TAIPEI CYCLE 2017


                                       ④ Wheel                                                                                                                  ③ Parts

                                         ② Bike                                                                                                                   ① Show

TAIPEI CYCLE 2017

TAIPEI CYCLE 2017 ②Bike

台北ショー、まずは、バイクだが、ハワイアイアンマンでも使用されているメジャーブランドも多く出展されていた。トライアスロンが大きく打ち出されているわけではないが、各ブランドでもその注力は当たり前のものとなった。メジャーなロードブランドは、ややその注力は弱いが、比較的新しいブランドは、ラインナップしている。

バイク全般として、「ディスクブレーキ」などが話題となるが、特にトライアスロンバイクの場合、ディスク化は、全体の設計が関わってくるため、開発期間に時間がかかることになり、2018年モデルに期待することになるだろう。サーヴェロのようにトータルでの「必要性」を見い出したメーカー以外は、やや遅れていると言わざるを得ないだろう。ディスクブレーキも含め、新型モデルリリースのタイミングはスペシャライズド、トレックがその筆頭となるだろう。また、もう一つの話題は、「異形フレーム」となる。サーヴェロ、ヴェンタム、ダイアモンドに続くモデルの開発が進むのか、各ブランドも検討しているようだ。エアロダイナミクス、強度、剛性、快適性、生産性などの技術面や高品質、高性能を持たせながらのコスト面、そして、特異な形状になる中でそのデザイン性も無視できない。インパクトのある形状は、多くの面で「難問」をクリアしリリースに至るのだ。

今回出展されていたモデルはすでに発表済みのものがほとんどだが、メリダやフォンドリエストなど、新型モデルを確認することもできた。サーヴェロは、昨年ハワイアイアンマンで発表した最新モデルを展示、すでにローンチされている新型「R」モデルは残念ながら確認することが出来なかった。BMCも新型TM01を展示、シーポは国内展開のない「ディスクロード」を展示していた。ジャイアントやメリダは、地元ブランドだけに、大きなブース出展で人を集めていた。ジャイアントは、例年、トライアスロンバイクやエアロロードを、メインに展示している。国内のトライアスロンでは、ロードモデルが人気となっているクウォータも例年通りの展示だ。アルゴン18は、専門性の高いブランドとして、その強調されたブースに各メインモデルが、整然と展示されていて、規模は大きくはないが、最もまとまりのある展示の一つだった。

現在、2017年モデルとされているものは、昨年の夏に発表されたものが多いため、このタイミングで新型モデルが発表されることは少ない。ただ、イヤーモデルという設定を止めるメーカーが徐々に増えてきているため、今後はまた違った動きになるだろう。2018年では、このショーは秋の開催なるところから、そのタイミングで見られるモデルも出てくるということになるだろう。

cervelo

TREK

SPECIALIZED

BMC

QUINTANA ROO

GIANT / LIV

ceepo

FUJI

KUOTA

LOOK

KESTREL

SWIFT

Wilier

MERIDA

blue

Bianchi

ISAAC

RIDLEY

BOMA

NEILPRYDE

TIME

HAiBiKE

CIPOLLINI

FONDRIEST

MERCKX

guerciotti

DEROSA

LAPIERRE

GIOS

3T

CARRERA

ARGON 18

ディスクブレーキや異形フレームなど、大きなモデルチェンジも重要だが、専用DHバーが多くなる中で、よりその「フィット性」がより良いライディングのための重要な条件ともなる。各部のアジャスト、パッドの大きさや形状など、サドルの開発同様に、もっともっとシビアに開発してもらいたい。ピンポイントとなるトライアスロンのポジション出しの中で、DHバーのセッティングは、そのもの調整とDHバーをバイク全体と協調させるための調整と2つあるのだ。そのため、様々な自由度が求められることになる。

.

.

.

「次は、パーツについて。」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

TAIPEI CYCLE 2017 ①Show

今年のTAIPEI CYCLEが開催された。

通称、「台北ショー」はアジア最大のサイクルショーで毎年3月に台北市南港区で開催されている。今年で30周年を迎える同ショーは1115社の出展があり、日本の老舗メーカーも多く出展している。このサイクルショーは、関係者向けのビジネスショーでもあり、メーカー、ディストリビューター、ショップ、メディアのためのショーで、2017年モデルだけではなく、2018年モデルの話も聞こえてくる。もちろん、公式な発表ではなく、メディアも2018年に対しては「取材」は出来ない。大手ブランドのOEMとなる台湾企業も多く、そのオリジナルには、大きな流れの影響が出ていたり、いなかったりと、表面に展示されている製品ではなく、「裏」で動き始めている製品の「傾向」や「兆し」など、感じ取れるものがあれば面白くも感じるショーでもあるのだ。やや業界寄りの話となったが、これから始まるのは2017年シーズンです。各アイテムの総ざらいとなる情報がメインとなる。

追って、トラモノや各アイテム、メジャーブランドなどのフォトレポートをお届けしたい。

30周年となった台北ショーは、その歴史を語るブースを歴代のバイクで展示したり、あらためて「見本市」であることを強調している。今後より一層、その情報発信と専門性の高いサイクルショーとして発展してくれることを願いたい。

来年から秋の開催となる台北ショー。このタイミングも賛否あったが、一般的に新製品のリリースされるタイミングであり、期待も大きくなってくるだろう。イヤーモデルの設定が無くなって来ている中でも、ユーザー向けには、お知らせできることが多くなるのではないだろうか。

.

.

「コナの後か!」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka

TAIPEI CYCLE

アジア最大のサイクルショー、タイペイインターナショナルサイクルショーが開催される。

3/22(水)~25(土)Taipei international cycle show

このタイミングは、新製品が多くリリースされるタイミングではないが、近年の非イヤーモデル化により、メーカーによっては、NEWSとなることだろう。昨年は、サーヴェロP5X(当時は、P6と噂されていた)の登場が空振り終わった台北ショーだったが、今年は、新型のRシリーズがお披露目となるだろう。トライアスロンバイクのブランドも多く出展されているので、2018年以降に向けた「兆し」が垣間見れるかもしれない。また、マイナーメーカーのニッチな製品の裏に、新たなトレンドが見え隠れしているのも、台北ショーの面白いところだ。その他、ホイール、パーツ、用品など注目の製品をレポートしたい。

.

.

「現地から速報でアップ予定!」

BOSS-N1-S
Triathlon “ MONO ” Journalist     Nobutaka Otsuka