Tokyo OQE

■Contents

・【GERONIMO COUNT 】バイクトレンド(準備中)

・エリート男子 Photo

・エリート女子 Photo

・【取材予定】2019 Tokyo ITU World Olympic Qualification Event

エリート男子 Photo

エリート女子 Photo

【取材予定】2019 Tokyo ITU World Olympic Qualification Event

Tokyo OQE ELITE MEN Photo

2019 Tokyo ITU World Olympic Qualification Event、エリートMENが開催された。

本日は、曇天、たまに小雨というあいにくの天候ではあったが、昨日ほどの暑さはなく、風も涼しい。ランも10km開催で決定している。エリート男子の白熱した展開に期待がかかる。

イギリスのジョナサン・ブラウンリーの実績、経験から期待が高まるが、若手の追い上げをどう逃げ切るか、余裕はないだろう。「絶対」という選手が不在の中での展開が始まった。

スイムはスクーマンがトップで2ラップ目に入る。スイムは2ラップとなるが、2ラップ目のダイブは、助走が長いため、飛距離の長く、スピーディで迫力のあるシーンが見れた。その後、スクーマンが終始トップをキープし、トランジットの入ったが、タイム差は拮抗しているため、バイクでは、すぐに大きなパックが3つ形成されている。牽制しつつもハイスピードな展開となっている。ドイツのヨーナス・ショームブルクは、積極的にバイクで攻め、揺さぶりをかけるが、協調されず、吸収。2周目では早々に約40名の大集団となっている。安定しているかには見えたが、その後、徐々にふるいにかかり、ランスタート時は30名程度となっていた。その中から抜け出したのは、ミスローチャック、ストールネス、ワイルド、ショームブルク、ジーンの5選手、それを追いかけるのが、ブラウンリー、イデン、スクーマンだった。ワイルドが積極的な走りを見せ、ミスローチャック、ストールネスとともに、終始トップグループをキープし、最後のゴールスプリントを制したのは、カナダのテイラー・ミスローチャックとなった。日本人最高位は、古谷の35位で終わった。

レース後の表彰式では、前日の女子の表彰式の執り行われた。女子は、1,2位が手を繋ぎゴールし失格となり、3、4、5位の選手が繰り上がり入賞となった。後味の悪いレース結果となったが、決められた厳正なルールの元に大会は行われている。

さて、明日はパラトライアスロン、そして、明後日はいよいよミックリレーだ。スイム300m、バイク7.4km、ラン2km、合計9.7kmを4選手がリレーする、スーパースプリントレースよりスピードレースだ。スピーディな展開が見どころだろう。

 

その他のレポート:http://triathlon-geronimo.com/?p=31177

BOSS-N1-S

Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

Tokyo OQE ELITE WOMEN Photo

2019 Tokyo ITU World Olympic Qualification Eventが始まった。

本日はエリート女子のレースが開催された。選手も初めてのコースとこの時期の気候など様々な確認も含めたレースだ。もちろんレース運営としても確認事項も多いだろう。

今回気温が高いため、ランは5kmに短縮されている。選手ばかりでなく、スタッフや観戦者も含めた対応だ。朝から気温も高く、湿度も高い。幸いにして曇りがちで場所によっては風が吹いていた。ただ選手には関係ないレベルだが。

バイクから積極的な展開となり、最終的には6名の第1パックによる優勝争いとなった。優勝筆頭候補のダフィーを含めたパックは順調に後続を引き離し、ラン勝負となったが、「5km」という短い距離も選手によっては、想定内だったかもしれない。レースは、リアマンスとテイラーブラウンがトップをキープし終わったのだが。

レース結果だが、「審議」として終わった。ワンツーフィニッシュの選手のゴールがその対象となっている。明日の男子と一緒に表彰式も開催される予定となっている。日本人トップは高橋が25位(暫定)となっている。

明日は男子だ。よりスピードレースとしての様相だが、暑さはどうなるのか、ランは10kmを見てみたい。

 

 

 

その他のレポート:http://triathlon-geronimo.com/?p=31177

BOSS-N1-S

Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

【取材予定】2019 Tokyo ITU World Olympic Qualification Event

オリンピックのプレイベントがお台場で開催される

2013年9月、東京オリンピックの開催が決定した。夏のオリンピックとして1964年以来、56年振りの開催となる。そして、いよいよ2020年の東京オリンピック開催まで一年を切った。

そのオリンピックのプレイベントであり、出場選手も最高レベルとなる。オリンピックのためのテストレースとして、各選手も様々なレース戦略を確認するイベントでもある。また、当初より懸念されている気温なども重要なチェック項目となるだろう。そして、各国においては、オリンピックの代表選考にも関わる重要な位置づけとなる。もちろん、運営サイドも「本番さながら」の体制で臨むことになるだろう。

選手はスタートリストで発表されているが、オリンピック前哨戦にふさわしい顔ぶれとなっている。5月の世界トライアスロンシリーズ横浜大会でもお馴染みの選手も多いが、「オリンピックコース」での戦略をどのように立てているのだろうか。もちろん、スイムアップでのポジションが重要となるが、極めてテクニカルとなるバイクコースでは、「集中力」を高めてスキルも必要となる。そして、ランでは「灼熱」との闘いとなるだろう。

この上ない「観る」レースを楽しんでほしい。

■開催日 2019/8/15(木)~18(日)

■競技

15日(木):エリート女子

16日(金):エリート男子

17日(土):エリートパラ

18日(日):ミックスリレー

※詳しくは、https://triathlon-tokyo-2019.org/

.

.

.

「いち早く観られるオリンピックだ!」

BOSS1small

Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka