(システム)、100g(ブラケットのみ)
・ ボトル:高密度ポリエチレン(BPAフリー)
・ 容量:800ml
・ 互換性:HSF/Aero HC800ボトル or 標準的ウォーターボトル
・ コンピューターの互換性:GARMIN マウント(取り外し可)

税込定価:¥10,230- (税抜定価¥9,300‐)

 

上記、HSF/AERO HC 800シリーズで採用の周辺アクセサリーは各種単体でも販売いたします。既に利用可能なボトルをお持ちの場合「HSF BTA ガーミンマウント付」をお求めください。「AXISグリップボトルケージ」はトップチューブにダボ穴を備えるグラベルバイクに使用することも可能です。

 

HSF BTA ガーミンマウント付

200 オレンジ

830 メランジライトグレイ

 

HSF BTA ガーミンマウント付

エクステンションバーの任意の位置にタイラップで固定する、非常に汎用性の高いエアロハイドレーションです。

・ 重量:100g

・ カラー:マットブラック
・ 構造:インジェクティッドナイロン/グラスファイバー
・ 互換性:HSF/Aero HC800ボトル or 標準的な74mm径ウォーターボトル
・ コンピューターの互換性:Garmin マウント(取り外し可)

税込定価:¥3,630- (税抜定価¥3,300‐)

 

AXIS GRIP ボトルケージ

・ 重量:50g
・ カラー:マットブラック
・ 構造:インジェクティッドナイロン/グラスファイバー
・ 互換性:HSF/Aero HC800ボトル or 標準的な74mm径ウォーターボトル
・ コンピューターの互換性:Garmin マウント(取り外し可)

税込定価:¥3,080- (税抜定価¥2,800‐)

 

※写真はサンプルを撮影したもので、スペックやカラーなど実際の製品と異なる場合があります。

※色調はモニター画面で見るのと実際では多少違って見えますのでご了承ください。
※表示価格は税抜き価格でシーズン途中で変更される場合もあります。最新情報は販売店でお確かめください。

 

 

 

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

【メーカーNEWS】CADEX 70.3トライアスロン世界記録保持者のクリスティアン・ブルメンフェルトと契約

CADEX、70.3 トライアスロン世界記録保持者の クリスティアン・ブルメンフェルト(Kristian Blummenfelt)と契約

さらに、ベス・ポッター(Beth Potter)、テイラー・スパイビー(Taylor Spivey)、 タマラ・ゴーマン(Tamara Gorman)、タイラー・ミスローチャック(Tyler Mislawchuk)、 ユウ・シャオ(Yu Hsiao)など、豪華なトライアスロン選手が CADEX に参加

2021 年 3 月 25 日、ハイパフォーマンス・コンポーネントブランド「CADEX」は、トライアスロン選手で あり、オリンピック選手でもあるクリスティアン・ブルメンフェルトと、2021-2022 年の契約をいたしま した。27 歳のノルウェー人であるブルメンフェルトは、70.3 の世界記録を 2 度更新しており、現在、 2019 年のアイアンマン 70.3 ミドルイースト選手権で記録した 3 時間 25 分 21 秒の同距離の世界記録を保 持しています。

CADEX は、ブルメンフェルトの他にも、トライアスロン選手のベス・ポッター、テイラー・スパイビー、 タマラ・ゴーマン、タイラー・ミスローチャック、ユー・シャオと新たなパートナーシップを結びました。

【ウェブサイト】 https://www.cadex-cycling.com/jp

【紹介動画 URL】 https://www.youtube.com/watch?v=bEFKn9naQrc

※日本語字幕あり

 

ブルメンフェルトのトライアスロンでの躍進は、2015 年のヨーロッパ選手権での銅メダルから始まりまし た。それ以来、ITU 世界トライアスロンシリーズやワールドカップのレースで複数回優勝しており、中でも スイス・ローザンヌで開催された 2019 年 WTS グランドファイナルでは金メダルを獲得しました。さら に、ブルメンフェルトは、フランスのニースで開催された 2019 年のアイアンマン 70.3 世界選手権で 4 位 に入賞し、アイアンマン 70.3 中東選手権では 3 度の優勝を果たしています。彼は、2022 年に Pho3nix Sub7 Project において、その倍の距離で彼のスピードを試し、7 時間を切り(Sub 7)、現在のアイアンマ ン世界記録を更新することを計画しています。 「僕はハードなトレーニングはしたとしても、劣悪な機材で時間を無駄にすることはしない。CADEX があ れば、距離やコンディションに関わらず、最高レベルで戦える最高の製品が手に入ると確信してるよ」とブ ルメンフェルトは語っています。

CADEX Global Marketing Director のアン・リー(An Le)は、「CADEX における究極の製品の追求は、 世界トップクラスのアスリートと一緒に画期的なイノベーションをテストし、開発するというコミットメン トから始まります。2021 年に上記のトライアスロン選手たちがどのブランドのバイクで戦うにせよ、私た ちは彼らとパートナーシップを組み、勝利への優位性を提供できることに興奮しています」と述べていま す。

ブルメンフェルトやその他の選手たちは、ホイールシステム、チューブレスタイヤ、Boost サドルなど、 CADEX のあらゆる製品を使ってトレーニングやレースを行います。CADEX とそのアスリートについての 詳細は、https://www.cadex-cycling.com/jp をご確認ください。

【選手紹介】

クリスティアン・ブルメンフェルト (Kristian Blummenfelt)(ノルウェー):

70.3 の世界記録を 2 度更新し、現在は 70.3 ディスタンスの世界記録(3:25:21)を保持し ています。今年は東京オリンピックを見据え、 2022 年にアイアンマン距離で 7 時間の壁を破 るための「Pho3nix Sub7 Project」に参加し ています。
photo : Santara Studios / Daniel Vazquez

ベス・ポッター(Beth Potter)(イギリス):

2019 年のヨーロッパチャンピオンであり、 2020 年の世界トライアスロンランキングでは 5 位です。バレンシアとアルザチェナのワール ドカップで 1 位と 2 位を獲得した彼女は、女子 ショートコーストライアスロンのトップレベル の地位を固めつつあります 。
photo : World Triathlon Media

テイラー・スパイビー(Taylor Spivey)(アメリカ):

USA トライアスロンのナショナルチームのメ ンバーであり、現在 ITU 世界ランキングで 3 位です。2019 年の WTS アブダビでは 2 位、 WTS 横浜では 3 位の成績を収めました。

タマラ・ゴーマン(Tamara Gorman)(アメリカ):

米国トライアスロンのナショナルチームのメン バーであり、ITU 世界ランキングでは現在 20 位です。ITU 世界トライアスロンの歴史の中 で、ジュニア世界トライアスロン選手権と U23 世界トライアスロン選手権の両方で優勝した 3 人の女性のうちの 1 人です。
photo : Tommy Zaferes / ITU Media.

タイラー・ミスローチャック(Tyler Mislawchuk)(カナダ):

現在 ITU 世界ランキング 5 位です。2019 年に はワールドカップで 2 つの金メダル、モントリ オール WTS シリーズで銅メダルを獲得し、東 京で開催された ITU ワールドトライアスロンオ リンピックテストイベントでも優勝しました。 今年の東京夏季オリンピックでは、2 度目のオ リンピック出場を果たします。
photo : World Triathlon Media

ユウ・シャオ(Yu Hsiao)(台湾):

台湾人トライアスリートのアイアンマン 70.3 大会最速記録を保持しています。彼はトライア スロンのキャリアと、シリコンバレーでの機械 設計エンジニアとしての仕事を両立させていま す。

 

【CADEX について】
CADEX は、ホイールシステム、タイヤ、サドル、その他のコンポーネントを含むハイパフォーマンスコンポーネントブランドです。CADEX の製品は、世界トップクラスのアスリートが使用しており、新製品や新 技術の開発にも参加しています。
製品情報やテクノロジーに関する詳しい内容は、CADEX ウェブサイト www.cadex-cycling.com/jp をご 確認ください。

 

【読者の方からの問い合わせ先】

株式会社ジャイアント 044-738-2200

※本件に関する写真データのご用命、掲載に関するお問い合わせ等はジャイアント広報担当 渋井(SPAD)   TEL : 03-3526-3355 / MAIL : giantpress@spad.jp

 

 

 

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

【メーカーNEWS】2021年春夏「スピードセンサー(R)Ⅱを採用した新商品」

パールイズミの最速素材がニューモデルに採用されている。

すでにビブショーツやオーダーウェアでは、先行している「スピードセンサーⅡ」を採用したモデルが2021SSとしてリリースされた。抜群のデザイン性と相まってより一層のスピード感を醸し出している。また、ソックスやシューズカバーもトータルでの開発が良い仕上がりを見せている。ソックスやシューズカバーはもはや完全にウエアの一部となっているからだ。もちろん、基本性能として、フィット性、軽量性、通気性、そして、着心地などの高さは十分備えている。先日、トライアスロンウェアにも採用された新素材だ。

(以下、メーカーNEWS)

/////////////////////////////////////////////////////////////

2021年春夏新商品

空気抵抗軽減素材「スピードセンサー®II」を採用した新商品(全4アイテム)発売のご案内

株式会社パールイズミは、2021年春夏新商品として、ロードバイクの有効速度域に特化して開発された空気抵抗軽減素材「スピードセンサー®II」を採用した新商品(全4アイテム)をサイクルショップやスポーツ用品店等にて発売いたします

「スピードプリントジャージ」は、空気抵抗軽減素材「スピードセンサー®II」を採用した、シャープなデザインの細身でレーシーな半袖ジャージです。バックポケットは5ポケットで収納する物を用途別に分けられる仕様でより機能的な仕様になっています。

「スピードプリントビブパンツ」はハイエンドパッド「3D-ネオプラス」と、空気抵抗軽減素材「スピードセンサー®II」を採用し、シャープなプリント柄を施したビブパンツです。涼しい着心地と最高レベルのUVカット性能を備え、「スピードプリントジャージ」とセットアップでコーディネートできるデザインです。

「スピードプリントソックス」足首から上の部分に空気抵抗軽減素材「スピードセンサー®II」を採用した、さらなるハイパフォーマンスを求めるサイクリストに向けたソックスです。足入れ部分裏側にはシリコン加工を施しずり下がりを防ぐ仕様になっています。

「スピードプリントシューズカバー」プリント柄部分に空気抵抗軽減素材「スピードセンサー®II」を採用した、さらなるハイパフォーマンスを求めるサイクリストに向けたシューズカバーです。ペダリングがしやすい足の角度にあわせて設計し、足入れ部分裏側にはシリコン加工を施しずり下がりを防ぎます。ファスナー式で着脱も簡単です。

 

■商品概要

1. ブラック
バックスタイル
2. アビス
バックスタイル
涼しくスタイリッシュな低めの襟
袖・脇のフィット感を高め腕を動かしやすい超立体設計のピボットスリーブ
収納するものを分けて入れられる5ポケットとファスナー付きポケット
夜間の視認性を確保する裾後部の再帰反射
夜間の視認性を確保する両袖後部の再帰反射

 

【品番/商品名】325-B/ スピードプリントジャージ

【カラー】1. ブラック2. アビス

【価格】17,380円(税込)

【サ イ ズ】S, M, L, XL

【素材】スピードセンサー®II

【商品特徴】

□空気抵抗を軽減する素材「スピードセンサー®II」を適所に配置

□10cmあきファスナー付き5バックポケット

 

1. ブラック
バックスタイル
2. アビス
バックスタイル
締め付け感が少ないラッセルテープの滑り止め
着用感の少ない軽量薄手のビブ
夜間の視認性を確保する両脚後部の再帰反射

 

【品番/商品名】T281-3DNP / スピードプリントビブパンツ

【カラー】1. ブラック2. アビス

【価格】19,580円(税込)

【サ イ ズ】S, M, L, XL

【素材】スピードセンサー®II

【商品特徴】

□空気抵抗を軽減する素材「スピードセンサー®II」を適所に配置

□涼しく、日焼けしにくい素材「コールドシェイド」採用

□スムーズなペダリングを追求した前側中心に縫い目のない設計

 

1. ブラック
バックスタイル
2. アビス
バックスタイル
足裏
足首部分のずり下がりを防ぐ口裏にシリコン加工された足首の滑り止め仕様 ※肌にかゆみやかぶれなどの症状が出た場合は使用を中止してください。

 

【品番/商品名】40 / スピードプリントソックス

【カラー】1. ブラック2. アビス

【価格】3,850円(税込)

【サ イ ズ】M(24-26cm), L(26-28cm)

【素材】スピードセンサー®II

【商品特徴】

□空気抵抗を軽減する素材「スピードセンサー®II」を適所に配置

□つま先や踵の強度を高めた編み構造

□つま先のゴロつきを抑える、フラットな縫い目

□甲部分のムレを防ぐアッパーメッシュ

 

1. ブラック
バックスタイル
足裏
2. アビス
バックスタイル
足裏
引き手をロックすることでずり下がりを防ぐロックファスナー
足首部分のずり下がりを防ぐ口裏にシリコン加工された足首の滑り止め仕様 ※肌にかゆみやかぶれなどの症状が出た場合は使用を中止してください。

 

【品番/商品名】40 / スピードプリントシューズカバー

【カラー】1. ブラック2. アビス

【価格】6,050円(税込)

【 サ イ ズ】S-M(22-25.5cm), L-XL(26-29.5cm)

【 素 材】スピードセンサー®II

【商品特徴】

□空気抵抗を軽減する素材「スピードセンサー®II」を適所に配置

□ファスナー式で着脱が簡単

□ペダリングしやすい足の角度に合わせた設計

 

 

 

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

【メーカーNEWS】ポラール、さらに進化を遂げた「Polar Verity Sense」光学式心拍センサーを発表

ポラールから新型の光学式心拍センサーがリリースされる。

既に光学式の心拍センサーは主流となっているが、ポラールは、多様性を特長とする中で、様々な部位で心拍を計測できることは今後の「可能性」を広げている。その一つとして、「こめかみ」から計測が可能であったり、小型で軽量のため、タイトなウエアであればその下に入れて使うこともできる。そんな進化に期待が大きいのだ。

(以下、メーカーNEWS)

/////////////////////////////////////////////////////////////

2021年3月3日
ポラール・エレクトロ・ジャパン株式会社

ポラール、さらに進化を遂げた

Polar Verity Sense」光学式心拍センサーを発表

メモリ容量、バッテリーライフ、Bluetooth接続距離の向上

 

 

スポーツ用ウェアラブルデバイスのパイオニアであるポラール・エレクトロ・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区築地、代表取締役:園部英生)は、Bluetooth、Ant+通信に対応した光学式心拍センサー「Polar Verity Sense」(ポラール ヴェリティ センス)を発表しました。発売日は3月11日で、オンラインストアを含む全国のポラール製品正規取扱店で販売を開始します。本体セットのアームバンドカラーはグレーの1色で、希望小売価格は12,800円(税別)です。併せて、交換アームバンドも販売致します。カラーは同じグレーのみ、希望小売価格は2,980円(税別)です。

Polar Verity Senseは、腕またはこめかみ等に当てて測定を行う、汎用性とクオリティの高い光学式心拍センサーです。本体5gと軽量コンパクトな形状で、動きを妨げずトレーニングに集中できます。胸心拍センサーや、手首型心拍計測ウォッチの代わりとしても使用することができます。付属のアームバンドかスイミングゴーグル用ストラップクリップによる着用、もしくはタイトなウェアの内側など皮膚に密着させて装着できる場所ならどこでも測定できます。また軽量な本体と肌に密着できる伸縮性のあるアームバンドが、腕の動きによるズレを少なくすることで、正確な心拍計測を実現しています。

Polar Verity Senseは、スマートフォンなどのアプリや互換性のあるデバイスと接続することで、トレーニング中の心拍数をリアルタイムで確認することができます。また、内蔵メモリを搭載しているため、トレーニング中の心拍数データをPolar Verity Senseに記録しておくことが可能で、後からデータをスマートフォンやPCに転送して確認できます。

Polar OH1+光学式心拍センサーに比べ、内蔵メモリは4倍の16MBへ、バッテリー最大持続時間は1.6倍の20時間へと向上しました。アームバンドはマジックテープによる取り外し可能な仕様となったことでより着脱しやすく、また付属のスイミングゴーグル用ストラップクリップは、形状が改良され水泳時の装着性の向上と、より多くのメーカーのスイミングゴーグルに装着できるようになりました。さらにアームバンドのセンサーホルダー、スイミングゴーグル用クリップには金属製のアンテナが搭載され、Bluetoothの接続距離が向上しました。

<Polar Verity Senseの主な特徴>
■快適性
Polar Verity Sense は、軽量コンパクトなセンサーと装着感の良いアームバンドが腕へのストレスを軽減し、より快適なトレーニングを可能にします。スイミングゴーグルにクリップで取り付けることでこめかみでの計測も可能。皮膚に密着させていれば、タイトなウェアの下にも装着できます。

■利便性
Polar Verity Senseはワンボタンで簡単に操作できます。スイッチを入れて腕やこめかみに装着するだけで、他のデバイスを必要とすることなく、トレーニングをすぐに始めることができます。

■多様性
Polar Verity Sense は自由な動きを妨げず、様々なスポーツ種目に対応します。スマホなどのデバイスに接続すれば、リアルタイムで心拍数をモニタリングできます。また記録したトレーニングセッションを後からスマートフォンに転送することも可能です。

■正確性
軽量コンパクトな本体と、肌に密着できる伸縮性のあるアームバンドが、腕の動きによるズレを少なくすることで、モーション・アーチファクトを軽減しています。

■接続機能
BluetoothとANT+に接続に対応。様々なデバイスとPolar Verity Senseを接続することができ、用途が広がります。接続にはBluetoothデバイス2台との同時接続、またANT+ブロードキャストにより、ANT+に互換性のあるデバイスとの接続も可能です。

■スイマーのためのベストギア
スイミングゴーグル用ストラップクリップをこめかみ部分に装着するだけで、Polar Verity Senseが心拍数、距離、ペースをプールの中でも自動的に記録します。

<Polar Verity Sense製品概要>
製品名             Polar Verity Sense
色               グレー(M-XXLサイズ)
重さ              センサー本体5g、アームバンド込み17g、スイミングゴーグル用ストラップクリップ2g
バッテリー   最大20時間連続使用
メモリ             16MB、最大600時間のトレーニングデータ保存
防水              50m防水
希望小売価格  12,800円(税別)
発売予定日   2021年3月11日
セット内容   ・Polar Verity Sense ・アームバンド ・スイミングゴーグル用ストラップクリップ ・充電用USBアダプター ・収納ポーチ ・スタートガイド

<Polar Verity Sense交換アームバンド製品概要>
製品名             Polar Verity Sense アームバンド
色               グレー(M-XXLサイズ)
希望小売価格  2,980円(税別)
発売予定日   2021年3月11日

ポラールについて
Polar Electro(本社:フィンランド、設立:1977年)は、1982年に世界ではじめてトレーニング用心拍計モニター装置を開発した、心拍トレーニングのスペシャリストです。同分野のリーディングカンパニーとして約40年にわたり、徹底的な研究・分析に基づく革新的な製品を世に送り出してきました。その製品の正確さと性能の高さ、優れた心拍数モニター機能はトップアスリートや専門家に認められ、世界中で使われています。現在、世界80カ国以上で販売されています。ポラール・エレクトロ・ジャパン株式会社は、ポラールの100%子会社として2009年3月に設立されました。心拍トレーニング講習会などの日本国内における様々な活動を通じて、スポーツにおける心拍トレーニングの重要性をアスリートや一般の方へ広く訴求しています。
■公式ホームページhttp://www.polar.com/ja

 

 

 

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

インドアトレーニング環境

「インドアトレーニングが流行っている」と言われて久しいという感じだろうか。

所謂「ローラー台」のトレーニングは40年以上前から存在している。ハートレートモニターもなく、「数値的」な指標はなかった。もちろん、パワーメーターやビジュアルなどもない。トップ選手が行っているメニューや雑誌の特集などを真似たりしながら黙々と回し続ける、そんなストイックの象徴とも言えるトレーニングだった。やはり「実走」がメインであり「補助トレーニング」のイメージが強いかもしれない。

それが現在では、極めてエンターテイメント性の高いバーチャルライドが、ハードとともに進化し、過去の「ローラー台練習」とは全くの別物となった。その「新しいもの」が流行ってからはまだ5年もたっていない。昨今の事情とともに「おうちトレーニング」とも相まって、盛り上がりを見せているのだ。

トレーナーにもタイプがあり、安価なタイヤドライブ式、実走感のある3本ローラー、そして、バーチャルライドと連動させて使用できる「スマートトレーナー」がある。それらのタイプや各メーカーのモデル紹介などは既に色々されていると思う。やはり、どうせやるならスマートトレーナーを使ってみたい。

そのスマートトレーナーとは一体どんな感じなのだろうか?やはり一度試してみたい。バイク本体の試乗は人気となっているが、まさに「体験・体感」においては、確認すべきアイテムと言えるだろう。

まず、確認したいことは、グレードによる機能、性能差は、カタログ表記の情報でも良いだろう。次に、最も話題となり、誰でも分かるのが「音」だ。これは現実的な問題として実際に確認したい。また、滑らかな走行感であるかどうか、少し難しくなってしまうかもしれないが、いくつか試すことで違いを感じることができるだろう。そして、設置場所により、「大きさ」もチェックが必要となる。トレーナー本体を支える「足」は意外と大きくなっているからだ。重量が20kgを超えるため、昔ながらの固定ローラーや3本ローラーのように使ったら片付ける、という感覚ではないためだ。

あとは、実際に「面白いのか?」「楽しいのか?」に尽きるだろう。

理屈はさておき、まずは興味が湧くのか、その確認が先決だ。その可能性があるのであれば、前述も含め、ある程度のハードルはクリアできるはず。

まずは試乗をしてみよう。

■試乗

ワイズロード19店舗に設置されたスマートトレーナーの試乗コーナー。SARIS、Wahoo、TACX、Eliteなど人気モデルが体験できる。

スマートトレーナーデモ機設置店舗

■ソフト

《バーチャルライド》                   ZWIFT https://www.zwift.com/

《回転力・集中力・持久力のためのOnlineレッスン》

GERONIMO Online IBT http://club-geronimo.com/?p=12348

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

今回、ご協力頂いたのは、「ワイズロード東大和店」

圧倒的な在庫量は何でも揃う大型店。新青梅街道沿いに駐車場完備で、地方からのご来店も多いとのこと。昨今の事情の中では、入荷が大幅に遅れ、入手困難という状況となっているが、600台以上の在庫を持つ店舗で、とりあえず行っても欲しいものが見つかると言う感じだった。特に専門性の高いスタッフが揃う店舗でもある。

http://ysroad.co.jp/higashiyamato/

担当して頂いたのは、ワイズロード東大和店の川原副店長。

自転車競技の実業団「Team Y’s Road」で走る、実力派ローディーであり、キャプテン。トレーニングの一環として、バーチャルライドのZWIFTも毎日のように行い、精通している。日本スポーツ協会公認自転車コーチ。

そして、もちろんトライアスリートでもある。

 

 

 

「まずは一度体験をしてみる!」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

SPEED SENSOR Ⅱ for Triathlon

パールイズミのトライアスロンウエアがバージョンアップされる。

すでにバイクジャージでは先行している、空気抵抗軽減素材「スピードセンサー2」がトライアスロンウエアにも採用されることになった。自転車のナショナルチームも使用するなど、現在考えられる最高クラスの新素材として話題となっているものだ。

今回のアップデートは、袖と背中にスピードセンサー2を配置している。

【スピードセンサー2について】

SPEED SENSOR Ⅱ(前編):https://www.pearlizumi.co.jp/blog/58115

SPEED SENSOR Ⅱ(後編):https://www.pearlizumi.co.jp/blog/58231

この「菱型」こそが様々な実験の検証により、パールイズミが導き出した答えだ。

今回のアップデートの対象は、下記のアイテムとなる。

・エアトライスーツ
・エアトライタンクトップスーツ
・エアトライトップ
・エアトライタンクトップ

【パールイズミOrderWear】

https://www.pearlizumi.co.jp/orderwear/products#triathlon

 

 

 

「待望のスピードセンサーⅡ化となった!」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka