アイアンマン世界選手権まであと2週間 ~チーム・Y壮行会~

本日はチーム・Yのアイアンマン世界選手権壮行会を開催しました。

また、同時に佐渡国際トライアスロンにおいて最高年齢で完走、エイジ優勝の祝勝会も開催しました。

2014年も大活躍だった。

2IMG_0017.jpg

【チーム・Y 人見選手】

2014佐渡国際トライアスロンAタイプエイジ優勝 & 最高齢完走賞

満70歳にして、難関佐渡Aタイプを完走し、記録はエイジ優勝を果たした。完走率81%という厳しいレースは、若い選手でも簡単なことではない。そのレースにおいて、素晴らしい結果を出した人見選手。70歳という年齢は想像つかないが、勢いだけでできる年齢でない。常に身体と相談しながら、コンディショニングが重要となるのだろう。そして、家族の理解と応援があってこその「挑戦」なのだ。

常にタイムを意識し、走る姿は、「職人」。こだわりがついにカタチになった。

これからも楽しんで行きたいとのこと。

完走の秘訣は、「無理しないこと」と語ってくれた。

チームを支える大先輩に感謝したい。

レポート: http://triathlon-geronimo.com/?p=443

3IMG_0027.jpg

優勝の盾を披露。

4IMG_0030.jpg

いつも優しい笑顔の人見選手。

5IMG_0032.jpg

続いて「Road to Kona」 スペシャルムービー。

6IMG_0045.jpg

作った人。

ここにも「熱い」男がいた。

お世話になった先輩の「無事な走り」を祈念して、想いを込めて作った。

自身も2015年の出場権を獲っている。

【チーム・Y 若山選手】 http://triathlon-geronimo.com/?p=445

7IMG_0034.jpg8IMG_0039.jpg9IMG_0040.jpg10IMG_0044.jpg

感動を。。。。。

11IMG_0049.jpg

ありがとう!

12IMG_0053.jpg

【チーム・Y 金山選手】

4度目のハワイ出場となる。

これまで飛ばしに、飛ばして来た。ハワイを獲るためにやれることやって来た。

そんな「元気印」が、体調不良に見舞われていた。

今までで一番苦しいレースになるかもしれない。

でも後には引けない。

13IMG_0058.jpg

わいわい応援団。

14IMG_0069.jpg

【チーム・Y 石田選手】

同じく4度目のハワイとなる。

冷静沈着に己を分析する「ターミネーター」は、8月に突然の故障。

それでも、ベストな選択ができれば、勝機はある。

最後まで諦めない。

諦めるわけにはいかない。

15IMG_0071.jpg16IMG_0073.jpg

トライアスロンの聖地であり、チーム・Yの本拠地、「茅ヶ崎」。

17IMG_0075.jpg

チーム・Y、世界へ。

.

“ AGE & SPEED ”  それぞれに極めるカタチがあるのだ。

BOSS1small

Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka