MIYAKO 2017

.

 【GERONIMO COUNT】宮古島大会2017 使用バイク台数

                   レースphoto ③ Run ~ STRONGMAN                                                                               レースphoto ② island Bike

                 レースphoto ① Good morning ~ Swim                                                                              宮古島大会上位入賞者記者会見                

                                      宮古島速報!                                                                                               TG写真館 バイクチェックイン編

                                 宮古島決戦2日前                                                                                                        宮古島EXPO

【GERONIMO COUNT】全日本トライアスロン宮古島大会

【GERONIMO COUNT】 宮古島大会2017 バイク使用台数

全日本トライアスロン宮古島大会で使用されたバイクのブランド別使用台数は以下の通りだ。

昨年と大きく変わることはなかったが、いくつか「兆し」を見ることができる。また、元祖バイクカウントのアイアンマン世界選手権とは違う、国内特有の傾向が出ている。選手の競技レベル、宮古島だけではなく、シーズン通して向いているバイク、高級志向、トライアスロンバイクの優位性を伝えられるトライアスロンの専門家やショップの数など、状況や環境が関わってくることになる。様々なレースでチェックしているが、単なる「ブランド別」だけでは意味がない。トライアスロンバイクとロードバイクの比率、現行型と旧型の比率など、更に詳細分析をしなければ意味がないだろう。本当に人気のあるブランドではなく、「モデル」は何だろうか。

そして、サーヴェロのトップは、指定席になってしまっているが、話題のP5Xも7台確認されている。日に5台しか生産されないP5Xは、国内の供給が追いついていない。デリバリーが始まって半年しか経っていない中では、多かったと言えるだろう。ライバルのヴェンタム、ダイアモンドはどうだったのか。「異形バイク」への第二次ブームの兆しは出ているのか。

まずは、ブランド別の情報となるが、追って詳細な分析を行う。

第1位 cervelo 187台

第2位 SPECIALIZED 161台

第3位 ceepo 153台

第4位 TREK 145台

第5位 cannondale 84台

第6位 FELT 69台

第6位 GIANT (Liv) 69台

第8位 KUOTA 54台

第9位 ANCHOR (BS) 53台

第10位 PINARELLO (OPERA) 49台

.

全日本トライアスロン宮古島大会 2017 バイク使用台数

順位 ブランド 使用台数 使用率
1 cervelo 187 12.0%
2 SPECIALIZED 161 10.4%
3 CEEPO 153 9.9%
4 TREK 145 9.3%
5 cannondale 84 5.4%
6 FELT 69 4.4%
6 GIANT(Liv) 69 4.4%
8 KUOTA 54 3.5%
9 ANCHOR(BS) 53 3.4%
10 PINARELLO(OPERA) 49 3.2%
11 BMC 48 3.1%
12 ORBEA 42 2.7%
13 SCOTT 41 2.6%
14 NEILPRYDE 21 1.4%
15 COLNAGO 18 1.2%
15 WILIER 18 1.2%
17 MERIDA 17 1.1%
17 KESTREL 17 1.1%
17 ARGON18 17 1.1%
20 STORCK 16 1.0%
21 LOOK 14 0.9%
21 BIANCHI 14 0.9%
21 DEROSA 14 0.9%
24 FOCUS 11 0.7%
24 CANYON 11 0.7%
24 BH 11 0.7%
27 RIDLEY 9 0.6%
27 BOMA 9 0.6%
27 FUJI 9 0.6%
27 ATTACK 9 0.6%
31 QR 8 0.5%
32 GARNEAU(LOUIS) 7 0.5%
33 CINELLI 6 0.4%
33 kijafa 6 0.4%
33 INTERMAX 6 0.4%
33 AVANTI 6 0.4%
37 TIME 5 0.3%
38 NAKAGAWA 4 0.3%
38 GIOS 4 0.3%
38 CARRERA 4 0.3%
38 TNI 4 0.3%
42 GT 3 0.2%
42 ANTARES 3 0.2%
42 VENTUM 3 0.2%
42 corratec 3 0.2%
42 PANASONIC 3 0.2%
42 LITESPEED 3 0.2%
48 GDR 2 0.1%
48 DIMOND 2 0.1%
48 CIPOLLINI 2 0.1%
48 DEDACCIAI 2 0.1%
48 HARP 2 0.1%
48 BLUE 2 0.1%
48 boardman 2 0.1%
48 EDDYMERCKX 2 0.1%
48 lapierre 2 0.1%
48 RALEIGH 2 0.1%
48 LEOPARD 2 0.1%
59 AZZURRI 1 0.1%
59 ASTER 1 0.1%
59 ADVANCED 1 0.1%
59 ARAYA 1 0.1%
59 IWAI 1 0.1%
59 WIZARD 1 0.1%
59 VELLUM 1 0.1%
59 ELAN 1 0.1%
59 GHISALLO 1 0.1%
59 QUEEN K 1 0.1%
59 KLEIN 1 0.1%
59 CHERUBIM 1 0.1%
59 JAMIS 1 0.1%
59 GITANE 1 0.1%
59 SWIFT 1 0.1%
59 SOFTRIDE 1 0.1%
59 DIAMOND BACK 1 0.1%
59 TIG 1 0.1%
59 TOEI 1 0.1%
59 THOMPSON 1 0.1%
59 NAKAMURA 1 0.1%
59 NISHIKI 1 0.1%
59 NOKO 1 0.1%
59 PARLEE 1 0.1%
59 BIKE FRIDAY 1 0.1%
59 BUFALO 1 0.1%
59 BEONE 1 0.1%
59 VIGORE 1 0.1%
59 FISHER 1 0.1%
59 FONDRIEST 1 0.1%
59 PLANET X 1 0.1%
59 BERRiA 1 0.1%
59 MERLIN 1 0.1%
59 MASAMASA 1 0.1%
59 MOOTS 1 0.1%
59 MAYSTORM 1 0.1%
不明 10 0.6%
未確認 16 1.0%
94 1552 100.0%

Counted by Triathlon GERONIMO

.

.

.

その他のレポート:http://triathlon-geronimo.com/?p=18901

「2017年のバイクトレンドは?」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

宮古島レースPhoto ③ Run ~ STRONGMAN!

最後はランだ。

ランスタート時は、陽射しが最も強い。ここからは距離だけではなく、暑さとの戦いも始まる。また、ペースを守り、補給が重要となるロングのランでは、ベテランでもその維持と調整が難しい。ただ、この日のために積み上げて来た。そして、それをしっかり出し切るためには、諦めない気持ちだけだ。ここからが勝負だ。一歩一歩確実に前に進むのだ。

あと少し。STRONGMAN の称号が与えられるまで。

.

.

.

その他のレポート:http://triathlon-geronimo.com/?p=18901

「Congraturations!」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

宮古島レースPhoto ② Island Bike

バイクこそ宮古の醍醐味となる。

バイクの強敵は風だ。トップにとっては終盤だけ吹かれたが、エイジ選手は、半分も行かないうちに風が徐々に強くなってきている。12時過ぎる頃には、意識せざるを得ない状況だった。ただいつもよりは弱い風。コンディションは悪くない。あとは気持ちの問題だ。ランへ繋ぐことが重要となるロングのバイクは、その作戦が難しい。様々な想いの中、最も長いパートを乗り切りたい。

大事なことは、ペースを守ること!

.

.

.

その他のレポート:http://triathlon-geronimo.com/?p=18901

「次は、ストロングマンへ」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

宮古島レースPhoto ① Good morning ~ Swim

レース当日となった。

前日までの風がやみコンディションは悪くない。ただ、潮流は逆だ。1700mの関門を無事クリアしてほしい。ギアバックを預け、チェックイン。笑顔の中にも緊張感が伝わってくる。「やってきたことをしっかりと出し切ってが頑張る、でも楽しむことも忘れない。」そんな感じだろうか。

さあ、スタートだ。気合いで行こうゼ!

.

.

.

その他のレポート:http://triathlon-geronimo.com/?p=18901

「次は、バイクへ」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

宮古島大会上位入賞者記者会見

本日は、レース後の記者会見が執り行われた。

男子は、全員外国勢、女子は、日本人だけとなった。キャメロン、ナオ、エミと主役の3人から、初ロングで入賞の一本松静香選手、第22回、23回優勝、今回45歳で6位入賞のパクビョンフン選手など、引退、復活、世代交代、そして、色褪せない世界レベルを見せてくれた今大会だった。

総合優勝 #9 Cameron Brown (44歳)ニュージーランド

バイクがポイントとなったキャメロンのレース展開、得意種目となるランでは余裕の走りを見せていた。

レースを振り返って「前日から体調は優れず、当日もスタート前から調子が悪かったのですが、スイムスタート後には、徐々に復調しました。日本人選手はランが強いので、バイクで差を広げておきたいと思っていました。そして、ランでは、ペースを守って良い展開になったと思います。」

大会の印象は「この大会の運営は良く、スイムコースの距離表示など、細かいところまで行き届いていますね。東平安名崎など気持ち良く走れるコースで、また、参加したいと思わせる大会でした。」

来年はどうする?「友達や家族と来年も戻って来たいですね。」

女子優勝 #871 鷲津奈緒美 (33歳)神奈川県

ランでパフォーマンスが高く、安定したスピードが勝負を決めた。

レースを振り返って「久しぶりでしたが、緊張せずにマイペースで出来ました。ランは新しいトレーニングも取り入れ、練習して来たのですが、思ったよりはタイムが悪かったと思います。ラスト10kmでは、スパートをかけるつもりでしたが、うまくいきませんでした。ただ、久しぶりのレースではあるので、そのわりには良くできたと思います。」

大会の印象は「大好きな宮古島に出たいと思うのは、楽しいパーティやきれいな海で泳げるからです。またスイムでは、コースに距離が書いてあったり、分かり易く運営されている点ですね。」

来年はどうする?「今はレースも終わったばかりなので、何とも言えませんが、一年のレーススケジュールの中でどこに出たいかと聞かれれば、やはり宮古島に出たいと答えると思います。酒井選手から言われたのですが、女子最多の4勝を目指してほしいと。」

女子準優勝 #17 酒井絵美 (37歳)群馬県

バイク終盤の見事な追い上げ、ランでのパフォーマンスなど持てる力を出し切った。

レースを振り返って「スイムからうねりがあり出遅れました。そのため、バイクではその遅れを取り戻すべく、ペースを上げ、納得の走りができたと思います。ランに入り、先行する鷲津選手の見える位置まで上げたのですが、追い付くことは出来きませんでした。ただ最後まで諦めることなく走ることが出来たので悔いはないです。」

大会の印象は「世界各地の大会出場しましたが、バイクボトルの渡し方は世界で一番です。エイドではバイクの速度に合わせて走って渡してくれます。また、スポンジを取り損なって落としてしまった時にも、全速力で走って来て渡してくれた女の子がいました。」

来年はどうする?「今回でプロレースは引退となりますので、選手として出ることはありませんが、旦那が出場したいと言っているので、今度はサポートをしたいと思っています。また、鷲津選手には是非4度目の優勝を目指して、頑張ってほしいと思っています。」

今大会を盛り上げた二人だ。それぞれの今後の活躍を期待したい。

.

.

.

その他のレポート:http://triathlon-geronimo.com/?p=18901

「さぁ、これからだ!」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

宮古島速報!

今年の宮古島チャンピオンが決まった。

総合優勝は、ニュージーランドのキャメロンブラウン選手だ。女子は、8年ぶりの復活となる鷲津奈緒美選手だった。

Cameron Brown : 7:49:10( S 41:12/ B 4:05:26/ R 3:02:32 )

鷲津奈緒美:9:04:08 ( S 49:21/ B 4:43:31/ R 3:31:16 )

比較的天候に恵まれたレースだった。前日までの強風はやみ、波は0.5m程度、スイム中には晴れ間が出始め、陽射しは強いが、それまでの湿度よりは低く(61%)、最高気温も25℃の予報でのスタートだった。(7時20℃、12時22.8℃、17時22.7℃)ただし、唯一問題となったのが、スイムでの潮流だった。1700mまでが逆流の潮流の中を泳ぐこととなり、スイムリタイヤ者が100名となった。

スイムは、7名ほどのトップグループが引っ張り、40~41分台でフィニッシュ。バイクでは、中盤からペースを上げたキャメロンブラウンが100km地点となる東平安名崎を2位のサイモンとともに、ダントツのトップ通過だった。女子は、男子並みの走りを見せている鷲津奈緒美選手が独走、6分程度遅れて酒井絵美選手が続いていた。トップが東平安名崎に入ってきたのは、10:07頃だったが、その時点でも風は弱く、トップ選手にとっては良いコンディションだったが、12時頃になると風が出始め、一般選手を苦しめた。キャメロンは、バイク終盤で2位のサイモンに5分程度の差を付けバイクフィニッシュし、得意のランをトップスタートとなった。この時点でキャメロンの勝利は「ほぼ確定」となった。キャメロンのランは、極めて安定している。過去ハワイでも前を走る選手が落ちてくる中、しっかりとしたリズムを刻み、一人一人パスしながら上位を狙う粘りには定評があるからだ。ランタイムは、3時間2分32秒(T2含む)と平凡なタイムではあったが、レース展開を見ながらコントロールしていたはず。2位に7分16秒の差を付け、キャメロンの宮古島初優勝となった。

女子は、鷲津奈緒美選手がバイクをトップフィニッシュし、ランスタート。バイク終盤で追い上げた酒井絵美選手が、その差1分弱まで追い上げランスタートした。ラン折り返し(20km)地点では、1分41秒差と白熱した走りが続いていた。その後、後半のランで徐々に差が広がり、鷲津奈緒美選手は、2位に9分差で優勝となった。この優勝は、自身3度目(第21回、第24回に次ぐ)で、山倉紀子選手、酒井絵美選手、タマラコズリナ選手に次ぐ4人目の快挙でもある。

最後に「エミ&ナオ」のランを見せてくれた。

.

最終出走 1552名(男子1362名、女子190名)

完走者 1263名(完走率81.4%)

宮古島公式サイト:http://www.miyako-net.ne.jp/strong/

.

.

.

その他のレポート:http://triathlon-geronimo.com/?p=18901

「今年の宮古島が終わった。」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

TG写真館 バイクチェックイン編

本日は、バイクチェックイン、いよいよ明日はレースだ。

風が強く時折雨も降る天候だが、明日は晴れる予定。選手にとって良いコンディションになることを願うばかりだ。

一部の選手となってしまうが、笑顔のフォトレポートとなる。

.

.

.

その他のレポート:http://triathlon-geronimo.com/?p=18901

「ご無事なレースを!」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

宮古島決戦2日前

いよいよ宮古島2日前となった。

本日金曜日から現地入りする選手が多い。徐々に緊張感が高まり、大会も盛り上がって来る。本日は、プレスカンファレンス、ブリーフィング、カーボパーティーなど大会のプログラムが進んで行く。

プレスカンファレンスでは、注目のトップ選手が集まり、抱負、意気込みなどコメントをしている。そして、今回カーボパーティの会場となるのは、「JTAドーム宮古島」でこの4月に出来たばかりだ。

まずは、取り急ぎのフォトレポートをお届けしたい。

.

.

.

その他のレポート:http://triathlon-geronimo.com/?p=18901

「明日はバイクチェックイン!」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

宮古島EXPO

宮古島のEXPOフォトレポート。

バイクは、「異形御三家」Cervelo、VENTUM、DIMONDが揃踏みだった。今、注目の三役は、第2次異形時代を先行するものだ。エアロダイナミクスと快適性の融合を目的としたこれらのバイクは定着するのか、今シーズンの動きが期待される。その他、ジャパンのCeepo、Cannondaleが出展していた。

ウエアでは、一際目を引いていたのが、Fabric Art LAB.のサンプルウエアだった。人気のHUUBは、ウェットスーツ、ウエアを出展、ITU対策日本仕様のリアジップのトライトップ、「日の丸」入りのジャパンモデル、サポート選手に使用する「グリーン」のDSトライスーツなど、人気アイテムが揃っている。

サプリメントは、定番POWER BAR、安定した人気となっているMagOn、そして、現在話題となっているパラチノースを原料とするChallengerの試飲が出来た。ゆっくりと体内の吸収されるため、長時間運動のトライアスロンに向いていて、500mlで280kcalを摂取できる優れたものだ。

シューズは、トライアスロン3大ブランド、ON、NEWTON、ZOOTが出展、オンは、超軽量の新型モデルCloucflashの試履きも用意されていた。

バイクは、今年出展しなかったブランドもあるが、新型モデルなどのタイミングにより、止むを得ないだろう。来年は、再び増えることになるはずだ。

.

.

.

その他のレポート:http://triathlon-geronimo.com/?p=18901

「今年の気になるアイテムをチェック!

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka