Team GERONIMO for SADO 2017 参戦記(Bタイプ 片岡選手)

去年に引き続き、佐渡国際トライアスロン大会Bタイプに参加しました。

去年は、私の知人の知人の地元の方の強力なバックアップを受け一人で参加しました。今年はTeam GERONIMOの30名の仲間との参加となりました。また、応援に駆けつけて下さった方もいました。おかげ様でレース中に心強い気持ちになれましたし、背中を強く押して頂いた気がします。本当にありがとうございました。

さて、レースを終えて振り返ると、昨年と今回では、大きく違います。ある練習会の際に、私がいくら練習しても佐渡Aは完走できる気がしないと、大塚さんに話したところ、今年は無理だとしても、来年ならどうか?と言われました。その言葉が妙に響いてしまい、ダイエットを始めました。それから5ヶ月で15キロほど減量し、今回のタイムは7時間45分。去年より1時間30分早くゴールしました。 もともと40キロの減量に成功し(20キロ、リバウンドしましたが)、体重を維持するためにロードバイクを買いに行ったy’sロード茅ケ崎店で、大塚さんに出会ったことがきっかけで始めたトライアスロンなので、毒を喰らわば皿までもの境地です。 私は、Bタイプの参加でしたが、Aタイプ(swim4km bike190km run42.2km)に出たチームの仲間がゴールに向かって帰ってくる様に感動しました。

去年は、Aタイプは死んでも無理だと思いました。今年もまだまだ実力不足ですが、来年は大塚さん進言通り完走するために練習を重ねて、この舞台に立ちたいと思います。ゴール地点からね花火は絶景です。

最後に大塚さんをはじめチームのみなさんありがとうございました。 練習会のときには、よろしくお願いします。

 

 

「片岡さん、今回は通過点、2018年の佐渡Aスタート!」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka