【16IM70.3ジャパン】 ④BIKE COUNT

IMG_9290

6/12開催のアイアンマン70.3セントレア知多半島ジャパンにおける全バイク88ブランド1396台のブランド別使用台数は、以下の通りだった。

トップ10でも動きがあった。まずは、スペシャライズドが1位であったことだ。昨年の1619台に対し、全台数が13.7%減の中で、多くのメーカーが台数を落としていたが、スペシャライズドは、167台から173台に伸ばしていた。昨年と全台数が大きく違うため、使用台数の比較より、使用率で観ても、10.3%から12.4%に伸ばしていた。スペシャライズドの内訳は、トライアスロン81台、ロード92台で、モデルとしては、現行SHIVが人気となっている。また、特徴として、ロード92台の内、33台はエアロロードだ。バランスの良さも伺える。ただ気になるところは、5年目となるSHIVのモデルチェンジだろう。そして、「不動の地位」のキープしていたサーヴェロが2位という結果となったのだ。ただ、「トライアスロンバイク」のみの順位では129台のダントツとなる。さすが、KINGサーヴェロだ。このセントレアは、「トライアスロンバイク比率」の低い大会となるためサーヴェロにとっては不利となるのだ。また、3位トレックまでが100台オーバーのブランドとなる。トレックは、トライアスロン51台、ロード105台となっていた。ロードカラーの強い結果だ。ちなみにロードの内、エアロロードは、23台だった。

セントレアでは、そのジャンル別の比率が気になるところだ。トライアスロン39%、ロードが61%で、ロードが多い。現地で観ている人も「ロードが多い」と感じたはずだ。ちなみに、昨年のロードは、61.2%だったのでほぼ横ばいだった。今年の宮古島では、トライアスロンとロードの比率はほぼ半々だった。コースにも寄るのだが、より距離が長くなり、バイクへのこだわりが増していると言える。それは、明らかにトライアスロンバイクの「優位性」を感じるからだ。もちろん、バイク単体の性能とそれを操ることは別だ。超ピンポイントとなるトライアスロンバイクのポジションとそのフォームを作り上げるには、それになりに時間が必要だ。

今回、ロードの中で更に「エアロロード」は、19.9%を占めていた。この数字は、どう捉えたら良いのだろうか。昨今のエアロロードへの注力度合いから見れば、やや少ないと言わざるを得ない。ただ、これも伸びて来てはいる。10位に入っているスコットは、全ジャンルでバランスが良く、トップ10では、スペシャライズドと同じく、前年を上回っているブランドだ。そして、「エアロダイナミクス」と「エアロロード」のパイオニア的イメージのあり、そこには、FOILの貢献が大きいと思われる。

さて、このロードが多いという事実は何を意味しているのだろうか。セントレアはミドルの大会だ。ショートから初チャレンジとなる選手から、アイアンマン経験者のベテランまで幅広い選手層となる中で、この結果は、比較的経験の浅い選手が多いことが考えられる。ただ、距離はミドルであり、「真剣」なトレーニングが必要となる中でのこの傾向は、トライアスロンを「本気」で楽しむ人がより増えていると観ることができるだろう。

IMG_7972

第1位 SPECIALIZED 173台

IMG_8135kk

第2位 cervelo 160台

IMG_8279kk

第3位 TREK 156台

IMG_8970kk

第4位 cannondale 92台

IMG_7816kk

第5位 ceepo 82台

IMG_7672kk

第6位 FELT 70台

IMG_8110kk

第7位 GIANT / LIV 68台

IMG_7660kk

第8位 PINARELLO 63台

IMG_7771kk

第9位 KUOTA 55台

IMG_8116kk

第10位 SCOTT 46台

ここまでがトップ10だ。国内の特徴として、ジャイアント、ピナレロ、クウォータが入っている。ロード比率の高いブランドということになる。

全ブランド別データは下記の通りだった。

順位 ブランド 使用台数 使用率
1 SPECIALIZED 173 12.4%
2 cervelo 160 11.5%
3 TREK 156 11.2%
4 cannondale 92 6.6%
5 CEEPO 82 5.9%
6 FELT 70 5.0%
7 GIANT(LIZ) 68 4.9%
8 PINARELLO 63 4.5%
9 KUOTA 55 3.9%
10 SCOTT 46 3.3%
11 BMC 39 2.8%
12 ANCHOR(BS) 35 2.5%
13 ORBEA 33 2.4%
14 COLNAGO 27 1.9%
15 BIANCHI 24 1.7%
16 RIDLEY 20 1.4%
17 DEROSA 19 1.4%
18 NEILPRYDE 17 1.2%
19 KESTREL 15 1.1%
20 WILIER 13 0.9%
21 BH 11 0.8%
21 LOOK 11 0.8%
21 MERIDA 11 0.8%
24 FOCUS 10 0.7%
25 corratec 9 0.6%
26 CARRERA 8 0.6%
26 GARNEAU 8 0.6%
28 ARGON18 7 0.5%
28 ATTACK 7 0.5%
28 FUJI 7 0.5%
31 CINELLI 6 0.4%
32 BOMA 5 0.4%
32 GIOS 5 0.4%
32 lapierre 5 0.4%
32 TIME 5 0.4%
36 INTERMAX 4 0.3%
36 QR 4 0.3%
38 CANYON 3 0.2%
38 STORCK 3 0.2%
40 AVANTI 2 0.1%
40 EDDYMERCKX 2 0.1%
40 GT 2 0.1%
40 KOGA 2 0.1%
40 KohdaBloom 2 0.1%
40 MBK 2 0.1%
40 MOSA(=CEEPO) 2 0.1%
47 AlfaRomeo 1 0.1%
47 AMANDA 1 0.1%
47 ANTARES 1 0.1%
47 ASTUTO 1 0.1%
47 ATHLETE COMPANY 1 0.1%
47 BASSO 1 0.1%
47 BLUE 1 0.1%
47 BOTTECCHIA 1 0.1%
47 C4 1 0.1%
47 CENTURION 1 0.1%
47 Cherubim 1 0.1%
47 DEDACCIAI 1 0.1%
47 FLEET 1 0.1%
47 GHISALLO 1 0.1%
47 GRIGIO 1 0.1%
47 GURU 1 0.1%
47 IWAI 1 0.1%
47 JAMIS 1 0.1%
47 JAVA 1 0.1%
47 Kijafa 1 0.1%
47 LITESPEED 1 0.1%
47 masamasa 1 0.1%
47 MAYSTORM 1 0.1%
47 MIZUNO 1 0.1%
47 MULLER 1 0.1%
47 OPERA 1 0.1%
47 PANASONIC 1 0.1%
47 PARLEE 1 0.1%
47 PENNAROLA 1 0.1%
47 PRO-VOCATIO 1 0.1%
47 SAB 1 0.1%
47 SALSA 1 0.1%
47 SWIFT 1 0.1%
47 TITANIA 1 0.1%
47 TNI 1 0.1%
47 TRIGON 1 0.1%
47 VELLUM 1 0.1%
47 VERENTI 1 0.1%
47 VIGORE 1 0.1%
47 WESTY 1 0.1%
47 YAQUI 1 0.1%
47 ZUNOW 1 0.1%
  etc 4 0.3%
88   1396 100.0%

※ Counted by  Triathlon GERONIMO

.

.

「これは、表面上のデータに過ぎない。トライアスロンバイクとロードを分けてみないと、リアルなトレンドは見えて来ない。また、エアロロードはどの程度定着したのだろうか。バイクから観るトライアスロンの盛り上がりはどこまで信憑性があるのか、今後も追及したい。」

BOSS-N1-STriathlon “ MONO ” Journalist   Nobutaka Otsuka

【GERONIMO COUNT】アイアンマン70.3セントレア知多半島ジャパン2016

IMG_8166

トライアスロンの最高峰、アイアンマンシリーズのIRONMAN70.3が今年も開催される。

現在、ミドルタイプは、最も重要な大会と位置づけられるだろう。ショートを何戦か出て、初ミドル挑戦からロング志向の調整レースまで、幅広いトライアスリート層となる。またミドルと言っても簡単に完走できる距離ではない。それなりにトレーニングを積む必要がある。トライアスロンを「真面目に楽しむ」という人たちの集まりでもあり、ファッションから文化へ変換される大会でもあるのだ。完走タイムを見るとプロの4時間からエイジの8時間までと、この点でも様子が伺えるだろう。また、大会演出においてもこの大会は、「IRONMANシリーズ」なのだ。ロング志向の選手に混ざり、ファントライアスロンの選手もメジャーを十分堪能できることも人気の理由の一つになる。

IMG_0023

■開催日 2015/6/12(日)

■競技

スイム1.9km / バイク90.1km / ラン21.1km

※詳しくは、http://ironman703.jp/

昨年のアイアンマン世界選手権のチャンピオン、ヤン・フロデノは、ショート、そして、アイアンマン70.3を制覇している。今やアイアンマン70.3は、最高峰アイアンマンチャンピオンを占うレースでもある。その予選レースでもあるのが、このセントレアなのだ。2015KONA http://triathlon-geronimo.com/?cat=25 

.

※昨年のアイアンマン70.3セントレア知多半島ジャパンReport http://triathlon-geronimo.com/?p=6452

.

.

「さて、今年のバイクの傾向はどうなっているのかな」
BOSS-N1-S

Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka